INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思いがけない日」 (末吉百合香牧師)

聖 書
マタイの福音書25章1-13節
25:1 そこで、天の御国は、たとえて言えば、それぞれがともしびを持って、花婿を出迎える十人の娘のようです。
25:2 そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。
25:3 愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。
25:4 賢い娘たちは、自分のともしびといっしょに、入れ物に油を入れて持っていた。
25:5 花婿が来るのが遅れたので、みな、うとうとして眠り始めた。
25:6 ところが、夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ。』と叫ぶ声がした。
25:7 娘たちは、みな起きて、自分のともしびを整えた。
25:8 ところが愚かな娘たちは、賢い娘たちに言った。『油を少し私たちに分けてください。私たちのともしびは消えそうです。』
25:9 しかし、賢い娘たちは答えて言った。『いいえ、あなたがたに分けてあげるにはとうてい足りません。それよりも店に行って、自分のをお買いなさい。』
25:10 そこで、買いに行くと、その間に花婿が来た。用意のできていた娘たちは、彼といっしょに婚礼の祝宴に行き、戸がしめられた。
25:11 そのあとで、ほかの娘たちも来て、『ご主人さま、ご主人さま。あけてください。』と言った。
25:12 しかし、彼は答えて、『確かなところ、私はあなたがたを知りません。』と言った。
25:13 だから、目をさましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないからです。


 皆さん、ノーベル賞の祝宴に勝るこの礼拝にようこそおいで下さいました。神さまの招かれる礼拝がそれほど素晴らしいものであることを先週聞きましたね。

今朝の例えは、終末の例えです。24章3節で弟子たちがイエス様に尋ねています。「お話し下さい。いつ、そのようなことが起こるのでしょう、あなたの来られる時や世の終わりには、どんな前兆があるのでしょう。」と。
様々な前兆が起こることを話された後、35節で「この天地は滅びます。しかし、わたしの言葉は決して滅びません。ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ、父だけが知っておられます。」とあります。
 
 さて、例えの内容は花婿を迎える十人の娘たちのことです。ユダヤでの婚宴は夜に行われました。花嫁の家で花嫁とその友人たちが花婿を迎え、それから、夜道を照らしながら婚宴会場に向かいます。十人の娘も、花婿と一緒に婚宴会場に行くのです。

 まず、1節を注目して下さい。天の御国はというのは、ここでは終末においてはということです。花婿はイエス・キリストです。
「花婿を出迎える」このことが重要になります。

 日が暮れて、すっかり暗くなったら花婿がやって来る予定です。
しかし、どうしたのでしょうか、花婿は中々到着しません。みんな、うとうとと眠ってしまいました。起きていなさいと言われていたと思いますよ。
ちょっと娘たちのその日の様子を想像してみましょう。朝からエステに行ってマッサージをうけ、特にお化粧ののりがいいように顔は念入りにしてもらったでしょうね。花婿と一緒に婚宴会場に行くのですから。一日中わくわくしてその夜を迎えたでしょう。信仰をもった最初の頃はこうだったでしょ。しかし、何時間も待つうちに夜中になって、眠ってしまいます。

眠ってしまうと言えば、ゲッセマネの園で弟子たちがイエス様から起きて一緒に祈ってくれと言われたのに、夜中になって眠ってしまいました。このレリーフはドイツの多くの教会やスイスのバーゼルのミュンスター教会にもありました。弟子たちの失敗を教訓にすると言う事なのでしょう。

黙示録にはイエス様が「見よ、わたしは直ぐに来る」と言われています。ところが、100年近く経ってもまだイエス様は来ない。マタイの福音書が書かれたのがこの頃です。花婿が遅れるというのは、その事を伝えています。

みんながうとうとと眠った時に、「そら、花婿だ。」と誰かが叫びます。
十人の娘たちはびっくりして飛び起きます。前の24章44節に「だから、あなたがたは用心していなさい。何故なら、人の子は思いがけない時に来るのですから。」50節「そのしもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます」とあります。終末は思いがけない日の思わぬ時間にやって来ます。今年は2016年、教会は2000年間キリストの再臨の日を待ち続けています。

さて、十人の内、五人が愚かで後の五人は賢いとイエス様は言われます。でも、全員が眠ってしまったんですよね。ゲッセマネの時と違って、今回はその事を問題にされませんし、批判もされていません。

娘たちは暗くなったので、それぞれのともし火を付けました。もうイエス様はおいでになると考えてともし火を付けました。ランプの中の油は少しずつ減って行きます。眠っている間にもどんどん油は減って行きます。油が減って行く時間という時間は、神様が終末を遅らせておられる時間です。
先週の箇所を思い出して下さい。22:4「何もかも整いました」10節「宴会場はいっぱいになりました」神さまの救いの計画は完成し、救われた人でいっぱいになったのです。もう、終末は来てもいいのです。ところが、神様は、「ちょっとそこを詰めて詰めて、窮屈かもしれないけどもうちょっと詰めればまだまだ入れます」と仰います。神さまには有能な会場係の天使がいるのです。最大限の人々を神さまの婚礼会場に入れたいのです。それで、終末を遅らせておられます。

最後に愚かな五人と賢い五人ですね。終末が遅れている間に、五人の油がほとんどなくなりました。婚宴会場までの油が足りません。後の五人は別の容器に油を余分に買っていたので十分足ります。足りなくなった娘たちは、油を持っている娘たちに分けてくださいと頼みます。すると9節「お店に行って、自分のを買いなさい」と言われています。この油とは何でしょうか。「自分の分を」と言われていますね。たとえ賢く優しい五人であっても、これだけは他の人に分けられないものです。それは「信仰」です。神さまの福音は他者に伝えることが出来ます。福音の喜びも分かちあうことが出来ます。しかし、その人自身の信仰はひとりひとりが神さまから直接与えられるものです。信仰は神さまへの信頼です。ですから、それはひとりひとりが持つものなので、分けることはできません。油の足りなくなった五人は長い間待っている間に、神様との直接の関係を持たなくなっていたのでしょうか。

花婿を出迎えるためには信仰のともし火が大切です。信仰(ともしび)を燃やし続けるためには油が必要です。3節の「油の用意をしておかなかった」とは、何でしょうか。信仰の継続です。終末は思いがけない日に来ます。信仰を中断している時に、終末が来るかもしれません。
人間の身体は毛細血管の塊だそうです。老化現象と言うのは、毛細血管がゴースト化して消えて行く現象だそうです。それを防ぐためには毛細血管に常に血液が流れるようにすることです。それには体を動かすことが重要です。
信仰が老化しないために、信仰の毛細血管がゴースト化しないために、必要なこと。それは、「主よ、来てください」「マラナ・タ(アラム語)」1コリ16:22と常に終末を意識することです。何時、キリストがおいでになっても良いように、信仰を継続させることです。終末は思いがけない日の思わね時間に来るからです。

説教要旨
花婿を出迎えるためには信仰のともし火が大切です。信仰(ともしび)を燃やし続けるためには油が必要です。3節の「油の用意をしておかなかった」とは、何でしょうか。信仰の継続です。終末は思いがけない日に来ます。十人の内の五人は待つ間に、信仰を中断してしまいました。信仰は毛細血管のようなものです。信仰が老化しないために、信仰の毛細血管がゴースト化しないために、必要なこと。それは、「主よ、来てください」「マラナ・タ(アラム語)」1コリ16:22と常に終末を意識することです。何時、キリストがおいでになっても良いように、信仰を継続させることです。終末は思いがけない日の思わね時間に来るからです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。