INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 低きを高め・・天使も仰天 」 (末吉貞雄師)

聖 書
ルカ1章26-38節
1:26 ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。
1:27 この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。
1:28 御使いは、はいって来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
1:29 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
1:30 すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。
1:31 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。
1:32 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。
1:33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」
1:34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」
1:35 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
1:36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。
1:37 神にとって不可能なことは一つもありません。」
1:38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

2011年12月11日アドベント第二主日礼拝説教
キリストの誕生は天使長ガブリエルも興奮した大事件
 天使ガブリエルはザカリヤに神のお告げを伝えるとき、落ち着いていました。普通天使は「恐れることはない。」と言ってから、話を続けます。しかし、このマリアに神のお告げを伝えるときもガブリエルは、いつものように「恐れることはない」と言ってはじめるつもりでした。しかし、興奮の余り思わず「おめでとう」と叫んでしまいました。これは前代未聞。そして、これからも無いことでしょう。天使長ガブリエルがなぜそんなに興奮したのかに注目しましょう。

ガブリエルは以前、と言っても500年ほど前ですが、ダニエルが見た幻について説明に来たことがありました。ダニエル8章16節、9章21節。そのとき彼はダニエルが見た幻をこの世界の終わりについてのものである、と説明しています。ガブリエルはミカエルと共に天使長でした。常に神の直ぐ側にいて、神のなさることを見てきました。また、神からこの世界と人間に対するご計画を聞いていたと思います。それから、彼は神からこの世界に遣わされる者ですから、この世界の現実をも大変詳しく知っていたと思います。

私たちは自分の人生すら分かっていません。今していることが将来どんな結果を生むかも分かっていません。「先が見えない」「予想できない時代」とも言われています。その通りですね。しかし、私たちはなぜ頑固に自分の判断や考えだけしか受け入れないのでしょうね。
この私たちの人生のこと、この時代の行く末、この世界の未来について、天使ガブリエルは、私たちよりもずっとずっと詳しく知っています。そのガブリエル自身が興奮した大事件、それがイエス・キリストの誕生です。

クリスマス行事のこと。プレゼントのこと。ケーキのこと。料理のこと。クリスマスセールのこと。今年我が家のクリスマスはどうしょうか。等々・・・。色々なことを考えなければなりませんが、神の子が人間の子として生まれるということが、どんなに大事件であるかは押さえておかなければ、なりません。

神が共に住み給う受肉

31節マリアが妊娠してキリストを産む事は私たちにとって遥かに遠い事件です。それで聖書は35節でそのことをもう一度言い直しています。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。」
昔、神さまは自分が選んだ人々と一緒に住むために、神の家(テント)を造らせました。そのテントに神が臨まれると、その周りを雲がおおいました。出エジプト記40章34節。このルカ1章35節はそれと大変よく似た表現になっています。
マリアは祭司でも賢者でも霊能力者でも宗教家でもありません。普通の平凡な娘です。神の子が人間の子としてそのマリアのお腹から生まれたとは、神が平凡な私たち一人一人と一緒に住んでくださる、そのことが始まった、ということなんです。
子どもを宿すということは、真にその子と母がお腹の中で一体になることですね。妊娠中の母と子の関係が大変密接であること、いわゆる一心同体であることを現代の医学は説明しています。お母さんがタバコを吸ったらお腹の赤ちゃんも吸ったことになります。お母さんの心が不安定になったらお腹の赤ちゃんも不安定になります。胎内とは、赤ちゃんがお母さんの影響をもろに受ける場所です。

神さまが私たちと一緒になられるとき、それと同じ場所に来られるということになります。それでまず私達が思うことはどんなことでしょうか。神さまが一緒になってくださったら鬼に金棒、本当に安心、そう思うでしょう。しかし、もう一つ思うことがあります。こちらの方が気掛かりです。それは、神にどんなにご迷惑を掛ける事か、ということです。
私たちは神を悲しませます。いやきっと苦しめるでしょう。神を尊ばず、神に従いません。神を無視することもあります。神を裏切るでしょう。他のものを神のようにしたり、特に自分が神になって、我を通して神を端に追いやります。
イエスさまが十字架につけられて殺された、それと同じことを私は私と一緒におられる神に対して行なうに違いありません。
しかし、神はそれでも「わたしはわたしの子イエスを人間の子として生まれさせよう、この子にその全ての罪を背負わせてもいいから、人間と一緒になりたいのだ」と決断されたのでした。

ガブリエルが興奮した理由
側で聞いていた天使長たちは驚いたでしょうね。神と人の間を行き来する天使たちは感激しました。
さて、誰が神の子を宿すのか、また、この重大事を誰が伝えるのか、天では大騒ぎだったに違いありません。そして、ガブリエルが選ばれたのでした。ガブリエルはダニエルに遣わされたときに、神のいない人間の世界の悲惨さを全て見尽くした天使でした。ですから特に感激したでしょうね。「神様、とうとう来ましたか」

へりくだって自らを低くせよ
みなさん、私たちは『神が共におられる』と信ずる者ですね。クリスマスは神が人となって一緒に住んでくださった最初の日記念の日です。私たちはクリスマスに一番何をすべきでしょうか。38節のマリアの言葉に注目してください。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」
マリアの人生は自分の思い通りに行かなくなります。その頃婚約者ヨセフと今後の二人のことについて色々と計画していたに違いありません。今回のことが実現したらヨセフとの関係自体が終わりになるでしょう、これは絶対に納得できないことです。しかし、マリアはこのように答えました。なぜでしょうか?
全能の神に任せたのです。任せるとは自分は何もしない無関心でよいということではありません。神の僕になることです。具体的に私が主となっている所に神を主として迎えることです。そして、私が主の僕になることです。マリアは自らを低くして具体的に自分のお腹の中に主を迎えました。私たちも生活の具体的な場面で、主の僕となって、主の指示に従って、生活するのです。そのように主を迎えるのです。覚えていますか、昨年は手袋の話をしましたね。主にはめて頂く手袋になる事ですね。マリアは歌いました。「主は心の思いの高ぶるものを低くし、へりくだる低き者を高めて下さる。」

へりくだって自らを低くしましょう。そしたら必ず神が確かに共にいて下さる事を体験します。マリアが最初に体験しました。マリアに倣って自らを低くする者がこの重大事に気付かされる(高められる)。心の思いの高ぶりは無いか、吟味する事がクリスマスを迎える備えである。神があなたと共に、これは確実である。無理して自らを高くする必要は無い。安心して力を抜いて信じて、自らを低くしよう。低きが高められる、それが神共にいます証しである。この世には神も仏もない、そう感ずる事が多々起こります。しかし、教会はキリストがお生まれになって以来2000年以上、この方法で「神共にいます」事を証しして来ました。

神の使いガブリエルは今日皆さんにも伝えます。「おめでとう、恵まれた方、主があなたとも共におられます。」

説教要旨
神も仏もない、と言う現実がある。それでも教会は神が人と共におられる事(神の国の到来)を伝えて来た。その発端がクリスマスである。とうとう神が人となってお生まれになり、確実に共におられる道を通す事となった。この重大事を伝える役を仰せつかった天使長は感激のあまり取り乱す程だった。マリアに倣って自らを低くする者がこの重大事に気付かされる(高められる)。心の思いの高ぶりは無いか、吟味する事がクリスマスを迎える備えである。神があなたと共に、これは確実である。無理して自らを高くする必要は無い。安心して力を抜いて信じて、自らを低くしよう。低きが高められる、それが神共にいます証しである。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。