INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 神の時を待て 」 (末吉貞夫師)

聖 書
ルカ1章5-25節
1:5 ユダヤの王ヘロデの時に、アビヤの組の者でザカリヤという祭司がいた。彼の妻はアロンの子孫で、名をエリサベツといった。
1:6 ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行なっていた。
1:7 エリサベツは不妊の女だったので、彼らには子がなく、ふたりとももう年をとっていた。
1:8 さて、ザカリヤは、自分の組が当番で、神の御前に祭司の務めをしていたが、
1:9 祭司職の習慣によって、くじを引いたところ、主の神殿にはいって香をたくことになった。
1:10 彼が香をたく間、大ぜいの民はみな、外で祈っていた。
1:11 ところが、主の使いが彼に現われて、香壇の右に立った。
1:12 これを見たザカリヤは不安を覚え、恐怖に襲われたが、
1:13 御使いは彼に言った。「こわがることはない。ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネとつけなさい。
1:14 その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、多くの人もその誕生を喜びます。
1:15 彼は主の御前にすぐれた者となるからです。彼は、ぶどう酒も強い酒も飲まず、まだ母の胎内にあるときから聖霊に満たされ、
1:16 そしてイスラエルの多くの子らを、彼らの神である主に立ち返らせます。
1:17 彼こそ、エリヤの霊と力で主の前ぶれをし、父たちの心を子どもたちに向けさせ、逆らう者を義人の心に立ち戻らせ、こうして、整えられた民を主のために用意するのです。」
1:18 そこで、ザカリヤは御使いに言った。「私は何によってそれを知ることができましょうか。私ももう年寄りですし、妻も年をとっております。」
1:19 御使いは答えて言った。「私は神の御前に立つガブリエルです。あなたに話をし、この喜びのおとずれを伝えるように遣わされているのです。
1:20 ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、おしになって、ものが言えなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」
1:21 人々はザカリヤを待っていたが、神殿であまり暇取るので不思議に思った。
1:22 やがて彼は出て来たが、人々に話をすることができなかった。それで、彼は神殿で幻を見たのだとわかった。ザカリヤは、彼らに合図を続けるだけで、おしのままであった。
1:23 やがて、務めの期間が終わったので、彼は自分の家に帰った。
1:24 その後、妻エリサベツはみごもり、五か月の間引きこもって、こう言った。
1:25 「主は、人中で私の恥を取り除こうと心にかけられ、今、私をこのようにしてくださいました。」

 もう年をとっている
 とうとう今年も12月に入りましたね。今日の聖書に登場しますザカリヤとエリサベツは丁度人生の12月を迎えるふたりでした。7節の言葉「ふたりとも、もう年をとっていた。」あるいは、18節の言葉「私ももう年寄ですし、妻も年をとっております。」には、何か人生に対する諦めの思いが伺われます。このふたりは10月11月の収穫を得られずに12月を迎えたようなものでした。
 「年をとる」と翻訳されていますが「自分の日々を前に進む」と言う表現で年をとることを表しています。6節の「踏み行っていた」と言う表現も、そういう人生を前に進めて来た、と言う意味が込められています。「もうここまで進んでしまいました。しかし、結果は思い通りではありません。しかし、後戻りできない。もう取り返せない」と言う思いがこの言葉の裏にありました。これは「失う」という体験ですね。生きるとは得るだけではありません。失うと言う体験の連続でもあります。色々ありますね・・・・年齢と共に得る事よりもう失う事の方が増えて来ます。皆さんも日々体験されていると思います。
 失う体験の最後は死ですね。ある修道院では、床に就く時に「メメント・モリ、覚えよ死ぬことを」と言う挨拶をするそうです。大変マイナス思考的な捉え方だと思われるでしょうが、これが人間の現実です。1章の終わりザカリヤが預言している中で79節「暗黒と死の陰にすわる者たち」とあります。それが私達です。だから、救いが必要なのです。だから、こうして教会に来ているのです。

プラス思考の落とし穴
 「プラス思考」と良く言われていますが、このザカリヤとエリサベツがプラス思考に変える事で良いならば、天使ガブリエルが現れる必要はありません。マイナスの事を忘れてプラスの事だけに目を向けたり、視点を変えて物事全てをプラスと見たりする事で良ければ、救いを求めて教会に来る必要はありません。聖書はその様なプラス思考を伝えているのではありません。聖書は暗黒と死の陰にすわる私たちを照らす光、救いを伝えているのです。

神を畏れない時代
 エリサベツが閉経して子どもの産めない年齢に入り、ザカリアが誰の介助も受けず、杖も突かず、お香を両手に持って現役の祭司として一人で聖所に入っています。と言う事は二人ともヘロデがユダヤの王であった頃60は過ぎていたと思われます。とすると逆算して丁度彼が生まれた頃にユダヤの国はローマに支配されローマの属国になりました。暗い時代の始まりでした。人々は不安でした。ローマは神を畏れないと聞いていたからです。
 ザカリヤという名は「神は思い起こされる」と言う意味があります。エリサベツという名は「私の神は豊かである」と言う意味があります。この名前には親の願いが込められています。「これからの時代、力の大きさや強さ、経済的な豊かさや便利さ、成功発展、そういう上っ面の事だけが求められ、神を畏れ神に期待をしない人が増えるだろう。そんな世の中でこの子が神を畏れ神の豊かさに期待する人に育って欲しい。」そう言う親の願いがこの二人の名前に込められていると思います。
願い通りに行かない
 「ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行っていた。」とあります。神に期待していた、と言うことです。ところが、彼らには子が与えられませんでした。7節の「不妊の女」という言い方にはその原因が一方的に妻エリサベツにあったと、という感がありますね。当時、妻が子を産めないと言う理由での離婚は認められていたそうです。1章25節を読むと2000年前の子どもを産めない妻が、如何に差別やいじめを受けて恥かしい目に会っていたかが分かります。
 子は与えられず、とうとう年老いてしまいました。「ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行っていた。」だのに、この二人に幸福ではなくて不幸が与えられます。神様どうしてですか。この事件は私たちに何を伝えようとしているのでしょうか。
 
神の沈黙とは
 神は私たちに対して沈黙される、と言う事です。これはザカリア達だけが経験したことではありません。誰もが経験することだと思います。無神論者であっても子どもの頃「神様!」と最初に祈った時、真心から神を信じて神の主導権に頼って祈ったのではないでしょうか。しかし、神は沈黙し続けられるのです。それでもう「神様と」祈れなくなった、と言う人は多いのではありませんか。神様はどうして沈黙されるのでしょうか。

 住宅展示場に来るお客さんの中のどういう方が契約まで至るのか、販売に携わる社員のアンケートを取りました。すると予想外の結果が出ました。質問も感想も返事も何もしない、ただ沈黙のまま目て回り帰って行ったお客さん、と書いた人がかなりあったそうです。
 沈黙とは、①全く興味がないか、それともその全く反対の②大変興味がある、この両極端のどちらかなのです。神の沈黙、皆さんはどちらだと信じますか。
 このルカによる福音書は②だと告げています。ルカはこの福音書を最初に手渡したテオピオさんに書いた目的を1章4節で書いています。そこで言われている「すでに教えを受けていた事がら」とは、この②の事なんです。
 みなさん、神が私達一人ひとりに対して沈黙されていますが、それは全く興味がなく相手にしておられないのではありません。その反対で、大変興味があり、じっと見守って関わり続けておられるのです。みなさんにその命を、その人生を与えられた神様にはそれぞれ計画があります。何の計画も無く偶然に生まれたどうなっても良い人なぞ一人もいません。その計画を一人ひとりに、ふさわしい時(神の時)にふさわしい方法で進めようとしておられるのです。それが確実であることを今日のザカリヤとエリサベツの物語から十分に知ることが出来きます。これが今日のポイントなんです。
神への期待度
 ザカリヤ達は子どもが与えられるように祈り続けましたが、とうとうその祈りが答えられず既に年老い、諦めていた時、もう神に期待するのを止めた時、その時が神の時でした。み使いガブリエルはザカリヤに告げます「こわがることはない。ザカリヤ、あなたの願いが聞かれたのだ。あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネと名づけなさい。」
 ザカリヤは答えます18節「私は何によってそれを知ることができましょうか。私はもう年寄りですし、妻も年をとっております。」自分には納得できないという思いが込められています。もう手遅れです。今からの出産は大変危険です。それはより不幸を招きます。ふたりとも、神の御前に正しく、主のすべての戒めと定めを落度なく踏み行っていた。その様にして神に期待して来ましたが、どうして今なんですか。神様それはおかしいです。私達もそんな思いを持つ時がありますね。
今三つの事が問われています。
皆さんの神に対する期待度はどれくらいでしょうか。
神の沈黙を皆さんはどう捉えますか。
皆さんにも神は計画を持っておられます。それを進めて頂く神の時を待っていますか。
  イエス・キリストの誕生、十字架の死と復活は、この三つの問いに答えを与えます。
 キリストは人としてお生まれになったのは、人として神に対して最後まで期待する為でした。ポンテオピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府に下られるまで、最後まで神に期待し続けられました。しかし、神は沈黙したままでした。その有様を見た者は皆思いました。「やはり神には期待できない。」しかし、神は三日目にキリストを死人の中から甦らされました。神の時はこの三日目でした。葬られ、陰府に下って、私達が行き着く最悪の所にキリストが行き着くまで神は沈黙しておられたのです。そこには深い深い神の計画がありました。私達の前途に立ちはだかってすべてに影響を及ぼしている暗黒と死という現実に突破口を必ず開けて、希望の道筋を通して下さる、と言う計画です。

神の期待度を上げましょう。
神の沈黙は、じっと見守っておられる、という事です。
神の時を待ちましょう。

説経要旨
 私たちが祈っても神は沈黙しておられるが、それは興味無く、相手にされない事ではない。私達にじっと目を留め、ふさわしい時にふさわしい方法で働こうと神の時を待っておられるのである。一人ひとりに対してそうなのである。ここに希望がある。
 喜びと楽しみのないまま人生を閉じようとしていた夫婦が、その土壇場で神から喜びと楽しみを与えられた。このザカリア夫婦の物語は、あなたに「神の時を待て」とメッセージを送っている。
 事実、死にて葬られ陰府にまで、神の時を待ち続ける為に、キリストは人としてお生まれになった。神は時至ってキリストを死人の中から甦らせた。ここに上っ面ではなくて今を確り生き抜く救いがある。このキリストによって勧めます。あなたもザカリヤとエリサベツの様に、神の時を待ち望め。

マタイ1章18-25節
「変わりたい」
詩編51編7-10節
62、68

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。