INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信仰、希望、愛」 (末吉百合香師)  

聖 書
1コリント13章
13:1 たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。
13:2 また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。
13:3 また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。
13:4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。
13:5 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、
13:6 不正を喜ばずに真理を喜びます。
13:7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
13:8 愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。
13:9 というのは、私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです。
13:10 完全なものが現われたら、不完全なものはすたれます。
13:11 私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。
13:12 今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。
13:13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。


 「あなたがたの目は見ているから幸いです。また、あなたがたの耳は聞いているから幸いです。」(マタイ13:16)とあります。
 神を見る、神に聞くことは、私たちが受けることのできる最大の贈り物です。
 ある家に二人の息子が居たと始まるイエス様のたとえ話に「放蕩息子の話」があります。これを話された背景には、イエス様の所に徴税人や罪人が大勢話を聞きに来ていたことがあります。その時、聖書(旧約聖書)に精通している人々がイエス様を批判します。「この人は罪人たちを平気で迎えて一緒に食事までしている」。この批判に対して話されたたとえです。イエス様には、はっきりさせておきたいことがありました。それは、ご自分が伝えている神さまは、悔い改めた罪人を喜んで家に迎える憐み深い神さまだということです。

ある日、弟の方がお父さんに財産分けを願い、それを持って父の下から出て行きます。彼には父の下から離れた世界に自由と幸せがあると思えたのです。しかし、直ぐに誘惑に負け、放蕩三昧に明け暮れ、たちどころに父の財産を失います。頼るものを全て失った彼は、父と共にいた日々こそ、何にも勝る財産であったことに気づかされ、父の下に立返ります。
私はクリスチャンホームに育ちましたが、中学高校と部活を理由に教会から離れました。就職し親元から離れた時、私には心の拠り所がないことを神さまは私に気付かせてくださいました。そして、私の方から大阪のナザレン教会を両親に聞き、その時から求道生活が始まりました。牧師の説教はとても難しかったのですが、聖霊が理解を助けてくれたと思います。牧師は説教を語られる時、人生で最高の時というような満面の笑顔で語っていました。まるで、神さまはこのようにあなたを待っておられるよ、と言いたいかのようでした。
その年のクリスマスには、イエス様の十字架が私の罪を赦し神の子とするためであり、復活は私にも復活の命が与えられるという希望であることを信じることができるようになりました。
先程の放蕩息子はまさにわたしのことだったと知りました。クリスチャンホームと言う環境で育ちましたが、私は神さまの下から失われた存在だったのです。先日、奈良で小学6年生の女の子が行方不明になりましたね。神様どうぞ、無事に親御さんの下に返して下さいと祈りました。親御さんはどんな心境だろうかと心が痛みました。神様も私が放蕩をしていた時、どんな思いで帰って来て欲しいと願っておられたかを思います。
聖書は息子を待つ神の姿をこのように伝えています。彼が父の下に帰ろうとした時です。「まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうにと思い、走り寄って彼を抱き、口づけした」そして、子牛を料理させ祝宴を開きます。父なる神様は大喜びで息子を迎えました。私たちの信じる神さまは、失われていた者が立ち返るとき、大喜びしてくださる憐み深い神さまです。

神さまは御言葉の内におられます。御言葉は私たちへの確かな約束です。ロマ10:11「神に信頼するものは、失望させられることがない」。立返った息子は、ここに真の生きる道があったのだと気づきました。この神さまの下には安心があり、希望があります。私は信仰を頂いて40年ですが楽しい時もあり苦しい時もありました。私が苦しくて小さくなっている時、不思議と心に平安が来ました。わたしが弱い時、主が共にいて下さるのです。「神に信頼するものは、失望させられることがない」まことに御言葉は私たちの希望です。

先週、私たちは神さまからそれぞれ賜物が与えられていると聞きましたね。それぞれの多様性を共に喜び共に尊ぶ、皆が神さまにとって必要なんだ、教会にとって必要なんだと教えられました。お互いを必要とし一致するときに、神さまはこの集まりを私たちの益のために、主の栄光のために使って下さいます。この教会の姿は神の愛の内にある教会の姿です。教会の歩み、信仰生活の歩みは110Mハードル走のようなものです。神様は私たちを成長させるために、歩みの途中にハードルを置かれます。それに足を引っ掛けてハードルを倒したり、転倒したり、速度ダウンをします。でも、神さまはそこで私たちが成長することを期待しておられます。一つ一つのハードルに確り向き合うことを希望されます。向き合わないでスルーすることも許されています。しかし、そこには成長は生まれません。
その私たちに、パウロは12章の最後で、「さらにまさる道を示しましょう」と言います。「最高の道」と訳している聖書もあります。それは、最後の13節の「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番優れているものは愛です」とありますように、まさる道とは主が歩まれた愛の道です。

コリント13章1-3節は、どんなに素晴らしい賜物を与えられそれを使っていても、そこに愛がないなら何の値打ちもないと言います。何故なら私たちの信じる神は、憐み深い愛の方だからです。4-7節は憐み深い神さまの性質です。「愛は寛容であり、また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。・・」
この御言葉は神様を信じる私たちに、この性質を受け継ぐように求めます。しかし、あまりにも高い目標なので私たちはたじろぎますね。それでも、やっぱり御言葉は求めてきます。まさる道を歩め、最高の道を歩めと。なぜなら、この道は主イエスの歩まれた道であり、イエスだけではなく、神を真剣に求めるすべての者の道だからです。私たちはイエス様のように完璧に歩めませんが、目指さなければなりません。ハードル走の選手も何度も挑戦し上達していきます。

13節は性質を成長させる道を言っていますが、具体的にどう歩むべきなのかを考えてみる時に、イエス様の山上の説教を思い出します。
心の貧しい者は幸いです。悲しむ者は幸いです。柔和な者は幸いです。義に飢え渇く者は幸いです。憐み深い者は幸いです。心の清い者は幸いです。平和をつくる者は幸いです。義のために迫害されている者は幸いです。

このイエス様の要求を実行するためにはどうすればよいのでしょうか。ある方は「開かれた心を持てますように」と祈るそうです。12章で「私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして私たちの見栄えのしない器官(賜物)は、ことさらに良い恰好になります」とありました。この視点は「開かれた心」を頂かなければ持てません。神さまの恵みは隠れているからです。特に小ささの中に隠れています。
最近世界遺産群の一つになった場所に、昔の木の杭で造られた岸壁があります。その場所に行って見ると広っぱで何もありません。風化しないために土の中に埋め戻されたのです。特別のゴーグルをつけると、当時の様子が見えるようになっています。「開かれた心」は、神さまのゴーグルを頂くことです。神さまの隠された恵みは肉の目では発見できません。神さまにあなたのゴーグルで見させてくださいと願わなければなりません。

イエス様が語られたのは「貧しい人を世話する人々は幸いです」ではありません。「悲しむ人を慰める人々は幸いです」でもありません。なぜなら、世話をしたり慰めたりすることは、強さからなされることが往々にしてあるからです。私たちの間に来られたイエスによる神さまの愛が現れるのは、弱さにあります。
神の恵みは、小さく、貧しく、弱く、役に立たない、余りものと世間が見なす人々を通して与えられます。(ヘンリ・ナウエンの表現です)小さく、貧しく、弱く、役に立たない、余りものと世間が見なす人々の中に神の恵みを見出すためには、「開かれた心をお与えください」と求めなければ、そのような視点を持てないと思います。
小さく、貧しく、弱く、役に立たない、余りものと世間が見なす人々とは、どういう人々でしょうか。世界に飢餓で亡くなる人が一年間に1000万人います。国籍も人権も与えられず難民となっているロヒンギャと呼ばれている人々、ISの脅威から逃れて来ている人々などもその中に入ります。
世界の紛争と対立が貧困を生み、貧困がこの人々を生んでいます。私は日本と世界の指導者にも「神さま開かれた心をお与えください」と祈っています。世界は多くのイイジス艦と空母を持っています。それらが自国防衛と言って戦争の為の情報共有システムや戦闘機や武器や弾薬を積んで世界に出て行くのではなく、巨大な業務用冷蔵庫を積んで、現在捨てられている賞味期限切れの食料やお薬や中古の医療器具を先進国からかき集め、世界の小さく、貧しく、弱く、役に立たない、余りものと世間が見なす人々の所に、飢餓に陥っている国の人々の所に届ける平和の世界システムを考えて欲しい。そういう世界への出て行き方なら日本が給油に加わることも大賛成です。
13節の「一番すぐれているのは愛です。」この「さらにまさる道」は主から開かれた心を頂かなければ、歩むことの出来ない道です。今朝私たちは、主の道を主と共に歩むために「開かれた心を与えて下さい」と祈りたいと思います。また、日本と世界の指導者に神さまから開かれた心が与えられ、血の同盟ではなく、愛の同盟が結ばれて行くことを心から祈りたいと思います。

説教要旨  「さらにまさる道を示してあげましょう。」その道は主イエスの愛の道。小さな人となって来られた道。「そばにいてください」とあなたに求められる道。その先には十字架と復活の待つ道。同じ道を歩めと主は私たちに求められる。「心の貧しい者、悲しむ者、柔和な者、平和をつくる者」それが、信仰と希望と愛の道。この道は、キリスト者に限定されない、神が全ての人に求められる道。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。