INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「救いが来た」 (末吉百合香師)

聖 書
ルカの福音書19章1-10節
19:1 それからイエスは、エリコにはいって、町をお通りになった。
19:2 ここには、ザアカイという人がいたが、彼は取税人のかしらで、金持ちであった。
19:3 彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、背が低かったので、群衆のために見ることができなかった。
19:4 それで、イエスを見るために、前方に走り出て、いちじく桑の木に登った。ちょうどイエスがそこを通り過ぎようとしておられたからである。
19:5 イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。「ザアカイ。急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」
19:6 ザアカイは、急いで降りて来て、そして大喜びでイエスを迎えた。
19:7 これを見て、みなは、「あの方は罪人のところに行って客となられた。」と言ってつぶやいた。
19:8 ところがザアカイは立って、主に言った。「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」
19:9 イエスは、彼に言われた。「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。
19:10 人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」

 エリコという町にザアカイという人がいました。この人は大変な金持ちでした。ルカによる福音書は、これまで「金持ちとラザロ」「金持ちの議員」と金持ちに対して大変厳しいあり方をしてきています。世界の富める人は総人口の十分の一います。わたしたちもその中に入る存在です。しかし、聖書はそこに全く希望が無いとは言わず、「金持ちが神の国に入ることは難しい。しかし、人にはできないことも神にはできる」と言って、希望が残されていることを伝えてきました。そして、ザアカイはその話の次に登場した金持ちです。彼を通して、今朝わたしたちはどんな「良い知らせ」を聞くのでしょうか。

 ザアカイはエリコの町にイエスさまが来たということを聞いて、うわさの人物を一目みたいと出て行きます。
彼は何故か背が低かったと聖書は伝えます。我が家の長男が小学一年生のとき東京から京都に引っ越しました。関東弁の背の小さい長男が関西弁のやわらかい表現をするところに来たものですから、チビの癖に生意気な言い方をするということで、いじめられたことがあります。俗に言うよそ者いじめです。彼はその経験をして、どうすれば周囲に自分を認めさせられるかと考えたのでしょう。他の子ができないことにいろいろと挑戦するようになりました。
このザアカイも、自分の弱点の故に、お金を設けることでその弱点をカバーしようとしたのかもしれません。そして、それなりの財産と地位を獲得した彼でした。彼は自分の人生の目的を半ば達成できたそんな中にいます。そんな彼がどうしてイエスさまに興味を持ったのでしょうか。彼は財産や地位を得ても、人間には満たされない部分があることを感じていたのではないでしょうか。それで、ザアカイは自分にはないものを持つイエスさまに興味を引かれたのかもしれません。

現在の時の人は京都大学の山中信弥教授ですが、イエスさまの場合も同様で、イエスさまが動くと人々はどっと追いかけました。ザアカイも好奇心でイエスさまを見ようとした群衆の一人だったと思います。
しかし、聖書はザアカイを群集の一人のままにしませんでした。背の低いザアカイは、イエスさまを見るためには木に登らなければなりません。しかし、皆さんよく考えてみてください。地位も財産もあるザアカイが、いい年をして木に登るぐらいなら、諦めて帰ったほうがいいと思いませんか。そんな格好の悪いことをするぐらいなら帰るよと思いませんか。でも、ザアカイは木に登ってでもイエスさまを見ようとしました。ザアカイがそこまでした理由は一体何だったのでしょうか。
わたしたちは18章14節で「だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされる」という御言葉を聞きました。ザアカイは、この御言葉のように行動しているのではないでしょうか。大金持ちであるザアカイが木に登ってまでイエスさまを見たいという気持ちは、彼の謙りの行動だったのです。

イエスさまは以前、自分のことを誇り高ぶって祈ったパリサイ人を厳しく批判されました。けれども、イエスさまの先回りをして、木の葉の間からこっそりのぞいてイエスさまに夢中になっているザアカイに、イエスさまはどのようになさったのでしょうか。「ザアカイ」と名前を呼ばれました。これまで、金持ちに対して名前(固有名詞)が挙げられたことはありません。ここが初めてです。
神さまの前に謙った彼の態度は、イエスさまにしっかりとキャッチされたのです。人は人生の目的を半ば獲得するとき、それが自分の力でできたことだと過信する愚かさがあるのではないでしょうか。でも、そこには多くの人の協力と支えがあり、そして、何よりも神さまの導きと配慮があったはすです。ザアカイの行動は何だか滑稽に見えるのですが、でも、大切なことを教えています。

イエスさまはおっしゃいました。「ザアカイ。急いで降りて来なさい。今日はあなたの家に泊まることにしてあるから。」ここに、皆さんの名前を入れて、心の中で言ってみてください。
今、あなたの名前をイエスさまが呼ばれたのが聞こえたと思います。

さて、イエスさまは「急いで」とおっしゃいます。わたしなら、「気を付けて足を滑らさないように、ゆっくり降りて来てください」と言うでしょうね。でも、「急いで!」と言われるのです。神さまの時は、逃してはならないのですね。流暢にしていられないのです。イエスさまは急いで!急いでわたしのもとに来なさいと招かれます。そして「あなたの家に泊まることにしてあるから」とおっしゃいます。是非、あなたと一緒にいたいとおっしゃるのです。

さて、対照的なのはそれを見た人たちです。彼らは、つぶやきました。「あの方は罪人のところに行って客となられた」。
こうに言った人にとっては、ザアカイは宗教的に罪深い人間の一人でしかありません。彼は、財産と地位を獲得したと周囲から見られていたのではなく、憎き支配者ローマ帝国に加担して財を築いた、ユダヤ人の風上にも置けない存在だったのです。そんな男のところにイエスさまは泊まるなんて、信じられないという感覚です。
しかし、イエスさまは以前にもおっしゃっています。
「わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるために来たのです」5章32節

ザアカイは急いで降りてきて、喜んでイエスさまを迎えます。
彼は真心からイエスさまを迎えます。きっと、誰か人をやって、客間をきれいにして置くように、そして、良い食材で沢山のご馳走を準備するように指示したことでしょう。今夜は、大切なお客様がお見えになるからと、伝えたでしょうね。彼はイエスさまを最も大切な存在として迎えます。わたしたちはどうでしょうか。

 さて、彼はイエスさまとどんな夜を過ごしたのでしょうか。ユダヤの経済や政治が話題になったのでしょうか。そんなことはないでしょう。イエスさまは、ザアカイのこれまでの人生に深く関心をもたれました。ザアカイの家庭がどんな家庭だったのか。この職業に付いたのはどんな事情があったのか。この仕事をしながら今どんな心持でいるのか。人生の希望は何なのか。イエスさまが彼の心のうちを聞き出すというよりも、ザアカイの方が自分からありのままに話し出したことでしょう。そして、彼の中に満たされていない部分があることにイエスさまは注目されました。その夜、イエスさまがそこに一緒におられることによって彼の空洞だったところがすっかり満たされました。
ザアカイは「神われらと共にいます」という聖書の言葉を、この時経験したのです。このことは、今ここでザアカイの事を聞いている私たちもまた、同じ経験をしています。
今、主は私たちの空洞も満たしておられます。今、主は私たちにも神さまの栄光に与らせてくださっています。

 神さまの栄光が示されたとき、何が起こったでしょうか。
ザアカイは立ち上がって言います。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します」
先ほどのイエスさまの言葉どおりのことが起こりました。
「わたしは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるために来たのです」ルカの福音書は「悔い改めさせるため」という言葉を付け加えています。
ザアカイは招かれただけではなく、彼の中で悔い改めが起こりました。彼の中で、悔い改めにふさわしい実が結びました。
その時イエスさまは宣言されます。「今日、救いがこの家に来ました」と。

ザアカイはイエスさまがどんな人か見ようとしましたが、実は、イエスさまのほうがザアカイを捜しておられたのです。
10節で「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのです」と主は宣言されます。
ザアカイの物語は、富める者の中にいる私たちにとって、これまで以上に明確な「良い知らせ」です。富める者も神さまが捜し求めてくださる存在のひとりなのです。ですから、私たちもまた、「悔い改めにふさわしい実を結ぶ者」とならせていただきましょう。

さて、最後にルカによる福音書は2:30で、神殿にいたシメオンがお宮参りに抱かれてきた赤ん坊のイエスさまを見て、「わたしはこの目であなたの救いを見た」と告白しました。
ザアカイもまた「わたしはこの目であなたの救いを見た」と告白することでしょう。


説教要旨
 聖書は金持ちに対して厳しい。金持ちとラザロの物語に、金持ちの名前は呼ばれない。しかし、今朝、主は金持ちのザアカイの名前を呼ぶ。その理由は何だろう?ザアカイに私たちが求めるべき姿がある。それは、真実に満たしてくれるものは何かを求めること。主イエスとの出会いにおいて、「主、われらと共にいます」この御言葉が彼の内に受肉する。私たちも今朝、彼と共にこの御言葉の受肉を経験させていただこう!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。