INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一ミナの恵み」 (末吉百合香師)

聖 書
ルカの福音書19章11-27節
19:11 人々がこれらのことに耳を傾けているとき、イエスは、続けて一つのたとえを話された。それは、イエスがエルサレムに近づいておられ、そのため人々は神の国がすぐにでも現われるように思っていたからである。
19:12 それで、イエスはこう言われた。「ある身分の高い人が、遠い国に行った。王位を受けて帰るためであった。
19:13 彼は自分の十人のしもべを呼んで、十ミナを与え、彼らに言った。『私が帰るまで、これで商売しなさい。』
19:14 しかし、その国民たちは、彼を憎んでいたので、あとから使いをやり、『この人に、私たちの王にはなってもらいたくありません。』と言った。
19:15 さて、彼が王位を受けて帰って来たとき、金を与えておいたしもべたちがどんな商売をしたかを知ろうと思い、彼らを呼び出すように言いつけた。
19:16 さて、最初の者が現われて言った。『ご主人さま。あなたの一ミナで、十ミナをもうけました。』
19:17 主人は彼に言った。『よくやった。良いしもべだ。あなたはほんの小さな事にも忠実だったから、十の町を支配する者になりなさい。』
19:18 二番目の者が来て言った。『ご主人さま。あなたの一ミナで、五ミナをもうけました。』
19:19 主人はこの者にも言った。『あなたも五つの町を治めなさい。』
19:20 もうひとりが来て言った。『ご主人さま。さあ、ここにあなたの一ミナがございます。私はふろしきに包んでしまっておきました。
19:21 あなたは計算の細かい、きびしい方ですから、恐ろしゅうございました。あなたはお預けにならなかったものをも取り立て、お蒔きにならなかったものをも刈り取る方ですから。』
19:22 主人はそのしもべに言った。『悪いしもべだ。私はあなたのことばによって、あなたをさばこう。あなたは、私が預けなかったものを取り立て、蒔かなかったものを刈り取るきびしい人間だと知っていた、というのか。
19:23 だったら、なぜ私の金を銀行に預けておかなかったのか。そうすれば私は帰って来たときに、それを利息といっしょに受け取れたはずだ。』
19:24 そして、そばに立っていた者たちに言った。『その一ミナを彼から取り上げて、十ミナ持っている人にやりなさい。』
19:25 すると彼らは、『ご主人さま。その人は十ミナも持っています。』と言った。
19:26 彼は言った。『あなたがたに言うが、だれでも持っている者は、さらに与えられ、持たない者からは、持っている者までも取り上げられるのです。
19:27 ただ、私が王になるのを望まなかったこの敵どもは、みなここに連れて来て、私の目の前で殺してしまえ。』」

 イエスさまはザアカイの家におられたとき、「ミナ」のたとえを話されました。これは、弟子たちに話しておられます。
11節後半で「人々は神の国がすぐにでも現れるように思っていた」とあります。しかし、イエスさまはそうではないことをご存知でした。神の国が現れる前には「イエスさまの十字架と復活」「昇天」「聖霊が降ること」「弟子たちの宣教」と続くのです。
弟子たちはそのことを理解していませんでした。18:34を見てください。「弟子たちには、これらのことが何一つ分からなかった」。また、9章でも二回聞いていますが、弟子たちはそのことを聞いても理解できず、神の国はすぐにも現れると思っていたのです。
 そして、このたとえを話されます。
 
ある立派な家柄の人が、王の位を受けるために遠い国へ旅立ちます。これは、この当時の歴史背景をそのままイエスさまは用いておられるようです。
 当時のユダヤ地方はヘロデがローマから支配権を与えられていました。彼はヘロデ王と呼ばれていました。そのヘロデの遺言によって息子のアケラオに権利が移ります。しかし、そのことをローマ帝国に承認してもらう必要がありました。そのために、アケラオはローマまで旅をしたのです。ローマ帝国からすれば、アケラオは代務者なのですが、現地では王と同じ権力を持っていました。このアケラオは、全くひどい政治をしたようです。ユダヤ民族の苦情のために、その位と領土を剥奪されたそうです。
このような歴史的背景がありました。

 そして、このたとえの王とはアケラオのことでもありますが、同時にイエスさまのこととしても語られます。王が旅に出るというのは、イエスさまの十字架と復活の後に天に帰られる期間を言っています。つまり、弟子たちが地上に残されたときのことを話されたのです。
そのとき、王は十人の僕に1ミナずつ渡し商売をするようにと言って出かけ、しばらくして彼は王の位を得て戻ってきます。
 マタイの福音書にはタラントという単位が出てきますが、このミナというのは、もう少し小さい金額です。1タラントは20年分の賃金ですが、1ミナはその60分の1です。ですから、4ヶ月分です。

 このたとえをもう少しわたしたちの現実と結びつけて考えて見ましょう。わたしたちは、イエスさまが再び来られるときまでの宣教の期間を生きています。1ミナとは、教会の宣教活動のための費用・奉仕・それぞれに与えられているものでしょう。それをどのように用いるか。そのことが問われています。

 さて、ルカとマタイで違うところは、10人とも同じ額を渡されているというところです。マタイでは1タラント2タラント5タラントと預けられたものが違いました。
ここで、ルカが同額にしているのは何故でしょうか。わたしたちの目にはそれぞれに預けられているものが異なるように見えます。しかし、イエスさまは「同額を預けている」とおっしゃっています。語学が堪能な人も苦手な人も、絵が上手な人もかけない人も、音楽が得意な人もオンチの人も、ITに強い人も弱い人も、みんな同じ1ミナを預かっているのです。ですから、自分は全部後ろのほうに属すると嘆かなくていいのです。このルカを読むと、わたしは大変ホッとします。みんな同じ1ミナを預かっているのです。神さまの目には、一人ひとりは同じ重さなのです。ルカの心は、本当に神さまに近いと思います。こういうルカの福音書が私の好きなところです。

 それでは、儲けた金額が問題なのでしょうか。
ある僕は、1ミナで10ミナ儲けました。ある僕は同じ1ミナで5ミナ儲けました。最後の人は、布に包んでしまっておきました。
王の言い方は、儲けた金額が問題だというようにも感じます。10倍の儲けを出した僕には「良い僕だ、よくやった」と声を掛けています。5倍の儲けの僕には、その言葉はありません。しかし、17節を良く見てください。「あなたはほんの小さな事に忠実だったから」とあります。十倍儲けたから十の町をとは言っていません。
「ほんの小さな事に忠実であること」をイエスさまは見ておられます。

それでは、「小さな事に忠実である」とは、どのような態度なのでしょうか。
Ⅰコリント人への手紙4章1節に「私たちをキリストのしもべ、また神の奥義の管理者だと考えなさい。」とあります。
クリスチャンは「神の秘められた計画をゆだねられた管理者」なのです。このことのためにイエスさまを信じる者とされました。つまり、秘められた計画をゆだねてくださるのですから、神さまはクリスチャンを信頼しておられるということです。信頼できない人に、秘め事をゆだねませんね。
 皆さん、神さまは皆さんを信頼しておられます。

神さまは今朝こう言われます。「わたしはあなたを信頼しています。だから、わたしの計画を推し進めるために、あなたの力を用いてください。わたしの救いの計画のために、あなたの力を使ってください。」このように言われます。私たちはどう答えますか。「いいえ、私にいただいている力では足りません」そう、神さまに答えますか。そう答えるなら、「私は神さまを信頼していません」と言っていることになります。「こんな小さな力で良かったら、いくらでも使ってください」と、答えたいですね。
10ミナ儲けた人は、きっと、このように考えて心から喜んで預かった1ミナを使ったのではないでしょうか。すると神さまが10ミナ儲けさせてくださったのです。ですから、この10ミナは、彼の実力で稼いだものではありません。彼の「ほんの小さなことに忠実である態度」に対して、「神さまへの信頼の態度」に対して、神さまが祝福をもってその働きに返されたのです。

これに対して、1ミナを布に包んでしまっておいた人は何と言っているでしょうか。21節「あなたはお預けにならなかったものをも取り立て、お蒔きにならなかったものをも刈り取る方です」この人は神さまのことをこのような方だと考えました。
私たちの信じる神さまはこのような方なのでしょうか。
これは、わたしたちが神さまをどのようなお方であると考えているのか問われていると思います。

さて、皆さんは24-26節の言葉をどのように読まれますか。ここを読むと、やっぱり神さまは1ミナの人が言ったような厳しい方なのだと思えますね。
しかし、22節を見てください。「あなたの言葉によって、あなたを裁こう」とあります。これは、神さまの逆説です。1ミナの人は神さまが信頼できないお方だと考えました。彼が、そう考えるとおりに神さまは彼に返されたのです。
もし、彼が神さまを慈しみと憐れみに富む信頼に富むお方であると信じたなら、神さまは彼に対しても慈しみと憐れみをもって返されたことでしょう。儲けた金額は富と言うよりも、神さまの慈しみと憐れみという祝福を表しています。
神さまに対する信頼の大きさが、神さまに仕えるときに問題となると、イエスさまは仰います。私たちはどうでしょうか。

最後に、14節でこの王を迎えたくない人がいたとあります。14節参照。イエスさまは、慈しみと憐れみに富む王として来てくださいましたが、この世界(イエスさまを信じる前の私たち)は彼を迎えず十字架で殺してしまいました。27節に、そのことに対する結果はこうであるとあります。27節参照。
使徒パウロが「罪の支払う報酬は死である」と言っていますが、27節は、救い主なる王として来てくださった方への私たちの信頼が常に回復しているかどうかという、警告の言葉です。

イエスさまに対する信仰(信頼)は日々問われています。私たちは必ず1ミナの恵みを預かっています。それを「小さなことに忠実」に、の信仰をもって用い続けましょう。神さまは私たちの忠実さを見ておられます。

説教要旨
 私たちに与えられている賜物がマタイは1、2、5タラントであったが、ルカは全ての人に1ミナ与えられていると言う。私たちの目には異なるように見えるのだが、神さまは分け隔てなく恵みを与えておられると言う。この視点はルカの表現する慈しみの神を思わせる。1ミナはタラントの60分の1という小さな単位。これを元手に商売をするには不足の金額かもしれない。しかし、神さまは自分を信頼して1ミナを用いよと言われる。私たちの信頼に対して、慈しみと恵みを豊かに注いでくださるのが、私たちの神さまである。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。