INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キリストは礎の石」  (末吉百合香牧師)

聖 書
マタイの福音書21章33-44節
21:33 もう一つのたとえを聞きなさい。ひとりの、家の主人がいた。彼はぶどう園を造って、垣を巡らし、その中に酒ぶねを掘り、やぐらを建て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。
21:34 さて、収穫の時が近づいたので、主人は自分の分を受け取ろうとして、農夫たちのところへしもべたちを遣わした。
21:35 すると、農夫たちは、そのしもべたちをつかまえて、ひとりは袋だたきにし、もうひとりは殺し、もうひとりは石で打った。
21:36 そこでもう一度、前よりももっと多くの別のしもべたちを遣わしたが、やはり同じような扱いをした。
21:37 しかし、そのあと、その主人は、『私の息子なら、敬ってくれるだろう。』と言って、息子を遣わした。
21:38 すると、農夫たちは、その子を見て、こう話し合った。『あれはあと取りだ。さあ、あれを殺して、あれのものになるはずの財産を手に入れようではないか。』
21:39 そして、彼をつかまえて、ぶどう園の外に追い出して殺してしまった。
21:40 このばあい、ぶどう園の主人が帰って来たら、その農夫たちをどうするでしょう。」
21:41 彼らはイエスに言った。「その悪党どもを情け容赦なく殺して、そのぶどう園を、季節にはきちんと収穫を納める別の農夫たちに貸すに違いありません。」
21:42 イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、次の聖書のことばを読んだことがないのですか。『家を建てる者たちの見捨てた石。それが礎の石になった。これは主のなさったことだ。私たちの目には、不思議なことである。』
21:43 だから、わたしはあなたがたに言います。神の国はあなたがたから取り去られ、神の国の実を結ぶ国民に与えられます。
21:44 また、この石の上に落ちる者は、粉々に砕かれ、この石が人の上に落ちれば、その人を粉みじんに飛ばしてしまいます。」


 私たちは、自分の人生は自分のもの、自分で築き上げたと考えますね。「私の人生、私の自由にして何が悪い」と考えます。しかし、そうでしょうか。自分のものである人生のはずなのに、自分の思い通りにならないのが人生ですね。

 私たちの人生は、このぶどう園の農夫の様に主人から貸し与えられたものです。「ひとりの家の主人」と言うのは神様の事です。この主人はぶどう園を農夫たちに貸して、旅に出かけました。「旅に出かけた」というのは外国に出かけたという言葉が使われています。神様が外国に出かけるとは、地球以外の星にでも行かれたのでしょうか?かなり長い時間と言う事でしょうね。ですから、農夫は主人からぶどう園を借りている事自体を忘れてしまったのでしょう。

 現代はSNSとかで世界中誰とでも繋がれる時代になりました。今年の休暇で次男と会った時に、彼が自分の名前の由来を尋ねました。彼の「みのり」と言う名前は、ヨハネ福音書の15章16節の「実を結ぶ」と言う箇所から付けたことを話しました。食事の時でしたので私たちの手元には聖書が無かったのですが、彼は自分のスマホを出して直ぐに聖書のみことばを読むことが出来ました。便利な時代です。しかし、多くの人々は神様と繋がっていませんね。この世界と私たちを造ってくださった、聖書が伝える神さまではなくて、人間が考え出した神様や仏様と繋がっていたり、全く何にも繋っていない状態です。つまり、人間の都合の良いように生きているのが現代です。ですから、人生が神さまからの借り物だなんて思いもしないわけです。

 さて、聖書の中ではユダヤ人は特別です。主人は、旅先から彼らにだけは預言者と言う人を送って繋がっていて下さいました。にもかかわらず、預言者の忠告に耳を傾けませんでした。彼らは主人である神様を知っていながら、神様として崇めませんでした。神様からの借り物である人生を自分の物としました。

 この例えは実際のユダヤ人の歴史を伝えています。歴代下24章19-21節(769ページ)では、神様から遣わされた僕を殺しました。しかし、神様は幾度も僕を遣わしました。ネヘミヤ9章30-31節(826ページ)。

 37節、ここはこういう歴史の後でイエス様が最後の使いとして遣わされた事を伝えています。情け深く、憐れみ深い神様の最後の情けと憐れみ、それがイエス・キリストです。それなのに、39節ぶどう園の外に追い出して殺してしまいました。彼らは最後まで自分の都合の良いように行いました。
 37節は主人の最後の情けと憐れみです。最後まで農夫を信じた主人を現しています。これは愛と言い換えられますね。それでも、農夫たちは自分たちの都合のいいようにします。そのようにして主人の愛を踏みにじります。
この話を聞いたら誰だって思いますね。この農夫は悪党だと。
 さて、この例えを聞いていたのは祭司長たちとパリサイ人です。ユダヤ人の信仰を導く指導者たちです。彼らは、主人の立場に立った的を得た答えをします。「その悪党どもを情け容赦なく殺して、そのぶどう園を、季節にはきちんと収穫をおさめる別の農夫たちに貸すべきだ」と。
この例えを読みますとダビデ王の事を思い出します。聖書にダビデ王の事が記されています。彼は神さまに従った良い王様でしたが一つ間違いを犯しました。その時に神さまはダビデの所に一人の男を行かせて忠告されます。ある男がある女を自分のものにするために女の夫を戦死させ、女を手に入れた話をします。それを聞いたダビデ王は怒ってその男は死刑だ、と言います。しかし、それが自分のことだったんです。
今朝のユダヤ人の指導者たちは自分の答えが、自分たちの運命を自分で言い表すものになったことは、想定外の事でした。

42、43節で、イエス様は言われます。「家を建てる者たちの見捨てた石。それが礎の石になった」「だから、わたしはあなたがたに言います。神の国はあなたがたから取り去られ、神の国の実を結ぶ国民に与えられます」と。あなたがたこそ、まず自分がこのぶどう園の農夫だと言う事に気付くべきではありませんか、と仰います。

 イエス様はユダヤ人の指導者たちを見捨てようとしておられるのではありません。また、ギャフンと言わせたいと思っておられるのでもありません。それどころか、しっかり神様に繋がり直しなさい、神様の愛に立返りなさい、と願っておられます。その証拠にこの例えは二つ目で(28節以下で一つ)、22章に入ってまたもう一つの例えを話されています。このことは既にクリスチャンになっている私たちにも、神様に確り繋っていますか、神様が求められることに的外れに成っている所はありませんか、自分を吟味することを忘れないようにしましょうと言われているのではないでしょうか。
みなさん、そんなイエス様の言葉にもう一度注目して下さい。
42節「家を建てる者たちの見捨てた石、それが礎の石となった。」これは詩篇118篇22節の言葉です。この詩篇は神殿、神の家の歌です。ですから、家を建てる者とは神の家を建てる者の事です。

 熊本の地震で熊本城の石垣が崩れたのを見て、大変ショックでした。しかし、角の石が崩れなかったですね。角の石が残ったというのはそこが強いからでしょう。この石によって他の石との力のバランスが取られて組み合わされているからではないでしょうか。石垣の角の部分を「隅石」と呼びます。江戸時代には算木積み(さんぎづみ)という積み方が考えられ角っこの強度を高められたそうです。「隅石」の強度が増せば、石垣の安定感が増しますね。熊本城の石垣は「武者帰り」という敵の攻めに強い構造です。
「家を建てる者たちの見捨てた石、それが礎の石となった。」見捨てた石とは十字架につけられたキリストのことです。礎の石とは、親石、隅石、要石とも訳せますが、上に乗る建築物に対する重要な石の事です。つまりキリストは礎の石です。私たちの人生がこの礎の石と繋がると言う事は、最強ということです。

 初めに言いましたように、私たちは人生を自分の好きなようにしているようですが、しかし現実は思い通りになっているでしょうか。この世が与える平安は、人生の嵐や困難が無い状態です。しかし、嵐や困難なことが起こればその平安は失われます。それに対して、キリストが与える平安は外面的に嵐や困難が起こっても保たれる平安です。私たちの敵は沢山あります。病気、仕事の問題、家庭の問題、経済の問題、そして最も手ごわいのが私たちの内面にある罪の性質です。隅の石の組み方で石垣の強度が増したね。キリストと繋がることは、人生の難問を平安へと導かれるお方に繋がることです。最も手ごわい罪の性質から解放してくださるのもキリストです。

 キリストをあなたの人生と言う家の礎の石に据えて下さい。城陽教会という神の家の礎の石もキリストです。キリストによって人生も教会も完成します。キリストによって神様としっかり繋がります。

 最後に礎の石は全ての石と組み合されます。石垣の表面は大きめの石ですが、中は小さな砂利です。神様のご計画は、色々な石を組み合わせて成長させ、聖なる宮である教会をまた私たちを形成する事です。詩篇118篇23節「これは主のなさったことだ。私たちの目には不思議な事である。」キリストを礎の石としましょう。すると、神のなさる不思議なことがこの教会で、あなたの人生で起こります。

説教要旨
 ぶどう園の主人からぶどう園を借りて栽培している、これが私達の人生です。主人がその収穫の分け前に与るのは当然です。しかし、私達はこの主人の事を忘れ、借り物を自分の物としています。ユダヤ人の様に昔から主人の事を聞いていても、そのぶどう園を自分の物とする為に最後の使いである、愛する息子(キリスト)を(十字架で)殺してしまう祭司長たちと私達は同じです。「いや絶対にそんなことはない」と誰もが思いますが、これが私達だと聖書は告げます。しかし、主人である神様は私達が捨てたキリストを復活させ、私達の救い主と定め『あなたが捨てた石を礎の石(あなたの救いの石・希望の石)とした』と福音を宣言されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。