INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 あなたに遣わされた 」 (末吉貞雄師)

聖 書
ルカ4章16‐30節
4:16 それから、イエスはご自分の育ったナザレに行き、いつものとおり安息日に会堂にはいり、朗読しようとして立たれた。
4:17 すると、預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を見つけられた。
4:18 「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油を注がれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕われ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、
4:19 主の恵みの年を告げ知らせるために。」
4:20 イエスは書を巻き、係の者に渡してすわられた。会堂にいるみなの目がイエスに注がれた。
4:21 イエスは人々にこう言って話し始められた。「きょう、聖書のこのみことばが、あなたがたが聞いたとおり実現しました。」
4:22 みなイエスをほめ、その口から出て来る恵みのことばに驚いた。そしてまた、「この人は、ヨセフの子ではないか。」と彼らは言った。
4:23 イエスは言われた。「きっとあなたがたは、『医者よ。自分を直せ。』というたとえを引いて、カペナウムで行なわれたと聞いていることを、あなたの郷里のここでもしてくれ、と言うでしょう。」
4:24 また、こう言われた。「まことに、あなたがたに告げます。預言者はだれでも、自分の郷里では歓迎されません。
4:25 わたしが言うのは真実のことです。エリヤの時代に、三年六か月の間天が閉じて、全国に大ききんが起こったとき、イスラエルにもやもめは多くいたが、
4:26 エリヤはだれのところにも遣わされず、シドンのサレプタにいたやもめ女にだけ遣わされたのです。
4:27 また、預言者エリシャのときに、イスラエルには、らい病人がたくさんいたが、そのうちのだれもきよめられないで、シリヤ人ナアマンだけがきよめられました。」
4:28 これらのことを聞くと、会堂にいた人たちはみな、ひどく怒り、
4:29 立ち上がってイエスを町の外に追い出し、町が立っていた丘のがけのふちまで連れて行き、そこから投げ落とそうとした。
4:30 しかしイエスは、彼らの真中を通り抜けて、行ってしまわれた。

 「あなたに遣わされた」のは、この私なんです。神様が私をあなたに遣わされました。神様からの良い知らせを伝える為に。これは本当なんです。これはすごい恵みです。私がすごいのではありません。神様が皆さんお一人おひとりにすごいことをなさっているのです。「ええ、この私に遣わされた!」と、今日あらためて気付かせていただきましょう。

 ナザレの町はイエス様が育った故郷です。イエス様が神様に遣わされてナザレの町に来られました。しかし町の人々はイエス様を神様から遣わされて来られたお方として歓迎しませんでした。彼らは言いました「この人は、ヨセフの子ではないか」。

 イエス様は故郷に帰って来てまず伝えたかったのです。預言者イザヤが預言した救い主として、私は神様から故郷の皆さんに遣わされました。それが今実現しています。これはすごいことです。神様の恵みです。皆さん喜んで下さい。しかし、誰もそれに応えて歓迎しませんでした。それでイエス様は彼らの真ん中を通り抜けて行かなければならなかったのです。非常に残念でした。

 神様を信じるって、その存在を信じることではありません。神様から遣わされた方を歓迎する、つまり、その告げる事を信じ、命じる事に従うことなんです。神様はそうするものを救う事となさいました。

 この事は、その時に始まった事ではありません。以前から示しておられました。遡ればモーセをエジプトに遣わし、多くの預言者を神の民に遣わしました。神様は預言者エリヤをご自分の民の所に遣わしましたが、歓迎されず結局シドンすなわちフェニキア人のサレプタ村のやもめのもとに遣わしました。彼女は歓迎し、ものすごいことが自分に起こっている事に気付きました。主のおことばの通り、瓶の粉は尽きず、壺の油はなくならなかった。列王記上17章16節。あなたの口になる主のことばが真実であることを知りました。24節。

 神様は重い皮膚病を患っているご自分の民の所にエリシャを遣わすことが出来たが、当時の民が歓迎しないため、異教徒のシドン人ナアマンに遣わし彼の皮膚病を癒されました。ナアマンも自分に対してものすごいことが為されていることに気付きました。「しもべはこれからはもう、ほかの神々に全焼のいけにえや、そのたのいけにえをささげず、ただ主にのみささげます。列王記下5章17節。

 イエス様は信じないナザレの人々に抗議の印として、このふたりの事を話されました。後にイエス様が12弟子を遣わす時にも、同じ様にすることを命じられました。10章10-11節「町に入っても人々があなた方を受け入れないならば、大通りに出て、こう言いなさい。「私たちは足についたこの町のちりも、あなたがたにぬぐい捨てて行きます。しかし、神の国が近付いたことは承知していなさい。」・・・16節参照。神様からあなたに遣わされた、その遣いを受け入れる事が、どんなに大きな恵みであるかを示すために、イエス様は神様の裁きを受けたソドムやツロやシドンと比較し、ハデス地獄にまで落ちる話もされたのでした。

 神様は、倦まず弛まず遣わし続けて来られました。

 今日私も皆さんに伝えます。「私は神様からあなたに遣わされました」。本当です。その発端はイエス様から来ています。十字架にかけられる最後の晩、イエス様は目を天に向けて祈られました。ヨハネ17章18節「あなたがわたしを世に遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました。」「彼らを悪い者から守って下さるようにお願いします」15節。イエス様は特に12弟子を使徒(遣わされた者)と名付けられました。

 それからこうも祈られました。「わたしはただこの人々のためだけでなく、彼らのことばによってわたしを信じる人々のためにもお願いします。」ですから、神様がイエス様を遣わし、イエス様が使徒を遣わし、その使徒の告げた言葉を聞いて信じた人々も遣わされました。使徒たちは伝道牧会者を遣わす時、その人の上に手を置いて遣わしました。この按手は神様からイエス様、イエス様から使徒、その使徒たちから伝道牧会者が遣わされる。このしるしとして受け継がれ、今日まで按手を受けた者が代々按手して、この神様から始まった「あなたに遣わされた」と言う御業が約2000年間続けられ、これからも続きます。按手を受けた私と百合香牧師も、この城陽教会に、目の前に居られる皆さんに、遣わされて来ました。

 これは本当なんです。これはすごい恵みです。私がすごいのではありません。今、神様が皆さんに遣わされています。すごいことをなさっておられるのです。
 
 神様は預言者イザヤを通してかつて伝えられました。将来「捕らわれ人には赦免を告げる」ため「盲人には目の開かれることを告げる」ために、そして「しいたげられている人々を自由にして、恵みの年が来たことを告げ知らせる」ために、神様は人を遣わされると。その事がイエス様によって実現したんです。これが皆さんにとっての福音なんですが、このイザヤの言葉は何を言っているのでしょうか。

あなたには、あなたを愛しているあなたの神様がちゃんとおられるのに、あなたは他のものに捕らわれ、しいたげられている。つまり捕らわれの身になっている。と言うことです。何に捕らわれているのでしょうか。憎しみ、嫉妬、悩み、不安、・・・お金、地位、その他の欲望・・・罪責、死の恐れ、・・・。しかし、それが分からない、私は何にも捕らわれていない、救われる必要がない、そう思っています。つまり盲目にさせられているのです。そう言う人間の現実を神様が示しておられるのです。そして、そこから救うためにイエス・キリストを遣わされました。

誘拐犯人は捕らわれた人を救いたいのなら身代金をよこせ、と言いますね。神様はご自分の独り子イエス様の命という身代金を支払われました。ここには、大切な独り子のイエス様の命を犠牲にしてまであなたを救うという、神様の愛が示されています。あなたは、今捕らわれている所から、神様の支配の中に逃おれる事が出来るのです。その道をイエス様が一本通して下さったのです。これは一時的な避難ではありません。転居、籍を移す事です。神の家族になる事です。神様は愛の手を広げてあなたを待っておられます。

「私は神様からあなたに遣わされました」。2000年前のこのナザレの町での宣言から受け継がれた、神様からのお告げを伝える為に私は今皆さんの前に立っています。これはものすごいことなんです。私を通してですが、いや2000年の教会を通して、つまり教会の主イエス・キリストを通して、神様からあなたに、と言うラインが繋がっているのです。1月1日に神様からの太鼓判を頂きましたが、この神様の方からの繋がりは救いですね。「キリストの枝」と言う目標を掲げました。キリストは、あなたがたもとどまれ繋がっていなさい、と言われましたが、その前にわたしもとどまる繋がるから、とおっしゃって下さるのは、この神様の方からの繋がりが確かにある、この恵みがあるから、繋がれとどまれ、と言われるのです。みなさん、神に、キリストに、キリストの教会に、しっかり繋がりましょう。

説教要旨
私達の神様は「遣わさす」と言う方法で働いて来られた(その働きは大別して救いと祝福がある)。モーセ、多くの預言者、その働きの絶頂として独り子イエス様を遣わされ救いの道を完成させられた。イエス様は12弟子を使徒(遣わされた者の意)と名付け、天に返られる折、彼らを全世界に遣わされ、「遣わす」と言う形で一貫して神様の働きは進められた。教会は使徒たちからこれを受け継ぎ伝道者牧会者を遣わして来た。教会は聖書の編纂・聖霊の導きと共に、もう一つの面この「遣わす」と言う神様の働きを継承し、按手と言う形で今も受け継いでいる。ナザレの人々がイエス様を歓迎せず、神さまの恵みを拒絶した事は非常に残念なことである。私は神様からあなたに、そう、そこのあなたに遣わされた、これは教会が伝えているものすごい福音である。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。