INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新生イスラエル」 (末吉貞雄師)

聖 書
民数記27章12-23節
27:12 ついで主はモーセに言われた。「このアバリム山に登り、わたしがイスラエル人に与えた地を見よ。
27:13 それを見れば、あなたもまた、あなたの兄弟アロンが加えられたように、あなたの民に加えられる。
27:14 ツィンの荒野で会衆が争ったとき、あなたがたがわたしの命令に逆らい、その水のほとりで、彼らの目の前に、わたしを聖なる者としなかったからである。」これはツィンの荒野のメリバテ・カデシュの水のことである。
27:15 それでモーセは主に申し上げた。
27:16 「すべての肉なるもののいのちの神、主よ。ひとりの人を会衆の上に定め、
27:17 彼が、彼らに先立って出て行き、彼らに先立ってはいり、また彼らを連れ出し、彼らをはいらせるようにしてください。主の会衆を、飼う者のいない羊のようにしないでください。」
27:18 主はモーセに仰せられた。「あなたは神の霊の宿っている人、ヌンの子ヨシュアを取り、あなたの手を彼の上に置け。
27:19 彼を祭司エルアザルと全会衆の前に立たせ、彼らの見ているところで彼を任命せよ。
27:20 あなたは、自分の権威を彼に分け与え、イスラエル人の全会衆を彼に聞き従わせよ。
27:21 彼は祭司エルアザルの前に立ち、エルアザルは彼のために主の前でウリムによるさばきを求めなければならない。ヨシュアと彼とともにいるイスラエルのすべての者、すなわち全会衆は、エルアザルの命令によって出、また、彼の命令によって、はいらなければならない。」
27:22 モーセは主が命じられたとおりに行なった。ヨシュアを取って、彼を祭司エルアザルと全会衆の前に立たせ、
27:23 自分の手を彼の上に置いて、主がモーセを通して告げられたとおりに彼を任命した。

 神の民イスラエルの荒れ野の旅路はいよいよ終わることになります。いいえ、これからはカナンという地に於いて新しく始まります。
 神さまは荒れ野の信仰の旅路を始める時に、ご自分の民たちが礼拝者として神さまと一緒に歩む者となるために、シナイ山の麓で一年程の年月をかけて準備なさいました。そして今、ヨルダン川を挟んでカナンの対岸に位置するモアブの地でモーセに語られます。彼もまたアロンと同じように、約束の地に入れないことを告げられます。40年の荒れ野の旅路で、想像を絶する困難の中、民たちをここまで連れて来られたのはモーセの数えきれない苦労の結果です。私たちの思いからすれば何故なのか?と、それは、理不尽ではないのかと思います。
14節で彼と彼の民の神さまへの信頼と従順が問題であったことを告げています。指導者にはそれほど神さまは厳しいのでしょう。しかし、今モーセは120歳になりました。私はこの神さまの判断はモーセに対する憐みであると思います。確かにメリバで水のことで民が不平を言った時、モーセも神さまに対して不平を持ったのかもしれません。また、まだ未熟な信仰の民たちです。その民を率いて行くことが出来るのはモーセしかいないようにも見えたでしょう。しかし、彼は十分に神さまに仕えましたし、民たちにも仕えました。神さまは「お前はもう、十分やった」と仰っていると思います。もうこれ以上、カナンの地に入って更に苦労せよ、と仰りはしないのです。13節の「それを見れば、あなたもまた、あなたの兄弟アロンが加えられたように、あなたの民に加えられる。」この主の言葉は、私にはそのように聞こえます。
 教職セミナーでは学びの後、教職懇談会という時間がいつも設けられます。今回は教団本部と神学校を今後どのようにするのかということが議題になりました。いろいろと意見が出ました。現段階では、現在の渋谷区目黒の教団本部の建物は安全上取り壊さなければならないということははっきりしています。それだけで5千万円必要です。半世紀の間あの渋谷の地で機能して来たのです。今回の事柄をどのように受け止めるべきか。大変寂しいと受け取るのか、それとも新しい出発と受け止めるのか。そこには大きな違いがあります。キリスト者が地上を旅するこの世の寄留者であるならば、一つの場所に拘る必要はないでしょう。その場所での役割と働きはもう十分やったと考えることもできるのではないでしょうか。「新しい地に踏み出す時だ」と言われていると考えることもできるのではないでしょうか。

 もっと重要なことは、17節にある事です。モーセは自分の亡き後の民のことを非常に心配したのです。そして言いました。「主の会衆を、飼う者のいない羊のようにしないでください」と。新しい地カナンに入ったとしても、そこで飼う者のいない羊になってしまっては神さまを礼拝する民であり続けることはできないことを、モーセはよくよく知っていました。その時代は、誰でも神さまと直接語り合うことはできないからです。仲介者となる者がいなければなりません。18節神さまは一人の人を選ばれます「あなたは神の霊の宿っている人、ヌンの子ヨシュアを取り、あなたの手を彼の上に置け」20節「あなたは、自分の権威を彼に分け与え、イスラエル人の全会衆を彼に聞き従わせよ」と。
この主の言葉によって、モーセはきっと安心したことでしょう。
モーセの後はヌンの子ヨシュアが神の民を導きました。新生イスラエルが誕生することになります。

しかし、民数記は36章まであります。27章というこんな途中で後継者のことが何故出てくるのかと思いますね。
28章以下はカナンに入った後、どうのように神さまと一緒に歩んで行けば良いのかを記されています。それは、神さまへの捧げ物の内容です。これを見て行きますと、相当な量の捧げ物です。29章の第七の月等はすごいですよ。これ程のものを捧げよと仰っているということは、どういうことでしょうか。それの何倍もの物を神さまは民に与えられるということです。すなわち、民数記の最後の部分は「カナンの地に於ける神さまの祝福」を語っています。
 新生イスラエルを神さまはカナンに入る前からこのように祝福しようとしておられるのです。

 皆さん、このことを私たちはどう受け取るのでしょうか。私たちもまた新しい本部と神学校を考えなければなりません。それは新しい時代に踏み出すことではないでしょうか。きっと神さまは私たちにこの世の常識以上の懸命な判断を与えて下さるでしょう。そして、大切なことは新しい時代に踏み出すことによって、再び私たちナザレン神の民の絆が強くされることです。その事のために、一つ思いとなることです。ナザレンの中長期宣教計画はそもそもこのことを目指して立てられたものです。先週も申しあげました。世代交代を成し遂げてくださるのは神さまです。そのために私たちが成しうることは、倦まず弛まず伝道に励むことです。そうして行くならば、神さまはそのことを祝福してくださると民数記は証しています。
 
 さて、この神さまの祝福を新約聖書はどのように言っているでしょうか。マルコ4章19節「御言葉を聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです」と言っています。前半の「御言葉を聞いて受け入れ」とは、ただ聞くというのではありません。聞くだけの信仰は「絵に描いた餅」と同じです。マタイ25章15-30節にタラントの例えがあります。「おのおのその能力に応じて、一人には五タラント、ひとりには二タラント、もう一人には一タラントを渡」されます。「五タラント預かった者は直ぐに行って、それで商売し、さらに五タラント儲けた。・・ところが一タラントを預かった者は地を掘って、その主人の金を隠し」ます。預けた主人が帰ってくると、一タラントを活用しなかった僕に大層お怒りになりました。この主人は神さまですね。
私たちにはそれぞれ神さまから賜物(タラント)が与えられています。それは神さまのために、また社会で活用するように与えられているのです。特に、教会での奉仕は主の十字架によって私たちの罪が赦されたその愛に感謝して捧げるものです。主は自分のために命を捧げてくださったのだから、私も主のために出来ることは何でもして応えようとして捧げるのが奉仕です。当然強制されて行うものではなく、自主的に奉仕するのです。また、社会に出て収入を得るようになれば、主の復活に私たちも与るその恵みに応えて、主が建てて下さった宣教の砦である教会の業を支えるために、収入の十分の一を捧げて教会を支えるのです。捧げられる立場にあるというのは、神さまの大きな祝福です。五タラント、二タラント、一タラント、いずれでしょうか私たちはいただいています。分量が問題ではありません。それを活用しているかが問題です。主のために用いているかが問題です。主を愛している、主を信じている、私は信仰を持っている、とどんなに言葉で言ったとしても、タラントを土に埋めて活用していないのであれば、それは絵に描いた信仰です。神さまはタラントを活用するものを祝福すると言われます。
「御言葉を聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たち」とは、そういう人の事です。

民数記の終わりに、新しい指導者を立てて、新しい地に踏み出させようとなさる神さまは、民たちにこのことを願っておられます。28章以下の神さまへの捧げ物の内容は、将来のカナンの地での神さまの祝福があるからこそ、これ程のものを捧げることが出来るのです。
私たちナザレンの民も新しい地へと導かれようとしています。新生イスラエルの将来に神さまは祝福を宣言されました。新生ナザレンの私たちもまた、神さまは祝福を宣言してくださいます。

説教要旨
アバリム山にて対岸の約束の地を眺めるモーセは何を思っただろう。そこに入れない悔しさか、それとも・・。彼は何よりも民を思った。彼の心は神に近い。「飼う者のいない民とならぬよう」主の思いも同じ「ヌンの子ヨシュアに手を置け」と。新しいイスラエルが誕生しようとしている。まだまだ未熟な神の民。神は彼らをどう育てられるのか?神は「大いなる祝福をもって育てる」と宣言される。この宣言は私たちナザレン神の民にもこだまする。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。