INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「捨石を要石にした神」 (末吉貞雄師)

聖 書
ルカ20章9-19節
20:9 また、イエスは、民衆にこのようなたとえを話された。「ある人がぶどう園を造り、それを農夫たちに貸して、長い旅に出た。
20:10 そして季節になったので、ぶどう園の収穫の分けまえをもらうために、農夫たちのところへひとりのしもべを遣わした。ところが、農夫たちは、そのしもべを袋だたきにし、何も持たせないで送り帰した。
20:11 そこで、別のしもべを遣わしたが、彼らは、そのしもべも袋だたきにし、はずかしめたうえで、何も持たせないで送り帰した。
20:12 彼はさらに三人目のしもべをやったが、彼らは、このしもべにも傷を負わせて追い出した。
20:13 ぶどう園の主人は言った。『どうしたものか。よし、愛する息子を送ろう。彼らも、この子はたぶん敬ってくれるだろう。』
20:14 ところが、農夫たちはその息子を見て、議論しながら言った。『あれはあと取りだ。あれを殺そうではないか。そうすれば、財産はこちらのものだ。』
20:15 そして、彼をぶどう園の外に追い出して、殺してしまった。こうなると、ぶどう園の主人は、どうするでしょう。
20:16 彼は戻って来て、この農夫どもを打ち滅ぼし、ぶどう園をほかの人たちに与えてしまいます。」これを聞いた民衆は、「そんなことがあってはなりません。」と言った。
20:17 イエスは、彼らを見つめて言われた。「では、『家を建てる者たちの見捨てた石、それが礎の石となった。』と書いてあるのは、何のことでしょう。
20:18 この石の上に落ちれば、だれでも粉々に砕け、またこの石が人の上に落ちれば、その人を粉みじんに飛び散らしてしまうのです。」
20:19 律法学者、祭司長たちは、イエスが自分たちをさしてこのたとえを話されたと気づいたので、この際イエスに手をかけて捕えようとしたが、やはり民衆を恐れた

ぶどう園はあなたの人生、農夫はあなた

 ぶどう園は人生の事です。人間って、自分の人生は自分が作った、自分で手に入れた、なんて考え「私の人生、私の自由にして何が悪い」と考えがちです。しかし、そうでしょうか。自分の思い通りにならないのが人生ですね。自分の誕生に関わったり苦労したりした人は一人もいません。人生は与えられたものです。

長い旅に出た主人

 このぶどう園の農夫の様に主人から貸し与えられたものです。ある人と言われている主人は神様の事です。この主人は長い旅に出ました。神様の長いとは、かなり長いと言う事になります。だから、主人から借りている事自体忘れてしまう。それ程の長い旅です。私達日本人んて、この部類に入ります。

 皆さん最近の液晶テレビの裏を見て下さい。色々な接続端子が付いています。人間にはまだ神との接属端子が残っています。ところが、人間が考え出した神様や仏様を繋いだり、全く何も繋いでいない状態です。つまり、人間の都合の良いように行っているのが現代です。

主人からの連絡をもらっていた特別な民族ユダヤ人

 ユダヤ人は特別です。旅先から主人は彼らにだけコンタクトを取っていました。しかし、彼らも同じく都合の良いように行いました。主人である神様を知っていながら神様として崇めませんでした。神様からの借り物を自分の物としました。都合の良いように行いました。

 この例えは実際に行われて来たユダヤ人の歴史を伝えています。歴代下24章19-21節769ページでは、神様から遣わされた僕を殺しました。しかし、神は幾度も僕を遣わしました。ネヘミヤ9章30-31節826ページ。

 13節、ここはこういう歴史の後でイエス様が最後の使いとして遣わされて来た事を伝えています。最後と言いましたのは、マタイとマルコがそう伝えているからです。情け深く、憐れみ深い神の最後の情けと憐れみ、それがイエス・キリストです。それなのに、15節ぶどう園の外に追い出して殺してしまいました。最後まで自分の都合の良いように行いました。
 この最後の情けと憐れみ、最後まで農夫を信じた主人の言葉13節からこれは愛と言い換えられるでしょう。それでも、農夫たちは自分たちの都合のいいように行う事を選びました。その愛を踏みにじり、16節の結末を愛の神にさせます。この話を聞いたら誰だって思います。そんなことがあってはなりません。絶対にそんなことはあってはならない。

 しかし、それがユダヤ人の現実となりました。いや、ユダヤ人だけではありません、全人類が自分の都合の良い道を選んでいるのです。人生は主人である神様からの借り物、その主人との接続端子が付いているにもかかわらず、自分の都合の良いように、繋ごうとしない、これが人類の現実なのです。

捨石とされたイエス様を神は要石となさいました

 この例えを聞いて誰だって「そんなことがあってはならない」と答えます。しかし、17節イエス様はそう答える者を見つめられます。「そんなことはあってはならない」と言うのに実際自分の事と成れば神様との接続端子を繋ごうとしない人間の現実を慈しんで見つめられます。既にクリスチャンになっている方にも、もっと確り繋いでほしい、外れそうに成っているのかも知れませんね。そんな現実を見つめておられます。
 ちょうど多くの財産を持っていた為にイエス様の後に着いて行けず悲しみながら立ち去った人の時と同じです。あの時もイエス様は無理な事をその人に命じて困らせたのではありませんでした。彼にも何とか神の国に入って救いに与って欲しかったからです。ここもイエス様は同じ思いを持っておられます。みなさん、そんなイエス様の言葉に注目して下さい。

家を完成させる要石はイエス・キリスト
 「家を建てる者たちの見捨てた石、それが礎の石となった。」これは詩篇118篇22節の言葉です。この詩篇は神殿、神の家の歌です。ですから、家を建てる者とは神の家を建てる者の事です。

 石を積んで行くのですが、建築家は用意させた石から「この石は土台にこの石は壁に」と選びます。使い物にならない石は捨てさせます。

 石造りの建築は壁を四方に積み上げて行きます。初期の時代骨組みが木造の屋根をその上に載せました。入り口の無い建物でしたら非常に簡単です。ただ積み上げればよいのです。しかし、そんなわけにはまいりません。ですから入り口部分が大切な工事になります。そこが出来ればもう完成の日が見えて来ます。

 神殿の様に大きな入口の場合、アーチにします。その中でも最も重要なのがセンターの石です。この石に力が集中しますこの石を積むことで完成なのです。この石を取ると一瞬に崩れてしまいます。この石を中心に力のバランスが取られて組み合わされているからです。ですからキーストン要石と呼ばれます。形と強度、それに一番目立つところですから綺麗な石でなくてはなりません。建築家が選ぶ石で最も重要なのはこの要石です。

 礎の石と翻訳されています。土台の石と考えられて来ましたが、もう一つ有力な解釈があります。それが要石です。神の家作りでこの要石が注目されていました。

教会と人生の要石キリスト
 エペソの教会の人に、使徒パウロが神殿ではなくて教会をどの様に信徒たちによって形成して行くかを教えるのに、石造りの神殿に例えています。2章20-22節375ページ参照。

 神様がイエス・キリストをあなたの人生のキーストーン要石となさいました。教会のキーストンもキリストです。もとのぶどう園のたとえに戻りましょう。この農夫たちを救うためにキリストが主人の行う16節の罰を身代わりに受けて下さいました。

 キリストをあなたの人生と言う家の要石に据えて下さい。城陽教会という神の家の要石もキリストです。キリストによって人生も教会も完成します。神様との接続端子がしっかり繋がります。
あなたの人生を石造建築に例えましょう。キリストと言う石はどこにはめ込まれていますか。日本にも石造風の外観の建築があります。その時窓の上や入口の上の中央に目立つ石があります。それがキーストン要石の名残です。今日の御言葉を思い出して下さい。

 最後に要石は全ての石と組み合されます。神の御心は、色々な石を組み合わせて成長させ聖なる宮を形成する事です。詩篇118篇23節「これは主のなさったことだ。私たちの目には不思議な事である。」キリストを要石としましょう。
このことがこの教会で、あなたの人生で起こります。

説教要旨
 ぶどう園の主人からぶどう園を借りて栽培している、これが私達の人生だ。主人がその収穫の分け前に与るのは当然である。しかし、私達はこの主人の事を忘れ、借り物を自分の物としている。私達がユダヤ人の様に昔から主人の事を聞いていても、そのぶどう園を自分の物とする為に最後の使い、愛する息子(キリスト)を(十字架で)殺すのが私達だ。「いや絶対にそんなことはない」と誰もが思うが、これが私達だと聖書は告げる。しかし、主人である神は私達が捨てたキリストを復活させ、そんな私達の救い主と定め『あんたが捨てた石を要石(あんたの救いの石・希望の石)とした』と福音を宣言される。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。