INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 平和の君 」 (末吉貞雄師)

聖 書
ルカ19章28-44節
19:28 これらのことを話して後、イエスは、さらに進んで、エルサレムへと上って行かれた。
19:29 オリーブという山のふもとのベテパゲとベタニヤに近づかれたとき、イエスはふたりの弟子を使いに出して、
19:30 言われた。「向こうの村に行きなさい。そこにはいると、まだだれも乗ったことのない、ろばの子がつないであるのに気がつくでしょう。それをほどいて連れて来なさい。
19:31 もし、『なぜ、ほどくのか。』と尋ねる人があったら、こう言いなさい。『主がお入用なのです。』」
19:32 使いに出されたふたりが行って見ると、イエスが話されたとおりであった。
19:33 彼らがろばの子をほどいていると、その持ち主が、「なぜ、このろばの子をほどくのか。」と彼らに言った。
19:34 弟子たちは、「主がお入用なのです。」と言った。
19:35 そしてふたりは、それをイエスのもとに連れて来た。そして、そのろばの子の上に自分たちの上着を敷いて、イエスをお乗せした。
19:36 イエスが進んで行かれると、人々は道に自分たちの上着を敷いた。
19:37 イエスがすでにオリーブ山のふもとに近づかれたとき、弟子たちの群れはみな、自分たちの見たすべての力あるわざのことで、喜んで大声に神を賛美し始め、
19:38 こう言った。「祝福あれ。主の御名によって来られる王に。天には平和。栄光は、いと高き所に。」
19:39 するとパリサイ人のうちのある者たちが、群衆の中から、イエスに向かって、「先生。お弟子たちをしかってください。」と言った。
19:40 イエスは答えて言われた。「わたしは、あなたがたに言います。もしこの人たちが黙れば、石が叫びます。」
19:41 エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて、
19:42 言われた。「おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。
19:43 やがておまえの敵が、おまえに対して塁を築き、回りを取り巻き、四方から攻め寄せ、
19:44 そしておまえとその中の子どもたちを地にたたきつけ、おまえの中で、一つの石もほかの石の上に積まれたままでは残されない日が、やって来る。それはおまえが、神の訪れの時を知らなかったからだ。」

キリストの涙
 クリスマス賛美歌の「諸人こぞりて」76番の4に「平和の君なる、御子を迎え」とあります。この歌詞は預言者イザヤの9章6節「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。その名は平和の君と呼ばれる。」からの引用です。先週誕生を祝いましたイエス・キリストは平和の君としてお生まれになりました。

 エルサレムという町の名には、「平和の基礎」エル・シャロームという意味があるそうです。このシャロームは単なる平和ではありません。神との間に平和があり、人との間に平和がある。生きもの(被造物)の間に平和がある。調和ハーモニー、それがシャロームです。このシャロームは天地創造の初め、神が全て造られたものを見て「良し」とされた時の状態、それがシャロームでした。

 エルサレムはこの平和の基礎になる為に神に選ばれ、ユダヤ人もそこを都として来ました。しかし、エルサレムの歴史はその反対でした。イエス・キリストはその歴史を初めから見て来られましたから、この事は良くご存じで、エルサレムにいるヘロデ王が自分の命を狙っている事を伝え聞いた時に、こう言って嘆き悲しまれました。

 144ページ13章34節「ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者、わたしは、めんどりがひなを翼の下にかばうように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。」41節、都エルサレムが見えて来た時に、イエス・キリストは「平和の基礎」として選ばれ神に寵愛されて来たエルサレムが今回も同じことをしようとしている、ああ、何と悪しきもの虜になって本来の姿を失っていることか、と涙を流されました。

 キリストが涙を流されたのは、あと一度だけ。親友のラザロが死んだ、と聞いて墓にやって来た時でした。臭くなっている命、神がその形に似せて造られた人間、その本来の姿を失って、死に支配され滅び行く命を目の当たりにした時に涙を流されました。

 キリストの涙は、人が神の下ではなくて、他のものに支配されて本来の姿を失っている、という現実の深刻さを伝えています。

ロバの子に乗る平和
 イエスさまの姿や態度には大変象徴的な意味メッセージが込められています。平和の君は、白馬ではなくて子ロバに乗ってエルサレムに入場されました。ここにどんなメッセージがあるのでしょうか。
 38節を読むとイエスさまが「王さま、君」として都エルサレムに入って行かれたことがわかります。権力者は戦うのに優れているかっこいい馬、特に最高の地位にある者は白馬に乗ります。白馬に乗るナポレオンの絵は有名です。最近では、白馬に乗っている北朝鮮の指導者の映像があります。
 しかし、イエスさまは戦いには不向きな、かっこ良くは無く、足は遅い、しかし荷物運びは得意のロバに乗られました。それもロバの子です。それによって平和とは何かを示されました。平和な社会にする為にはロバではなくて馬、現代で言うなら戦闘機、戦車、ミサイル、・・・自衛隊ではなくて軍隊が必要、等と言って馬にばかり乗る平和を言って、ロバの子に乗る平和のことを言わない政治家が多いのが残念です。

 戦争を始める理由に平和の為と言われて来た事を忘れてはなりません。日本が始めた大東亜戦争は、欧米の支配から東亜を救う為、大東亜共栄圏を建設するが為だといわれました。それが太平洋戦争に拡大していきました。

 神さまが言われる平和は調和ハーモニーです。城陽賛美チームはお分かりでしょう。ソプラノ、アルト、テナー、ベース。それぞれの声がハーモニーを生む時とはどんな時でしょうか。

 抑止力という圧力を掛けて平和を生み出すと言いますが、賛美チームの皆さん、ソプラノの圧力が強かったら(誤解のなさらない様に、人間関係の圧力ではなくて声の圧力です)ハーモニーが生まれませんね。アルトもテナーもベースもそれに対抗して圧力をかける、そしたら、歌ではなくて叫び合いとなります。交響共響?

 この地球にハーモニーが生まれなければ平和ではありません。これは戦争の事だけではなくて、環境保全、安全なエネルギー、偏った経済サイクル、民族対立に求められています。

主がお入り用なのです
 そこで子ロバを連れてくる所に注目してください。そのロバは他人が所有するロバです。だから、何も言わずに勝手に連れて行こうとしたら33節持ち主から「なぜほどくのか」と聞かれるのは当たり前ですね。普通「ちょっと、お借りして良いですか。」とお願いしますね。そして借り賃を交渉します。しかし、イエスさまはお願いもせず金も払わずに持ち主から子ロバを持って来させます。34節「主がお入用なのです。」そう言うと不思議なことに持ち主はそれ以上何も言いませんでした。皆さんは真似してはいけませんよ。

 「主がお入用なのです。」この言葉をもう少し詳しく言いますとこうなります。「このロバの子の所有は今確かにあなたに与えられていますが、その本来の所有者、主と言われる方が今必要とされています。」1コリント4章7節を思い出します「あなたには、何か、もらったものでないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか。」

 35節ロバの子を連れてきたら人々は自分の服を道に敷きました。これは王様が通る時に行われたそうです。そして、38節でイエスさまは「王」と呼ばれています。当時、王とは国民を自分の所有物のようにして良いとされていました。参考になるのは神の民が初めて王様を求めた時に神様がサムエルに語らせた言葉です。サムエル記上8章10-18節です。p.477参照。この所有とは自分のために利用するということです。

 しかし、本当の所有者はそうではありません。それは羊を所有する羊飼いのようなものです。ヨハネ10章11-15節。p.198参照。本当の所有者は私たちのために命を捨ててくださるのです。これは自分のために利用する王と正反対ですね。ロバの子に乗る平和の君イエス様は、あなたの本当の所有者がおられる事を、そのお方の下に帰りましょう、と言っておられるのです。

本当の所有者
 みなさん、あなたはあなたの本当の所有者であられるお方を知っておられますか。イエス・キリストはそのお方から遣わされたました。他のものの所有になっていませんか。エルサレムの歩んで来た歴史は、本当の所有者から離れ、他のものの所有であった歴史でした。これはシャロームではないと言う事です。エルサレムの所有者は欲望であり、世の中の力であり、権力であり、富でありました。エルサレムは所有者が代わる度に何回も何回も壊されました。現在2000年前の石畳は地下数メートルのところにあります。43-44節イエスさまが来られた後また破壊される時が来る、と預言されています。このエルサレム付近にある石は、本当の所有者の事を忘れて歩んで来たエルサレムの歴史を見てきた石です。エルサレムの人は神から遣わされた人を石で打った(ルカ13章34節)。それがエルサレムの石です。

 40節「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす。」とイエスさまが答えられたのは、このエルサレム歴史の目撃者である石が如何に本当の所有者を求めているかということなのです。そして、今その方から使わされたイエスさまを目の前にして叫ばざるを得ないのです。自然と言うのは知っているんですね私達に気付かない事を。

 先に言いましたイエスさまが弟のように愛したラザロの墓に行った時も、死が人間を支配しているという現実を目の当たりにした泣かれました。死は人間を自分の思いのままに扱います。死が自分の所有者であるということ程私たちから希望を奪い、そして、「あすは死ぬのだ、さあ、飲み食いしようではないか。1コリント15章32節341ページ」というやけっぱちな思いにさせるものはありません。

 しかし、神さまはイエスさまを死人の中から復活させて、死が本当の所有者ではない。わたしがあなた方全ての人の本当の所有者であると、宣言されたのであります。
 今日、このあなたの本当の所有者であられるイエスさまの神さまを心に迎えましょう。聖書には、このロバの子の事は何も書いていません。想像してみて下さい。このロバさんは、イエス様をお乗せして実感したでしょうね。本当の所有者のもとにある平安を。そこにシャローム調和ハーモニーが生まれます。この聖堂に来て、礼拝で、この一年本当の所有者である主にある平安の内に歩ませて頂きましょう。また、特別な時に限らず、日々日常の一コマ一コマで「主の用なり」とのお言葉を受けて、私達もロバの子としてこの一年を歩ませて頂きましょう。2013年、この平安が皆さんの上にありますように。

説教要旨
他人のロバの子を無断で連れて来いと言えたのは、全ての命の所有者創造者である神様の独り子イエス様だからであった。神が遣わされた平和の君イエス様は、全世界の平和の基礎と成る為に選ばれた都に王として入場されるのに、馬ではなくあえてロバの子に乗られ真の平和をアピールされた。この一年礼拝でこの聖堂に集まり、イエス様を通してあなたの本当の所有者の下にあって、シャローム調和ハーモニーを生む者としていただこう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。