INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「主よ、憐れみ給え」 (末吉百合香牧師)

聖 書
マルコ10章46節-52節
10:46 彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。
10:47 ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。」と叫び始めた。
10:48 そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください。」と叫び立てた。
10:49 すると、イエスは立ち止まって、「あの人を呼んで来なさい。」と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている。」と言った。
10:50 すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。
10:51 そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」
10:52 するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。

 昔、京都からお伊勢さんや高野さんへお参りに行くのに、奈良街道を南下したそうです。城陽教会から水渡神社参道を下り、JRの踏切を渡り、貯め池を横に過ぎて最初の信号のある交差点に出ます。そこを交差している道が奈良街道です。エルサレム参りの為にも街道が出来ました。イエス様もその街道を歩いてエルサレムに向かいました。そして途中の町々で色々な人と出会われました。とうとう最後の町エリコに着きました。ルカ福音書はイエス様がその町でザアカイという男と出会い、彼を救われた話を伝えています。

 しかし、今日読んで頂きましたマルコ福音書はエリコでは何もなかった様に、イエス様一行がエリコを出発します。そして次は目の前の山の上にあるエルサレムです。そこでは十字架が待っています。さあー、ここからは登りです。きっとイエス様は先頭を勢いよく登って行かれたと思います。

 その時です。後ろから『ダビデの子のイエスさま、わたしを憐れんで下さい』という叫び声がしました。テマイの子バルテマイです。かつて後ろからイエスさまの着物の裾を触った女性の様に彼も必死でした。イエス様は立ち止って「あの人を呼んで来なさい」と言われました。この出会いに皆さんへのメッセージが隠されています。

 この出会いは道端で起こりました。道端とは川の流れに例えると、中央の良く流れている所ではなくて、水際のことです。街道の真ん中を弟子達と、イエス様の奇跡を見たり、話を聞いたりした多くの群集は、ドドッと流れて行きます。

 教会生活をしていると、そういう流れに乗っている様な、みんなと一緒に流れているという感じの時がありますね。城陽教会のいつもの流れに乗っている、そんな安心感、居心地の良さというものがありますね。来年の春に50周年を迎える城陽教会らしさというものもありますね。さて皆さんエルサレムに向ってドドッと流れる弟子達と群集の中で、あることが起こりました。
「イエス様は、今そんな水際の事なんかに目を留める場合ではない」。そんな思いを持って、大勢の人がバルテマイをたしなめ黙らせようとしていました。その時に突然イエス様が立ち止られたのでした。

 50年たっても100年たっても教会が見過ごしてはならないこと、皆さんが立ち止まらなければならないこと、それがここにある、この道端で起こっている。これが今日のメッセージです。

 皆さんここで何が起こっているのでしょうか。イエス様の話も、その恵みの御業も見たことの無い、今で言うなら教会に一度も来たことの無い人が、叫び出したのです。「ダビデの子のイエスさま、わたしを憐れんで下さい」。

キリスト教会は礼拝で2000年間信仰を伝えて来たと言って良いぐらい礼拝は重要です。しかし皆さんそれぞれが聖書を手元においておられるような礼拝はつい最近まで出来ませんでした。つい最近と言いましても二、三百年ということです。その代わりに建物の形や絵や彫刻、ステンドグラスが聖書の代わりをしていました。目でみたり、手で触ったり、肌で感じたり、そして耳で聞く聖書として教会は音楽家にミサ曲を作らせました。ヘンデルとか、バッハとか、モーツアルトのミサ曲は有名です。楽器の演奏と歌で聖書のメッセージを表現します。聖書をミュージカルにした様なものです。

その中で必ず歌われる言葉があります。ラテン語で「キリエ、エレイソン」です。私たちの礼拝ではクリスマスに歌う「荒野の果てに」の中に受け継がれています。「グローリア」と「インエクセルシスデーオ」です。この二つの言葉もミサ曲の中で必ず歌われます。「キリエ、エレイソン」は礼拝の最初の方で歌われます。説教題の「主よ、憐れみ給え」がその意味です。

 これから礼拝が始まりますが、ここに私が立てるのは、ただ神のあわれみによってです。この教会の流れの中に私がいるのは、ただ神のあわれみによってです。今日もまず『主よ、私を憐れんで下さい』。「キリエ、エレイソン」そうみんなで歌います。皆さんこれはバルテマイの叫びから始まりました。
  憐れまれる事は好まれません、同情されるのは嫌なものです。「自分の事なんか誰も分かるはずが無い」そう思うからです。しかし、ここで言う「あわれんで下さい」とは、行き詰まってもう神に頼るしかないと言う、神様への信頼が表されています。

キリストに従って来た群衆が、バルテマイを叱って黙らせようとしました。なんと言う事をするのだろうと思わるでしょう。しかし、これと同じ事を今の私達もしていないだろうか?と問われている所でもあるのです。私達は神の憐みによって今ある事を忘れていませんでしょうか。人減はそれを忘れがちなので毎週のミサで「キリエ、エレイソン」と教会は歌って来たのです。そう歌ってきた教会ですが、その歴史を振り返ると憐みの無い事も行って来た現実があります。口で歌うだけでは不十分なんですね。聖霊に導いて頂いて造り変えられる必要があるのです。

 さて、バルテマイの次はイエス様の言葉に注目して下さい。「わたしに何をして欲しいのか」。今日この言葉は皆さんにも語られています。私達はその反対の事「わたしは何をしたらよいのですか」をまず考えていませんでしょうか。

 エリコに着く前、17節でイエス様はひとりの人と出会っておられました。彼はバルテマイと正反対でした。彼はイエス様に走り寄り、つまり道端ではなくて道の真ん中で、御前にひざまづいて「尊い先生、永遠の命を自分のものとして受ける為には、私は何をしたらよいのでしょうか」と尋ねました。バルテマイはイエス様の後について行きましたが、彼は去って行ったのです。ショッキングな出来事でした。

 バルテマイと彼を比較してどこが違っていたのでしょうか。彼は素晴らしいものを沢山持っていました。バルテマイは物乞いでした。彼は信仰の事は何でも良く知っていました。バルテマイは無学でした。しかし皆さん、これらの違いは大した問題ではありません。問題なのは「主よ、このわたしをあわれんで下さい」と言う姿勢です。

最後にもう一つの言葉に注目して下さい。「主よ、あわれんで下さい」とバルテマイが言っているのに、イエス様は「わたしに何をして欲しいのか」と聞き返されました。これは「あなたの思い願い、知って欲しいこと、分かって欲しいことは何ですか」と言う質問です。彼は答えました「目が見える様になることです」。盲目のままで生きる事がどんなに辛いか、イエス様この私の事を分かって下さい、と言う思いがこの言葉の中に凝縮されています。そして、奇跡が起こります。

皆さん、病気が癒された。障害が除かれた。そう言う奇跡を起こしてもらって御利益を受けた場合、お礼をしたり、その人を支援したり、教祖のごとく持ち上げたりはするかもしれませんが、従うと言う事は無いと思うのです。「私に従って来なさい」とも言われていないのにバルテマイはイエス様に従って行ったのです。「ああ、昔、道端でイエス様に叫んだ物乞いがいたなあ」で終わらなかったのです。イエス様が天に帰られた後、教会によってこの福音書が綴られた時に、教会のメンバーは「テマイの子バルテマイ」と言えば「あっ、あのバルテマイさんね」とみんな知っていた。つまり、彼はずーと従い続けたのでした。

 彼をその様に変えたのは何でしょうか。最後に一か所聖句を紹介します。ローマ9章16節303ページ「事は人間の願いや努力によるのではなく、あわれんでくださる神によるのです」。『熱心な信者さんですね。立派な信者さんですね』とか言われても、バルテマイは常に自分の信仰の原点を忘れませんでした。あわれみを受ける事からすべてが始まります。

お祈りします。
天の父なる神様、どうか、この私を憐れんで下さい。あなたの憐みによって私を生かし、私も憐み深い者に造り変えて下さい。城陽教会が憐みを決して忘れる事の御座いませぬ様にして下さい。そして、この憐れみ深いキリストを証できますように助けて下さい。

では、皆さんもその場でお祈りください。しばらく、黙祷します。
・・・・
皆さんの祈りに合わせて イエス・キリストの名によって祈ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。