INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇に光を」 末吉貞雄師

聖 書
ルカ1章5-25節
1:5 ユダヤの王ヘロデの時に、アビヤの組の者でザカリヤという祭司がいた。彼の妻はアロンの子孫で、名をエリサベツといった。
1:6 ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行なっていた。
1:7 エリサベツは不妊の女だったので、彼らには子がなく、ふたりとももう年をとっていた。
1:8 さて、ザカリヤは、自分の組が当番で、神の御前に祭司の務めをしていたが、
1:9 祭司職の習慣によって、くじを引いたところ、主の神殿にはいって香をたくことになった。
1:10 彼が香をたく間、大ぜいの民はみな、外で祈っていた。
1:11 ところが、主の使いが彼に現われて、香壇の右に立った。
1:12 これを見たザカリヤは不安を覚え、恐怖に襲われたが、
1:13 御使いは彼に言った。「こわがることはない。ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネとつけなさい。
1:14 その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、多くの人もその誕生を喜びます。
1:15 彼は主の御前にすぐれた者となるからです。彼は、ぶどう酒も強い酒も飲まず、まだ母の胎内にあるときから聖霊に満たされ、
1:16 そしてイスラエルの多くの子らを、彼らの神である主に立ち返らせます。
1:17 彼こそ、エリヤの霊と力で主の前ぶれをし、父たちの心を子どもたちに向けさせ、逆らう者を義人の心に立ち戻らせ、こうして、整えられた民を主のために用意するのです。」
1:18 そこで、ザカリヤは御使いに言った。「私は何によってそれを知ることができましょうか。私ももう年寄りですし、妻も年をとっております。」
1:19 御使いは答えて言った。「私は神の御前に立つガブリエルです。あなたに話をし、この喜びのおとずれを伝えるように遣わされているのです。
1:20 ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、おしになって、ものが言えなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」
1:21 人々はザカリヤを待っていたが、神殿であまり暇取るので不思議に思った。
1:22 やがて彼は出て来たが、人々に話をすることができなかった。それで、彼は神殿で幻を見たのだとわかった。ザカリヤは、彼らに合図を続けるだけで、おしのままであった。
1:23 やがて、務めの期間が終わったので、彼は自分の家に帰った。
1:24 その後、妻エリサベツはみごもり、五か月の間引きこもって、こう言った。
1:25 「主は、人中で私の恥を取り除こうと心にかけられ、今、私をこのようにしてくださいました。」
 
 この世の中は力ある者が支配します。ヘロデがユダヤの王であった時代は、その最たる時代でした。「全ての道はローマに通ずる」と世界中で言われる程にローマ帝国の力が圧倒した時代でした。ローマ皇帝は神と崇められていました。その皇帝に目を留めてもらうためなら何でもして来たヘロデが、やっと念願のユダヤの王という称号を頂いてユダヤ地域の頂点に立った時代でした。そんなヘロデは神を恐れない人になっていました。在任中に東方の博士たちから、新しいユダヤの王キリストが生まれた、と言う占いの話を聞いた時にヘロデ王は不安を覚え、誕生地付近の1歳以下の幼児を皆殺しにする命令を出しました。

 このヘロデ王の姿は当時の時代を反映しています。神様の事、すなわち具体的には、神様が愛する一人ひとりの命の事が、端っこに追いやられていた時代でした。私たちはこれを聖書の時代の過去の事として眺めることもできますが、目を大きく開いて、今の私たちの回りで何が起こっているのかを見る時に、優先順位がおかしくなっているユダヤの王ヘロデの時と現代が同じであることに気付きます。

 そんな中でザカリヤは祭司をしていました。礼拝者を代表して神殿の一番奥に一人で入って行って香をたいて、その香りを神に届ける祭司の仕事は、神様を、すなわち最初に言いました、神様が愛する一人ひとりの命を最優先する事をその時代に示す仕事でした。その仕事もそろそろ引退で夫婦の人生も終わりに近づいていました。しかし、非常に残念なことがありました。神様が彼の妻エリサベツの胎を閉ざされたことでした。彼らの人生には楽しい事もありました。嬉しい事もありました。しかし、いつもこの闇が二人の上を覆っていました。『神様を最優先して来たのに何でやろ?』。しかし神様は沈黙しておられます。『神様を最優先して来たが無意味な事ではなかったか?』心の中でそんな声が聞こえて来ます。

 皆さんも人生で同じ思い、心の声を聞く時がありますね。理由が分からない。意味がはっきりしない。そう言うもやもやしたもの、それが闇です。更に『死んだらもう何もかも終り』と死がそれに追い打ちを掛けます。それで年をとって人生も終わりに近づくと『もうそんなことどうでもええわ』と言うことになります。しかし、神の沈黙が破られました。闇に光が差し込んだのです。年老いたザカリヤとエリサベツに子どもが与えられます。この奇跡の体験を皆さんが経験するのではありません。この体験からザカリヤ夫婦が発見した事を、今日皆さんに気付いて頂きたいのです。
 
ザカリヤが発見した事は「そのあわれみにより、日の出が いと高き所から、われわれを訪れ、暗黒と死の陰にすわる者たちを照らし」た事でした。「日の出の訪れ」とは暁のことで、正確には夜明けから明け方、東雲、曙と続きます。私は中学2年の夏に北アルプス白馬岳に登りました。山頂小屋で一泊して次の日の朝、日の出よりづっと前、真っ暗な時間に起こされました。なぜ先生はそんなに早く起こしたのでしょうか。御来光だけではなくて、未明から夜明け、明け方、暁、東雲、曙という一連の流れを見せたかったからです。懐中電灯を消して、どこから太陽が出るのだろうかと、キョロキョロ真っ暗な闇を眺め続けました。すると突然東の空が白け出します。よーく見ていないと見逃します。未明から夜明けに変わる瞬間です。そして、徐々に明るくなり、東の空が茜色がかり東雲になり、太陽の上端が出て日の出、そして、光の線が大空に向かって走ります。曙です。太陽が昇って行きます。

 ザカリヤとエリサベツが経験したのは、人生と言う闇の空において、未明から夜明けに変わった瞬間でした。まだ日の出ではありません。しかし、この動きはもう誰によっても何によって止められません。エリサベツも発見した事を伝えています。『主なる神が心に掛けて下さっていた』。私たち人間の現実は神の沈黙という闇で覆われています。『しかし、心に掛けて下さっている』という光をエリサベツは発見しました。

 皆さん、ナザレン教会でよく歌われる聖歌に「未だ見ぬ地」があります。その歌詞の中で「暁に太陽、などて沈むべき」という折り返しがあります。暁の太陽は消えたり、引っ込んだり絶対にしません。闇は無くなり新しい日が必ず始まります。イエス・キリストを信じる者の希望はこの暁です。キリストは私たちと同じこのからだをもって生まれ、このからだを生きられました。それも神を優先して、すなわち神が与えた一つ一つの命を優先して、神に期待して、神に信頼して、人間の闇の中を生きられました。具体的にローマ帝国総督ポンテオピラトの下で苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府に下られました。キリストは闇の中に消えて行きました。

 しかし、神はそのキリストを死人の中から甦らせて神の右の座、世界を裁く審判者の座に着かせられ、人間の闇に暁の光をもたらされました。皆さん、あなたの人生にも闇がありますね。しかし、イエス・キリストはその闇を照らす夜明けの光です。もし、あなたがキリストをあなたの救い主として、あなたの人生に迎えるなら、あなたにも夜明けが来ます。「先生、こんな年寄りに夜明けですか。私は日が暮れる様な者です」と思われる皆さん、確かにあなたの回りにはまだ闇があります。しかし、イエス・キリストを信じる者の人生は夜明けなのです。誰が何と言おうとも、何がどうなろうとも、たとえ最悪の状態に見えても、夜明けなんです。これは確かなんです。この希望を持って、ここからそれぞれの生活の場へ向かいましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。