INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誕生・出産・死」 (末吉貞雄牧師)

聖 書
創世記5章1-32節 
5:1 これは、アダムの歴史の記録である。神はアダムを創造されたとき、神に似せて彼を造られ、
5:2 男と女とに彼らを創造された。彼らが創造された日に、神は彼らを祝福して、その名をアダムと呼ばれた。
5:3 アダムは、百三十年生きて、彼に似た、彼のかたちどおりの子を生んだ。彼はその子をセツと名づけた。
5:4 アダムはセツを生んで後、八百年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:5 アダムは全部で九百三十年生きた。こうして彼は死んだ。
5:6 セツは百五年生きて、エノシュを生んだ。
5:7 セツはエノシュを生んで後、八百七年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:8 セツの一生は九百十二年であった。こうして彼は死んだ。
5:9 エノシュは九十年生きて、ケナンを生んだ。
5:10 エノシュはケナンを生んで後、八百十五年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:11 エノシュの一生は九百五年であった。こうして彼は死んだ。
5:12 ケナンは七十年生きて、マハラルエルを生んだ。
5:13 ケナンはマハラルエルを生んで後、八百四十年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:14 ケナンの一生は九百十年であった。こうして彼は死んだ。
5:15 マハラルエルは六十五年生きて、エレデを生んだ。
5:16 マハラルエルはエレデを生んで後、八百三十年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:17 マハラルエルの一生は八百九十五年であった。こうして彼は死んだ。
5:18 エレデは百六十二年生きて、エノクを生んだ。
5:19 エレデはエノクを生んで後、八百年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:20 エレデの一生は九百六十二年であった。こうして彼は死んだ。
5:21 エノクは六十五年生きて、メトシェラを生んだ。
5:22 エノクはメトシェラを生んで後、三百年、神とともに歩んだ。そして、息子、娘たちを生んだ。
5:23 エノクの一生は三百六十五年であった。
5:24 エノクは神とともに歩んだ。神が彼を取られたので、彼はいなくなった。
5:25 メトシェラは百八十七年生きて、レメクを生んだ。
5:26 メトシェラはレメクを生んで後、七百八十二年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:27 メトシェラの一生は九百六十九年であった。こうして彼は死んだ。
5:28 レメクは百八十二年生きて、ひとりの男の子を生んだ。
5:29 彼はその子をノアと名づけて言った。「主がこの地をのろわれたゆえに、私たちは働き、この手で苦労しているが、この私たちに、この子は慰めを与えてくれるであろう。」
5:30 レメクはノアを生んで後、五百九十五年生き、息子、娘たちを生んだ。
5:31 レメクの一生は七百七十七年であった。こうして彼は死んだ。
5:32 ノアが五百歳になったとき、ノアはセム、ハム、ヤペテを生んだ。

皆さん、この系図の年齢の数で驚かないで下さい。また、この数字を解読する必要もありません。古代メソポタミヤや他の遺跡からノアの方舟物語の様な洪水物語を記した文書が発掘され、そこに必ず系図があります。例えばシュメール人の系図は洪水前に8名の王が24万1千年間統治していたと記録されているそうです。単純計算で一人が平均3万年生きたことになります。創世記の系図で最長寿は27節のメトシェラで969歳です。太古の王たちはその30倍以上です。内容に政治的な意図も無く当時としては馬鹿にされる内容だったに違いありません。しかし、何と評価されようとも、聖書はこのアダムの系図を伝えて来ました。そこに神から人間への大切なメッセージが示されているからです。

 ノアの方舟と一般に呼ばれる物語が6章から始まりますが、本来は洪水物語と呼ばれるのが正しいです。神様はどんどん離れて行く人間の歴史に、『人間は神によって造られ、存在させられ、導かれている、あなたはそれをどうとらえていますか』という内容の楔の様なものを深く打ち込まれました。それが洪水物語のメッセージなんです。この問い掛けに対する人間の応答を待たず、神様は洪水後も人間を祝福し続けました。10章以下の系図がその証拠です。にもかかわらず11章で人間はバベルの塔を天にまで届かせようと神に対抗しました。それでも神は人間を滅ぼさないで、諸国の民として地上に分かれる様になさいました。5章の系図は、私達人間は神に創造された被造物で、この神を神としてあがめる事が、無くてならない事であると、皆さんに伝えています。

この系図を二つに分ける事ができます。常に固定した内容と変化する内容です。固定した内容は誕生、出産、死です。変化する内容は名前と年齢(数字)です。皆さん、私たちの人生はこの二つの内容で構成されています。変化する名前と年齢は、一人一人が異なる人生を生きている事を表しています。私達は変化するものに目が奪われます。世の中もこの変化するものの事で忙しくしています。特に数字に目が奪われますね。

 しかし、今日ここで皆さんが目を留めるべきところを、この系図は示しています。それは変化しない誕生、出産、死です。これは神に創造された被造物の本質的な部分です。王様であろうが無名の市民であろうが本質は同じです。この三つに関わられる創造者に目を留めるよう勧めています。あなた自身の誕生、あなたが立ち会った誕生、死は二つあります。あなたが立ち会った死、そしてあなた自身の死に目を留めて下さい。そこはあなたの創造者が関われる所です。その意味でそこは100%委ねる事ができる所です。恐れや不安を感じるでしょう。しかし委ねてよい所、いや委ねるべき所です。これがこの系図のメッセージです。救いですね。

 最後に系図の一か所目に留めましょう。3節「アダムは百三十年生きて、彼に似た、彼のかたちどおりの子を生んだ。」とあります。これは1節の「神は人を創造されたとき、神に似せて彼を造られ、」と対比されています。人間は神と向かい合い、神の語り掛けに答え、人格的なつながり、絆を持つ事が可能なように造られています。それがアダムの子孫にも受け継がれ、そしてあなたにも受け継がれています。
 もう一つ受け継いでいるものがあります。アダムに似た所です。神から身を隠したアダム、「あなたがわたしのそばに置かれたこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」と神に不平を言ったアダム、そういう神との隔たり(罪)も一緒に受け継いでいます。皆さん、私たちはどうしても神様との関係回復(救いとはこの事ですね)が必要な人間なんです。

新約聖書ローマ7章19節21節24節25節(300)「私は、自分がしたいと思う善を行なわないで、かえって、したくない悪を行なっています。・・・私は、善をしたいと願っているのですが、その私に悪が宿っているという原理を見出すのです。・・・私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。」

 皆さん、私たちはどうしても神様との関係回復が必要な人間なんです。
神様を悲しませる事はありませんか。算盤で数えてみて下さい。それを御(五)和(八)算にして下さい。ローマ五章八節「しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちの為に死んでくださったことにより、神は私たちに対する御自身の愛を明らかにしておられます。」愛は関係回復、和解のことですね。神様にあなたの人生を全く委ね切れることですね。未信者の方々「神の和解を受け入れなさい」。信者である兄弟姉妹「神の恵みをむだにうけないようにしてください」。人生の事々において、変わらないものに、あなたの創造者が関われる所に目を留めて下さい。そしてイエス・キリストが神との関係を回復させて下さいます。この神に委ね切れる所が救いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。