INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大切な命」 (末吉百合香牧師)

聖 書
マタイの福音書18章10‐14節
18:10 あなたがたは、この小さい者たちを、ひとりでも見下げたりしないように気をつけなさい。まことに、あなたがたに告げます。彼らの天の御使いたちは、天におられるわたしの父の御顔をいつも見ているからです。
18:11 〔人の子は、滅んでいる者を救うために来たのです。〕
18:12 あなたがたはどう思いますか。もし、だれかが百匹の羊を持っていて、そのうちの一匹が迷い出たとしたら、その人は九十九匹を山に残して、迷った一匹を捜しに出かけないでしょうか。
18:13 そして、もし、いたとなれば、まことに、あなたがたに告げます。その人は迷わなかった九十九匹の羊以上にこの一匹を喜ぶのです。
18:14 このように、この小さい者たちのひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではありません。

 今朝キリストはこんな質問を皆さんになさいます。12節、「あなたがたはどう思いますか」。ご自分が救われたことをどう思っていますか、と問われます。

百匹の羊を持っている人がいて、その中の1匹が迷い出てしまいました。その羊の持ち主は、九十九匹をそこに残して、迷った一匹を捜しに出かけます。その1匹が見つかったら、その人は迷わなかった九十九匹よりも見つかった1匹を喜びます。このように、この小さい者たちのひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではありません。

 百匹の羊を持っている人とは、神さまです。迷い出た羊とは神さまから離れて行った羊です。神さまは九十九匹がそこに残っていても一匹を捜しに行かれます。そしてこの一匹は見つけ出されます。あなたがたはこのことをどう思いますか、と今朝今一度皆さんにキリストは尋ねられます。

 聖書では神さまに見つけ出されることを救いと言います。神の救いの幸いをこの箇所の前で伝えています。読んでみましょう。7-9節「つまずきを与えるこの世はわざわいだ。・・もしあなたがたの手か足の一つがあなたがたを躓かせるなら、それを切って捨てなさい。片手片足でいのちに入る方が・・あなたにとって良いことです」
キリストが災いだと言われているのは、聖書が伝えている神さまを私たちに信じさせまいとするこの世の働きです。
また「つまずき」と何度もありますが、これも私たちを神さまの方へ行かせまいとする、イエス様を認めさせまいとする力です。
「あなたの手と足が、あなたを躓かせるなら、それを切って捨てなさい」とは、あなたの中に神さまを認めようとしないものが存在するなら、それを捨てなさいと仰います。なぜなら、神のいのちに入ることは、手と足を失っても遥かに価値あることだからです。

両手両足が揃っていても神さまから頂く命を失ってしまうなら何にもなりませんね。英語の訳では、不自由で役に立たなくなったとしても、と訳しています。たとえ自分が不自由になって役に立たない状況になったとしても(これは本当につらい状況ですよね)、神から頂く命に入る方が遥かに価値があるのです。ここで言われている「いのち」は、神さまを受け入れて歩む人生です。神さまと一緒に歩む人生です。それはどんな困難にも勝った幸いな人生です、とキリストは言われます。
 そりゃあ、両手両足揃って、身体も心も健全で命に入れるのが一番理想ですね。しかし、人生なかなかそうは行きません。あの一匹の羊は、崖から落ちて大けがをして、不自由で何の役にも立てない状態で見つけられたかもしれませんよ。でも、神さまはその羊を見つけたことを大喜びしてくださる方です。先週大規模捜索が打ち切られた次の日に、大和君見つかって本当に良かったですね。人の親があれほど喜ぶのです。ニュースを見た私たちも、本当に良かったと胸を撫でました。
キリストは「神さまがこんなにあなたを喜ばれることをあなたはどう思っていますか」と尋ねられます。

 今朝、キリストは「あなたがたはこの一匹の羊です。神さまが喜んでおられるその一匹です。おひとりおひとりは神さまの大切な人なのですよ。そのことに今朝新しく目を留めなさい。」と仰います。
「あなたの人生にはいろいろ困難があるでしょう。足踏み状態が続いているかもしれません。真っ暗なトンネルの中にいるかもしれません。しかし、あなたは神に喜ばれている人です。神の大切な人です。このことを忘れないで」と仰います。
あなたのことをどんなに大切に思っておられか、もう一箇所見てみましょうP19.マタイ10章30節「また、あなたがたの髪の毛さえも、みな数えられています」神さまは私たちのことを毎日更新されます。私たちのことを良く知っていたいとお考えです。救いに与って神様から頂いたいのち、皆さんは、どう思っておられるでしょうか。

5月の女性大会でこんな素敵なバッチを参加者に用意してくださいました。これは大会参加者というしるしです。
神様が大切に思っておられる命はキリスト者だけではありません。全ての人の命を大切に思っておられます。洗礼を受けるというのは、神に見つけ出していただいたことを喜び、神のいのちを頂いているというバッチを付けていただくことです。また、神の働きの参加者ですというしるしですね。まだ、このバッジをつけてもらっておられない方は、是非神さまにつけてもらって頂きたいと思います。

 「この小さい者たちのひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではありません。」14節
キリストは神さまのみこころの実現のために、十字架の上にご自分の命を投げ出してくださいました。
説教要旨
 今朝、キリストは「あなたがたはこの一匹の羊です。あなたがたがどの様な状況であったとしても、神さまが喜んでおられるその一匹ですよ。おひとりおひとりは神さまの大切な命(人)なのですよ。この事は他のどんなことよりも嬉しい事ではありませんか。そのことに今朝新しく目を留めなさい。」と仰います。「あなたの人生にはいろいろ困難があるでしょう。足踏み状態が続いているかもしれません。真っ暗なトンネルの中にいるかもしれません。しかし、あなたは神に喜ばれている人です。神の大切な人です。」と仰います。この神様から頂く命は、他の何ものにも代えることのできない恵みです。キリストはまだここに九十九匹残っているから、いなくなった1匹はもういいや、とは思われません。それどころか、その1匹がどんな状況にいようとも見つけ出して、そのまま喜んでくださいます。それは、あなたの事です。このキリストのことをあなたはどう思いますか、と今朝尋ねられます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。