INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生命の復興」 (末吉貞雄師)

聖 書
ルカ5章1-11節
5:1 群衆がイエスに押し迫るようにして神のことばを聞いたとき、イエスはゲネサレ湖の岸べに立っておられたが、
5:2 岸べに小舟が二そうあるのをご覧になった。漁師たちは、その舟から降りて網を洗っていた。
5:3 イエスは、そのうちの一つの、シモンの持ち舟にのり、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を教えられた。
5:4 話が終わると、シモンに、「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」と言われた。
5:5 するとシモンが答えて言った。「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」
5:6 そして、そのとおりにすると、たくさんの魚がはいり、網は破れそうになった。
5:7 そこで別の舟にいた仲間の者たちに合図をして、助けに来てくれるように頼んだ。彼らがやって来て、そして魚を両方の舟いっぱいに上げたところ、二そうとも沈みそうになった。
5:8 これを見たシモン・ペテロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ。私のような者から離れてください。私は、罪深い人間ですから。」と言った。
5:9 それは、大漁のため、彼もいっしょにいたみなの者も、ひどく驚いたからである。
5:10 シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブやヨハネも同じであった。イエスはシモンにこう言われた。「こわがらなくてもよい。これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」
5:11 彼らは、舟を陸に着けると、何もかも捨てて、イエスに従った。

ゲネサレ湖の岸辺に立つイエス様
 ゲネサレ湖はガリラヤ湖の別名でゲネサレ地方の人はそう呼んでいました。の村の人はティベリアス湖と呼んでいました。ですから名前を統一する必要は無かったのでしょう。
 琵琶湖の湖畔に住んでいる人は全員「琵琶湖」と呼びますね。それぞれが違う呼び方だったら村々町々のコミュニケーションに支障を来たしますね。現代だったら湖畔の村町が協力して観光名所にしょう、と言う事になるでしょうが、ゲネサレもティベリアスもその必要がありませんでした。それ程に田舎だった辺境の地だった、と言う事です。
 ガリラヤとは都会人の呼び方でした。エルサレムの議員達は相手をけなす時「あなた、ガリラヤ出身?」と言っていました。

 ゲネサレは平原で、土地が肥えていてザクロ、ナツメ、等の果物の特産地だった様です。漁師たちはその肥えた土地に与れなかったのでしょう。陸より厳しい環境の湖での仕事で生計を立てなければなりませんでした。

 群衆に追掛けられていたイエス様と対照的な漁師は、誰からも注目されない、特別でない人でした。私がサラリーマンから牧師になる時、勤めていた会社の社長が「分かった末吉、牧師になるんやったら、ただの牧師じゃあかん、世の中で有名な牧師に成れ」と言われました。
 その時は社長が快く退職を受け入れてくれたので私は「はい」と元気よく返事して社長室を出ました。しかし私は有名な牧師になりたいとは思いません。と言うか成れません。この広い世の中の片隅でいいのです。忠実に生きる牧師でいいのです。
 この漁師たちと私が重なるんです。皆さん自身もこの漁師たちと重なると思いませんか。
 このゲネサレ湖畔に立っているイエス様の目は、片隅で生きていたこの漁師たちに注がれていました。それと同じ様にイエス様はあなたに目を注がれます。
イエス様とプライベートな関係
 私は初め、船に乗って岸から少し離れたら群衆に話しやすいから、イエス様は漁師たちを利用されたのかな、と思ったのですが、そうじゃありませんでした。イエス様は匿名の群衆を相手にしている様に見えますが、岸に立った初めから、この二そうの舟と舟から降て網を洗っている三人の漁師に目を留めておられました。そして、その中の一そうの舟に、つまりその持ち主のシモンに目を留められていました。

 イエス様は、匿名のあなた、群衆の中に含まれたあなたに目を注いでいるのではありません。イエス様は親密に個別にあなたと関わるお方なんです。
 この礼拝に49人集まったとします。例えるとイエス様が運転手の50人乗りのバスに乗っている、と言う事になります。もう一面は、一人ひとりがイエス様と2シートしかないプライベートな車にも乗っています。ですから、教会では、告白とか証とか決断とか悔い改めとか、匿名では出来ない事を行います。これが狭き門にしているのかも知れませんが、これこそが命に至る門なのです。

人間をとる
 イエス様は誰かの舟ではなくて、シモンの船に乗られました。皆さんがイエス様と2シートでドライブする、そこで起こる事がこのシモンの舟で起こっています。さて、何が起こるのでしょうか。イエス様は人間(シモン)をとる漁をこれから行われます。
 皆さん、漁とまでいかなくても海の上で舟に乗って釣りをしたことがありますか。
鳴門大橋を渡らないで、そこを降りて右へ海岸沿いを行くと小さな漁港が点在します。私はサラリーマン時代、同僚と共にそこの民宿に泊まって夜明け頃に小舟に乗って漁を楽しむツアーに参加したことがあります。
6月初旬で鯵が旬でした。鯵は回遊魚ですから漁師さんが船で魚を追掛け、良い場所に連れて行って下さいます。15分位沖に出てから「さあー、この辺りで釣りましょう。」と言って下さったんですが、私たち全員船酔いで横になって釣りどころではありませんでした。「もう、ええは、漁師さん、帰って」と言い出す者もいました。「お客さん、折角ここまで来たんだから釣りしましょうよ。」と言う事で全員起き上がって釣りをすることになりました。
皆さん、生きの良いゴカイを針に付けるのは難しいですよ。一生懸命付けていると、また気分が悪くなってきます。遠く水平線を眺めてはゴカイ、遠く眺めてはゴカイと言う感じでしたね。漁師さんも笑っておられました。ところが、釣れたんですよ。鯵が食いついて引っ張る力がグイグイと釣り糸に伝わって来ます。これは「鯵じゃない大物だ」なんて言ったりして20センチ位の鯵が10匹程釣れました。気が付いたら船酔いの事なんか忘れていました。
さて、ここで皆さんに伝えたいのは釣り上げた鯵をこの手で握った、体験です。目と目が合いましてね。キュッキュッと鳴くんですよ。鳴くと言うより何かをうったえる様な、魚には魂と言うのが有るのか無いのか分かりませんが、魚の魂と接した様な生命を、ものすごく感じ、私は感動しました。魚自身の方はどうだったのか分かりませんが、魚がキュッキュッと言ったのは「私は水の中でしか生きれない魚です、命です。」と言う事ではなかったのかな、と思うんです。魚は海の中にいたらそのことが分かりません。釣り上げられて初めてそう言う自分である事が分かるんですね。
イエス様に釣り上げられたシモンは、8節「私は、罪深い人間です」と言いました。魚は水の中から空気の中に釣り上げられました。シモンは世の中の片隅から神様の支配の中に釣り上げられました。そこで初めて気付くんですね「私は、神様の救いが必要な人間です。」

 皆さん、礼拝の時、聖書を学ぶ時読む時、群衆の様に匿名ではなくて、イエス様は「あなたの舟にりたい」とおっしゃっておられます。イエス様は人間をとられるお方です。この人間を「とる」とは「生捕りにする」と言う言葉が使われています。

生命の復興
 私は釣り上げた鳴門の鯵を、舟の上でお刺身にして食べました。美味しかったです。しかし、イエス様は私達をとって食べようとされるのではありません。生捕りにされるのです。
 皆さん、生け捕りにする時とはどんな時でしょうか。例えば水族館の魚は生捕りにしなくてはなりませんね。出来るだけ自然に、傷付けず、弱らさず、そのままの状態で水槽に入れます。クリスチャンに成る事に不安を覚える方は今日安心して下さい。皆さんの回りにそんな人がいるのなら伝えて下さい。全然心配はいりません。神様は生捕りになさるのです。
 そして、新しい生活が始まります。水槽の中ではなくて神様の御支配の中、御手の中、神の家族の中、羊飼いイエス・キリストの群れの中、キリストと言う葡萄の木に繋げられた枝々の中、つまり教会員としての新しい生活が始まります。生捕りは生命の復興です。今、東北の復興も、元の状態に戻る事ではなくて、新しい社会への復興と捉えています。クリスチャンに成るとは、生命の復興です。新しい生命を生きるのです。だれでも、キリストの内にあるならば、その人は新しく造られた者です。古いものが過ぎ去って、すべてが新しくなりました。」2コリント5章17節。11節、この日イエス様は第一にシモンそして、彼の仲間ゼベダイの子ヤコブとヨハネの三人の人間を生捕りに為さいました。「彼らは、船を陸に着けると、何もかも捨てて、イエスに従った。」これは彼らの生命が全く新しくなった、生命の復興が始まった事を良く表しています。
教会の使命
 イエス様は後にシモンにアラマイ語でケパ(ギリシャ語に訳すとペテロ)と言うあだ名をつけられました。それは「岩」と言う意味です。ペテロが「あなたは生ける神の子キリストです」と後に信仰告白した時に、イエス様は「このペテロの上に教会を建てる」と言われました。このペテロを最初に生捕りにした時にイエス様が言われました。10節「これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」
 ですから、教会はこのペテロがイエス様から最初に聞いたこの言葉を「教会のこの世での使命」といたしました。主イエスはシモンペテロに言われたように、今の教会にも言われます。4節「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」教会もシモンと同じ様に言います。5節「先生、私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」
 1968年今から44年前ナザレン教会は主から「城陽に網をおろして魚をとりなさい」と言うお言葉を頂き、この城陽教会が設立されました。創立会員12名、その中に、先日神様の下に眠られました綱村正兄弟がおられました。幸いにも初代牧師吉村先生ご夫妻も前夜式、葬儀告別式に出席なさいました。「城陽に網をおろして魚をとりなさい」私たちも、このお言葉を忘れてはならない。
説教要旨
このゲネサレ湖畔に立っているイエス様の目は、片隅で生きていたこの漁師たちに注がれた。それと同じ様にあなたに目を注がれる。
イエス様は、匿名のあなた、群衆の中に含まれたあなたに目を注いでいるのではない。親密に個別にあなたと関わられるお方。
魚は水の中から空気の中に釣り上げられた。シモンは世の中の片隅から神様の支配の中に釣り上げられた。その時初めて「私は、神様の救いが必要な人間だ」と気付く。
クリスチャンに成るとは、生命の復興である。新しい生命を生きる。「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」これは教会のこの世での使命である。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。