INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「救いは無条件」 (末吉貞雄牧師)

聖 書
マタイ19章13-26節 
19:13 そのとき、イエスに手を置いて祈っていただくために、子どもたちが連れて来られた。ところが、弟子たちは彼らをしかった。
19:14 しかし、イエスは言われた。「子どもたちを許してやりなさい。邪魔をしないでわたしのところに来させなさい。天の御国はこのような者たちの国なのです。」
19:15 そして、手を彼らの上に置いてから、そこを去って行かれた。
19:16 すると、ひとりの人がイエスのもとに来て言った。「先生。永遠のいのちを得るためには、どんな良いことをしたらよいのでしょうか。」
19:17 イエスは彼に言われた。「なぜ、良いことについて、わたしに尋ねるのですか。良い方は、ひとりだけです。もし、いのちにはいりたいと思うなら、戒めを守りなさい。」
19:18 彼は「どの戒めですか。」と言った。そこで、イエスは言われた。「殺してはならない。姦淫してはならない。盗んではならない。偽証をしてはならない。
19:19 父と母を敬え。あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
19:20 この青年はイエスに言った。「そのようなことはみな、守っております。何がまだ欠けているのでしょうか。」
19:21 イエスは、彼に言われた。「もし、あなたが完全になりたいなら、帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」
19:22 ところが、青年はこのことばを聞くと、悲しんで去って行った。この人は多くの財産を持っていたからである。
19:23 それから、イエスは弟子たちに言われた。「まことに、あなたがたに告げます。金持ちが天の御国にはいるのはむずかしいことです。
19:24 まことに、あなたがたにもう一度、告げます。金持ちが神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」
19:25 弟子たちは、これを聞くと、たいへん驚いて言った。「それでは、だれが救われることができるのでしょう。」
19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。」


 パリサイ派という宗教学者達がイエス様と議論中に、幼い子ども達がぞろぞろとやって来ました。弟子達は見かねて「シーッ、先生は今大切な話をしている最中なのが分からないのか。うるさいから、あっちへ行ってなさい。この子ども達の親は一体どこにいるんだ」と叱って追い出しました。その時、イエス様は「子どもたちを私の所に来させなさい。天の御国はこの様な者たちの国なのです。」と言われました。

 子どもたちは喜んでイエス様の所に集まって来ました。子どもたちに手を置いて祝福を祈られました。皆さん、このイエス様の姿に込められた大人へのメッセージは何でしょうか、分かりますか?
あなたがたは、子どもにはまだ資格がない。まだ早いと思うでしょ。しかし、天国は彼らのものです。彼らこそが救われるのです。人はただ恵みによって救われます。(エぺソ2章5節参照)。救くわれるのに条件はありません。

 『まだ分別のつかない幼子が、何の功績も無い子どもがどうして天国に入れるのだろう。分からないなあー』と、弟子達は思いながらイエス様について行きました。そしたら一人の立派な青年がイエス様の所に来て質問しました。「先生、永遠の命を得る為には、どんな善い事をしたら良いのでしょうか」。話を聞いていると、この青年は戒めの全部を守っていました。それなのに「私にまだ満たしていない条件がありますか」と質問したのでした。

 イエス様はその青年を見て思われました『ああ、この人も救いが無条件であることに気付いていない』。弟子達は思いました。『そんなにハードルを高くしなくても、もうそれで十分じゃないですか。あんたなら永遠の命にあずかれるよ』。イエス様は青年に「あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。・・・その上で、わたしについて来なさい」。と言われました。多くの財産を持っていた青年は悲しんで去って行きました。

 青年は今日まで、救われて天国に入る条件というハードルをどんどん上げて来ました。青年はクリアし続けて来たのです。イエス様は、まず青年がハードルを上げ続けるのをストップさせる為に、あえて越えられないハードルを与えられたのです。悲しんで去って行った青年のその後について、聖書は何も伝えませんが、彼は自分の力では天国に入れないと言う挫折を今回味わいました。彼にはまずそれが必要だったのです。

 それを見ていた弟子たちは思いました。『施しと言う善行をする事も一つの天国行きのハードルだ。あの金持ちの青年は施しもしていたから、神さまに祝福されてあんなに多くの財産を与えられたに違いない。しかし、その財産の全てを施せと言うハードルを与えたイエス様は厳し過ぎるんじゃない?』。

 すると、弟子達のその思いに対してイエス様が言われました。「金持ちが天の国に入るのは難しい。ラクダが針の穴を通る方がやさしい」。弟子たちは金持ちじゃありませんから、イエス様はあの青年の事をおっしゃっていると思いました。『あの青年が絶対に天国に入れないなら、誰が天国に入れるのでしょうか。わしらみたいな凡人は絶対の絶対に入れない。いや誰も入れませんよ。ハードルが高すぎますよイエス様!』。

 するとイエス様がおっしゃいました「それは人にはできない事です。しかし、神にはどんなこともできます。」皆さん、救いは神の業です。人の業ではありません。人が出来る事はただひたすらイエス様について行く、従うことです。

 この青年と非常に対照的な事が起こりました。盲人がイエスに従いました。マタイ20章30節以下です。彼には財産がありません。その反対に身体的な障害を与えられていました。彼は人生の中で神の祝福を得られませんでした。しかしそんな彼が神をほめたたえながらイエス様の後に従いました。皆さんが何かをして救われるのではありません。神が救われるのです。ここに何によっても消えない、無くならない喜びがあります。そして、この喜びから自由に神に従う思いが育まれます。

私たちに必要なことは、あの青年のように質問することでも、条件と言うハードルを上げたり、それをクリアすることでもありません。この盲人の様に「主イエス・キリスト様、私を憐れんで下さい。救って下さい。」と主に叫ぶことです。救いは無条件なのです。今日も「イエス様、憐れんで下さい」と祈りましょう。祈りは叫びです。「主の御名を呼び求める者は全て救われます。」これは聖書が伝える約束です。ローマ10章9~13節(305ページ)を読みます。この約束を信じて、ただ主イエス・キリストの後について行きましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。