INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神に導かれて」  末吉貞雄師

聖 書
マタイ2章1~12節 
2:1 イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
2:2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」
2:3 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。
2:4 そこで、王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。
2:5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。
2:6 『ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。わたしの民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。』」
2:7 そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。
2:8 そして、こう言って彼らをベツレヘムに送った。「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。」
2:9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。
2:10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
2:11 そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。
2:12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

 皆さん、新しい年の出発に当たり、今読んで頂いた聖書に出て来る東方の博士に注目して下さい。彼らは幾多の競争を勝ち抜いて王様お抱えの星博士になりました。星の観察から王様に未来の情報を伝えるエリート職です。現在の首相補佐官の様なものを想像して下さい。衣食住、医療、年金、福祉、介護等、全領域において安定した生活保障を将来まで約束されていたと思います。しかし、彼等は発見した新しい星のためにそれらを捨てて旅立ちました。なぜそうしたのでしょうか。

 発見した星が新しい王様の誕生を知らせるものだったからでした。その王様は特別な王様で、今仕えている様な一国の王様でも、幾つもの国が合併して出来た大国の王様でもありません。世界の全てと歴史を支配し、平和をつくり、人間を悪より救う、「キリスト・救い主・メシア・神の子」と呼ばれる王様です。それで博士たちは、約束された生活保障を捨てても、この王様にお仕えすることが最優先と判断しました。

 当時多くの人は「ローマの皇帝がその王様だ」と言っていました。しかし、ローマ皇帝が作る平和は、世界の一部の人だけの平和でした。博士たちはそれに気付いていました。色々な辞典や文献を調べた結果、その王様キリストはユダヤ人の王として生まれることが分かりました。ところがローマ帝国は植民地だったユダヤの国の王にヘロデを任命していました。ユダヤ人から見たらヘロデは本当の王ではありません。ヘロデは人の命を軽視する恐ろしい人と言う噂もありました。そんな事情も知った上で博士たちはヘロデ王に「ユダヤ人として生まれた王はどこにいるか」と聞きました。危険を冒してもこの王様キリストにお仕えすることが最優先すべきである、と判断したから彼らは勇気を出して聞きました。

 時代が違いますから皆さんは王様に仕える事はありませんが、この一年何かに仕えますか。仕えると言われてもピンと来ませんから言い代えましょう。皆さん、この一年何の支配の中を歩まれますか。例えば力、お金、運勢、・・・。博士たちの様にキリストの支配の中を歩みませんか。ヘロデ王は力の支配の中を歩んでいました。ですから8節の言葉には『赤ん坊のうちに、そのユダヤ人の王と言われる者を始末しておこう』と言う悪巧みが潜んでいました。

 9節、博士たちはこの王の言葉を聞いて思ったでしょうね。人間って、その人が何に支配されるかによって決まるんだなあー。人は自分が支配する事に目を向けて一生懸命です。人間関係を考えて見たら分かります。家庭、学校、会社、・・・みんな支配権を狙っていますね。デジタルなゲームも支配権の争奪です。が、何に支配されるのかは考えていませんね。

 昨年ニュースで話題に、覚せい剤や大麻などに支配された人、お金儲けに支配された企業や政治家等がありましたね。私達自身も目をつぶって思い起こしますと、自分が望む良い事を行なわず、反対に悪い事をさせようと言う力の支配を感じる時がりますね。他人の事を批判できない自分自身の現実を博士たちも感じていたはずです。こういう現実から人間は救い出せるのでしょうか。無理な事ですね。ヘロデ王と会う事で彼らはもう一度、人間の現実に直面しました。

 しかし、博士たちは新たな王キリストに支配して頂くために出発しました。彼らは本当に仕えるべきお方、本当に支配されるべきお方の所へ一歩踏み出したのです。『この方なら救いようのない私でも救い出すことができる。捜しに行こう』。すると祖国で発見した星が現れて彼らをキリストのおられる所まで先導したのでした。

 皆さん、あなたは誰の支配の中をこの一年歩まれますか。キリストの支配の中を歩む為に一歩前に進みましょう。そしたら神様は先導して下さいます。羊飼いが羊を先導する様に、昼は雲の柱夜は火の柱が荒野を旅する神の民を先導した様に。夢で「ヘロデの所に戻るな」と戒められたとあります。先導はキリストに贈り物を献げた後も続きます。神に導かれる者の喜びはこの上ない喜びです。

 「あなたの みことばは 私の足のともしび 私の道の光」。これは神様に導かれた人が作った詩です。星の代わりに聖書の「みことば」があなたを導きます。2017年、教会の礼拝に出席して下さい。聖書を読んで下さい。祈り会や信仰入門クラス、家庭集会で、聖書の解き明かしに与って下さい。二人または三人が御言葉を聞く為に集まる、そんな集りを作って下さい。そこに牧師を招いて下さい。牧師はみことばを伝える為に皆さんに遣わされています。

2017年、色々な支配があなたを覆い「ああ、自分は潰される」と見える事がありましても、キリストの愛の支配からあなたを引き離すものは一つとして存在しません。キリストはあなたを買い取る代価として、十字架で自分の命を身代わりで支払って下さいました。あなたの主人、あなたを支配されるのはキリストです。今、私たちを死は支配していると見えます。しかし死に打ち勝つ為にキリストは最初に死人の中から甦った人となられました。将来、私たちはその後に続きます。だから、私たちは信仰を持って歩みましょう。見えるものにではなくて、見えないものに目を注ぎましょう。キリストの支配の中を歩みましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。