INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 神が共に 」 (末吉貞雄師)

聖 書
マタイ1章18-25節
1:18 イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。
1:19 夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。
1:20 彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現われて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
1:21 マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」
1:22 このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。
1:23 「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)
1:24 ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、
1:25 そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。

神の変わらぬ決意
 神が共に。いいですね。短くて。的確です。福音そのものですね。挨拶言葉にいいですね。実は既に別れの挨拶として世界中に広がりました。グッドバイ、神が共にと言う意味です。

神が共に、そう、神は天地創造の最初から決めておられました。人を造る時には、神に似せて、神のかたちに造って、神と向かい合い、見つめあい、コミュニケーションできる様に造ろう。神は人を初めから大切な相手とされました。それで、天地は人を助けるもので満たされました。造った全てのものを見られたら、非常に良かった。

ところが、人が神に背を向け、離れて行ったので天地が一変してしまいました。神が共に、これが人にとって無くてならないものだったのです。それを捨ててしまいました。取り返しのつかないことをしてしまったのです。

しかし、神の決心は変わりません。ヨハネが聖書の最後の言葉を記す命令を天使から受け取った時、その最後の最後で神様のその決心の変わらない旨を記すようにと指示を受けました。黙示録21章1節です。後ろから3ページ目辺りです。今の天地に対する神の最終的な計画を「新しい天と地」と表現しています。その内容が3節4節にあります。参照しますと、その内容はまさに「神が共に」です。皆さん、クリスマスとはその計画が本格的に始まった年なんです。

如何に年を数えるか
 皆さんは年をどう数えますか。今の天皇が即位した年を紀元として数えるなら平成です。いやもっと過去を辿って天皇制が始まった年を紀元として数えるなら皇紀です。日本では西暦と名付けていますが、もはや西洋の暦ではありません。世界共通の暦になりました。不思議です。それぞれの国がそれぞれの方法で年を数えていたのですが、ある時から変わって来まいた。それがクリスマスなんです。来年はキリストがお生まれになって、新しい天と地と言う神様の御計画が本格的に始まって2012年、と言うことになります。

マリアが最初に経験
 その始まりに注目しましょう。マリアは、聖霊によって身重になりました。聖霊によって、と18節20節と繰り返しています。ルカは詳しくマリアに聖霊が降り、神の力がマリアを包む、と記しています。これは旧約以来の神が宿る典型的な表現です。モーセが造らせた神の幕屋に神が入られる時、ソロモンが造らせた神の神殿に神が入られる時、神が降られ雲が辺りを包みました。神が共に、それは神が人と共に宿ることです。マリアの妊娠と出産は、単に子どもが生まれる事ではありません。もしそうなら、処女がどうして妊娠するのか、と言う疑問が立ちはだかり先に進めません。

  これは、神が人と共に宿られる為の第一歩なんです。まず神の子キリストが神のあり方を捨てて、ご自分を無にし、仕えられるお方なのに仕える者の姿となって、人と同じようになるために、ひとりの女マリアから生まれなければならなかったのです。この妊娠と出産は特別な事だったのです。

その後、マリアは唯一特別な体験、聖霊によって身重になる、つまり胎内にキリストと呼ばれる神を宿す経験をします。キリストが大人になって十字架で人の罪を贖う前に、神がマリアの胎に宿る、先週申しました様に、胎内は母と一体ですから、神がマリアと一つになられる、本当に神が共にと言う事が実現します。これは、カトリック教会で「無原罪の御宿り」と言われる程に特別の出来事でした。

信仰は神からの賜物
 18節その母マリアはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。マリアも最初「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」と言いました。しかし、不思議ですが天使が去って行く時には、「ほんとうに、私は主のはしためです。あなたのおことばどおりこの身になりますように」と変わりました。

 信仰って自分が努力して生まれるものではありません。神によるものです。使徒パウロは伝えています。人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになる事が大切です。ですから、皆さん、神の前では、力を抜くことが大切ですね。詩編46編10節「静まって、私こそ神であることを知れ」と言う御言葉、最近の翻訳では「力を捨てよ、知れ、わたしは神」とあります。教会の聖書には「やめよ」とあります。やめたらあかんやめたらあかん、と力んでいる者に「やめよ」一回やめて空っぽになって神の前に出てみなさい、と言う事なのでしょう。

 マリアは、聖霊によって身重になった自分の事を婚約していたヨセフに、きっとすぐに伝えたでしょう。しかし、ヨセフはその意味が分かりませんでした。単に子どもが生まれる事と捉えました。つまり、相手の男性がいると考えました。19節ヨセフは正しい人で、この事を公にさらすと、婚約中の姦淫ということでマリアが石打の刑になるので、内密に去らせる、つまり離縁して今回の妊娠はその後の事であり咎められない様にしよう。そう決めて眠りに就き翌日行動に移す事にしました。

 ところが、夢で天使がヨセフに現れ、マリアと同じように彼も神様によって変えられます。正しい人から信じる人にです。

神の愛
 21節「この方こそ、ご自分の民をその罪から救って下さる方です。」
神が共にとは、人に最も近づく、神と人が結ばれる事。これを愛というのでしょう。その間に何も入ってはならない神と人の固い絆です。この関係をキリストはぶどうの木に譬えられました「私はぶどうの木あなたがたはその枝である。私とつながっていなさい。そうすれば私はあなたがたとつながっていよう。その人は実を豊かに結ぶようになる。ヨハネ15章」。しかし、そのつながる所、人間の中心、一番深い接点が神以外のものに占領されています。身分、能力、等色々な物でそこは覆われています。そして,最後にあるのが罪と言います。その最後の場所の明け渡しを神は受けるために、買取代金としてキリストの命を犠牲にされました。
 神が共に。それは、神と、人の一番深いピュアな裸な自分とが確り結ばれることです。この一番深い所の変化が人を変えるのです。神が共に。これは神からの溢れる愛の現れです。聖書にあります「愛には恐れがない。完全な愛は恐れをとり除く。1ヨハネ4章18節」ヨセフは変えられました。今後の事を恐れずマリヤを妻に迎えました。

私達もキリストによって示された神の愛によって変えられるのです。変えられ続くのです。

聖霊が宿られるクリスチャン
それだけではありません。神の計画は私たちクリスチャンにおいて、もう一歩進められました。神の霊、聖霊がクリスチャンの身体に住まわれるのです。これはマリアの経験を凌駕する恵みです。1コリント6章19-20節のみ言葉に注目しましょう。みなさん、御自分の身体をどう評価していますか。神様は今日「評価が低く過ぎる」とぼやいておられます。私の目にあなたは高価で尊い。落ち込んでいられませんよ。天を見上げて、聖霊にこの身体を導いていただきましょう。

説教要旨
婚約解消を決心したヨセフは、天使の告知を通して神の溢れる愛に目が開かれた。生まれてくる子の名はイエス、別名インマヌエル。神が共にという意味であった。神が人(肉体)となって私達の間に宿られた。ここに神の愛が溢れている。クリスマスはこの愛にふれて一人ひとりが変えられる時である。ここにクリスマスの喜びがある。すべての民に与えられる大きな喜びである。










コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。