INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仕える幸せ」 (末吉百合香牧師)

聖 書
マタイの福音書20章20‐28節
20:20 そのとき、ゼベダイの子たちの母が、子どもたちといっしょにイエスのもとに来て、ひれ伏して、お願いがありますと言った。
20:21 イエスが彼女に、「どんな願いですか。」と言われると、彼女は言った。「私のこのふたりの息子が、あなたの御国で、ひとりはあなたの右に、ひとりは左にすわれるようにおことばを下さい。」
20:22 けれども、イエスは答えて言われた。「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていないのです。わたしが飲もうとしている杯を飲むことができますか。」彼らは「できます。」と言った。
20:23 イエスは言われた。「あなたがたはわたしの杯を飲みはします。しかし、わたしの右と左にすわることは、このわたしの許すことではなく、わたしの父によってそれに備えられた人々があるのです。」
20:24 このことを聞いたほかの十人は、このふたりの兄弟のことで腹を立てた。
20:25 そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者たちは彼らを支配し、偉い人たちは彼らの上に権力をふるいます。
20:26 あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。
20:27 あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。
20:28 人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。」


 ゼベダイの子と言うのは、キリストの弟子のヤコブとヨハネの事です。その母が二人の息子が神の御国でキリストの右と左に座れるようにとお願いしました。キリストに招かれたとき、ヤコブとヨハネは漁師でした。二人は父と同じ仕事をしていましたが、網を捨てて何も持たずに直ぐに従いました。この二人がキリストに従う前に、ペテロが先に弟子になっています。ペテロは一番弟子と言われる人です。その理由は一番最初に弟子になったというだけではありません。キリストからの重要な質問に答えています。「あなたがたはわたしを誰と言いますか」するとペテロが答えます。「あなたは生ける神の子キリストです」。
これは、イエス様に対する「あなたは神の子で、わたしの救い主です」という信仰告白です。この告白に対して「あなたは幸いです。このことをあなたに答えさせたのは人間ではなく、天にいますわたしの父です」と、ペテロが告白できたのは神さまの導きであって、ペテロ自身の力によるのではない事を教えておられます。
そのペテロに16章19節でキリストは「あなたに天の御国のかぎを上げます」と約束しています。
ヤコブとヨハネの母はそのことを聞いていたのでしょう。ペテロはかぎを貰うけれど、うちの息子はどうなるのだろう。親ごころで聞いたのでしょう。「わたしのこのふたりの息子が、あなたの御国で、ひとりはあなたの右に、ひとりは左にすわれるようにおことばを下さい」

すると他の弟子たちも二人が抜け駆けをしたというので、腹を立てます。二人に負けじとキリストに詰め寄りました。「イエス様、俺の方がヤコブとヨハネよりもあなたに貢献していますよね!」と言う感じです。

 18章でも良く似た記事がありますね。弟子たちが「天の御国では誰が一番偉いのですか」と。すると「子どものように自分を低くする者が天の御国で一番偉い人です」とあります。

 先週はぶどう園で働いた人への支払の話でした。最後に雇われた者から先に支払われ、しかもその金額は朝一番に雇われた者と同じ金額でした。最後の人とは希望が持てないと考えている人でした。神さまはこの人に是非希望を持ってほしいと願われる方です。天の御国は、この世の価値観を覆す想定外の神さまの愛が実現する所です。

想定外の神の愛を実現させるために、キリストは「みなに仕える者になりなさい」と命令形で言われます。右大臣左大臣を願った母と息子二人に、「あなたがたと私が一緒に建て上げようとしている国は、仕える人しかいない国なんだよ」と仰います。

26節「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい」。原文は「もし今あなたがたの間で最強であることを願っているならば、むしろ、仕える人になることを願いなさい」27節は「あなたがたの間で一番でありたい人は、奴隷になることを願いなさい」となっています。

この世では人に仕えることは幸せとは考えません。むしろ、自分が何だかみじめな存在のように感じますね。しかし、天の御国は仕える者ばかりがいる国なのです。何故なら28節にあるように、その国の頭であるキリストがそのように振る舞われるお方だからです。
キリストは私たちを天の御国の住民とするために、ご自分が罪の奴隷となりいのちを捨てることによって、私たちに仕えて下さったからです。

さて、仕える者の幸せをお話ししましょう。
仕えるという同じ言葉がエペソの手紙にあります。P377、4章12節「それは聖徒たちを整えて、奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり」。キリストのからだというのは、キリストの教会のことです。仕える者となるのはキリストの弟子として整えられるためです。ですからキリストのからだである教会が整えられていくためには、それぞれが仕え合う者に変えられることが必要です。マタイでは「あなたがたの間では」と何度も言われていますね。それは教会ではと言う意味です。

教会で仕え合うことが実現していく時、さらに幸いな事が実現します。先程のエペソの手紙の続きの13節、「ついに、私たちがみな信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全に大人になって、キリストの満ち満ちた身丈にまで達するためです」とあります。この実現のために仕えあうのです。キリストの満ち満ちた身丈へと造り変えられるとは、何と幸いなことではないでしょうか。

「信仰の一致と神の御子に関する知識の一致」に至るまでに、キリスト教会の歴史にも沢山の反省点があります。今年の休暇では、スイスのバーゼルにあるプロテスタント教会を訪れました。そこは改革派神学者のカールバルトとゆかりのあるミュンスター教会です。彼は教会がキリストの福音を正しく信じるために膨大な本を書きました。彼の教会への貢献は計り知れません。彼は神学書を書くと言う賜物を用いて、教会に仕えました。自分の名声を広めるためではありません。そして、彼に「教会教義学」という膨大な書物を書かせたのは「いっさいのものをいっさいのものによって満たす方(キリスト)」がその賜物を彼に与えたのです。その足跡をたどることができ、私は今与えられている正しい信仰がどんなに尊いものであるかを思わされています。
私たちは神学者のような賜物は持ちえませんが、しかし、「いっさいのものをいっさいのものによって満たす方(キリスト)」によって、それぞれに満たして下さり、仕える者に作り変えて下さることを感謝したいと思います。

説教要旨
実は「天の御国では」とキリストが語るのはキリストの教会の事です。弟子たちの質問に対して答えると言う形で、キリストは教会の秩序を教えます。26節で「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい」とあるように、キリストの教会は仕える者の集まりです。その根拠は『キリストが十字架の上でご自身のいのちを与えるほどに私たちに仕えてくださった』ここにあります。そのキリストが頭であり教会はからだです。1コリ12:27。キリストは仕える者たちによって、ご自分の国(教会)を建て上げたいのです。「それは聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるため」ですエペソ4:12。教会は「いっさいのものをいっさいのものによって満たす方(キリスト)の満ちておられるところ」エペソ1:23の故に、この方によって私たちに仕える幸せが満たされます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。