INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「共に喜ぶからだ」 (末吉百合香師)

聖 書
1コリント12章
12:1 さて、兄弟たち。御霊の賜物についてですが、私はあなたがたに、ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。
12:2 ご承知のように、あなたがたが異教徒であったときには、どう導かれたとしても、引かれて行った所は、ものを言わない偶像の所でした。
12:3 ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、「イエスはのろわれよ。」と言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。
12:4 さて、御霊の賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。
12:5 奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。
12:6 働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。
12:7 しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現われが与えられているのです。
12:8 ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ、ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ、
12:9 またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、
12:10 ある人には奇蹟を行なう力、ある人には預言、ある人には霊を見分ける力、ある人には異言、ある人には異言を解き明かす力が与えられています。
12:11 しかし、同一の御霊がこれらすべてのことをなさるのであって、みこころのままに、おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。
12:12 ですから、ちょうど、からだが一つでも、それに多くの部分があり、からだの部分はたとい多くあっても、その全部が一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。
12:13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。
12:14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。
12:15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。
12:16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない。」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。
12:17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。
12:18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。
12:19 もし、全部がただ一つの器官であったら、からだはいったいどこにあるのでしょう。
12:20 しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。
12:21 そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない。」と言うこともできません。
12:22 それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。
12:23 また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうになりますが、
12:24 かっこうの良い器官にはその必要がありません。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。
12:25 それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。
12:26 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。
12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。
12:28 そして、神は教会の中で人々を次のように任命されました。すなわち、第一に使徒、次に預言者、次に教師、それから奇蹟を行なう者、それからいやしの賜物を持つ者、助ける者、治める者、異言を語る者などです。
12:29 みなが使徒でしょうか。みなが預言者でしょうか。みなが教師でしょうか。みなが奇蹟を行なう者でしょうか。
12:30 みながいやしの賜物を持っているでしょうか。みなが異言を語るでしょうか。みなが解き明かしをするでしょうか。
12:31a あなたがたは、よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい。
12:31bまた私は、さらにまさる道を示してあげましょう。



 一世紀の出来たばかりのコリント教会は現在とは事情が全く異なっていました。礼拝順序やそれぞれの役割分担も明確ではありませんでした。教会は混乱し分裂していました。その状況の中でパウロがこの12章を書いています。
 私たちの教会はそんなことはないのですが、与えられている御言葉ですので、気を付けなければならない点に耳を傾けましょう。     みなさん「ためしてガッテン」という番組がありますね。大きな模型を使って身体の仕組みが説明されます。納得をするとゲストがガッテン、ガッテンと言って大きなボタンをたたきます。パウロは教会の中がガッテンできるようにとこの手紙をしたためます。

12章で中心的な事は、教会はキリストのからだであることです。27節、「あなたがたはキリストのからだであって」と教会はキリストのからだです、と例えられます。
後半の「ひとりひとりは各器官なのです」とあるのは、教会に集められた私たち一人ひとりに、大切なキリストの働きが委ねられているという意味です。
私たちの目や口や手や足が、実際お互いの働きを認めないという事はありません。全ての器官がからだには必要です。このパウロの言う事はガッテンできますね。これは、言い方を変えますと多様性と一致が教会の中に必要ということです。
多様な一人ひとりが「キリストの働きのために」という目的のために一つになる時、教会はキリストのからだとして健全に歩めます。

 私は別の教会の姉妹に尋ねられたことがあります。会堂の生け花のことでした。その教会では予算が決められておりました。そして何人かの担当者がいました。一人の方は予算に自分が少し足してご奉仕されました。他の方は予算どうりの材料で活けました。人の目にはやはり少し予算より高い材料で活けた方が見栄えがします。教会の皆さんがそれを称賛されるけれども、予算どうりで活けられた方に躓きが起こらないでしょうか?とその姉妹は心配されていました。これは、まさしく多様性と一致の問題です。

 今朝の手紙の中に、パウロの処方箋が言われています。これは、神さまから与えられた賜物(タラント)と奉仕に対する処方箋です。
12章では、前半に「同じ」「同一」という言葉が5回もあります。つまり賜物は同じ神から与えられたものです。賜物はどのように与えられたのか見てみましょう。18節、「神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えて下さったのです」とありますから、奉仕の賜物は、神さまが一人ひとりに計画をもって与えられたのです。神さまの御意思によって与えられたのです。ですから、それに優劣をつけるのは間違いです。これがパウロの処方箋です。
 そうすると先ほどの生け花の問題は、何処を改善すべきでしょうか。奉仕する側ではなく、礼拝者が意識を変える必要があります。28節、「神は教会の中で人々を・・に任命されました」。神様がそれぞれに奉仕を任命しておられます。それぞれの奉仕には多様性があります。予算通りに活ける人、また少しプラスして活ける人もあっていいと思います。大切なのは、その奉仕をされる方がキリストのお役に立っていることを喜び、会衆も奉仕をして下さる方があることを喜ぶ。共にキリストのからだの役割を喜び合い、そこで一致する。奉仕の多様性を認め合い、共に喜ぶという一致です。

もう一つ、多様性の例えです。分かりやすく家庭料理を例えとして考えてみましょう。お煮しめを作るとします。同じメニューでもお出しにホンダシや白だしを使う方もいますし、他方でこぶや花がつおや煮干しから出しを取り調理する人もいます。どちらも家庭料理のお煮しめです。これが多様性です。ここで、化学調味料の方が口当たりが美味しいからそちらが良いとか、自然のものの方が体にやさしいからそちらが良いとか、そこで分裂が生まれるなら神さまへの奉仕が台無しになってしまいます。お互いの多様性を認めなければなりません。どちらが良いという評価ではなく、作ってくださったそのご奉仕その事を共に喜ぶことによって一致が生まれます。
 
そもそも、賜物はどなたから頂いたのでしょうか。奉仕は誰から命じられたのでしょうか。主語は誰でしょうか。神様です。牧師や役員は依頼を神さまに代わっていたしますが、賜物も奉仕も神さまがお与えになるものです。そしてそれは7節「みなの益となるために」与えられたのです。

 22-26節、パウロの処方箋はこう言います。「それどころか、からだの中で比較的弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。・・しかし、神は劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。それはからだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、全ての部分が共に喜ぶのです」
これが教会というキリストのからだの在るべき姿です。

教会がこのような身体であり続けたいと願う時、私たちの信じる主はどういうお方であるのかを確かめ続けることが大切だと思います。以下、ヘンリ・ナウエンの言葉を引用します。
神はこう言われました。「わたしは永遠の愛であなたを愛します。」そして、主イエスはそれを私たちに知らせるために来られました。私たちは愛されています。何かをしたからではありません。神の愛に値するものを示したからでもありません。この愛を示されたのは、「はい、私もあなたを愛しています」と私たちが地上の生涯で告白するためです。
神の愛を知らせるために来てくださった方は、小さな幼子として生まれました。それは、わたしたち人間が教えなければ、歩くことも、話すこともできない、という意味です。主イエスは成長するために人間の手を必要とされたのです。「わたしは弱くありたい。そうすることで、あなたがわたしを愛することができるように。わたしが弱くなって、あなたがわたしを世話することで、わたしの愛に応えるためです」と言われたのです。
神は十字架を背負って倒れたほど、足元のふらつく神に成られました。そのお方が私たちのために死に、愛を最も必要とされました。神がそうしてくださったからこそ、私たちは神に近づくことが出来るのです。私たちを愛して下さる神は、もろさをご自分の身に帯び、飼い葉おけに身をゆだね、十字架に架けられたほどの神です。「そこにいてくれませんか」と、本音で私たちに語り掛ける神なのです。
ナウエンの神は、右の御手であなたを守るという勇ましい神とは違って、劣った者と成られた神です。この方の傍に来ることのできない人は一人もありません。この方の傍らには誰でもそっと座ることが出来ます。自分を誰とも比較する必要はありません。自分が自分として安心して主の傍らにいることが出来ます。
私はナウエンのみ言葉に対する感性にいつも慰められます。そして、2コリント12章9節「わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである」とパウロが主から聞いた言葉を思います。

私たちの生きている社会は比較される社会です。そこで毎日生きているのはとても疲れます。教会にそういう評価が存在しないなら、教会は世の中のオアシスになれます。
神さまがすべての者を必要とされているのですから、教会がお互いを必要とし共に喜ぶからだと成るなら、7節にある「みなの益となる」主のからだになれるのではないでしょうか。
 
説教要旨
 今日教会では礼拝順序が決まっており、週報によって日曜日の朝一時間あまりの間に何がなされるかほとんどすべての人に分かっている。しかし、一世紀の教会は事情が全く異なる。コリント教会のメンバーは我こそはと不思議な力の賜物を求め、混乱し分裂していた。故にパウロは賜物は神から与えられるもの(霊の賜物)であり、皆の益となるために与えられていると語る。また、霊の賜物への優劣を阻止する。神は全ての者を必要とされている。生けるからだとしての教会に相応しいのは多様性と一致である。これを目指し「共に喜ぶからだ」なる教会を建て上げよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。