INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 富の管理人 」 (末吉百合香師)

聖 書
ルカの福音書16章1‐18節
16:1 イエスは、弟子たちにも、こういう話をされた。「ある金持ちにひとりの管理人がいた。この管理人が主人の財産を乱費している、という訴えが出された。
16:2 主人は、彼を呼んで言った。『おまえについてこんなことを聞いたが、何ということをしてくれたのだ。もう管理を任せておくことはできないから、会計の報告を出しなさい。』
16:3 管理人は心の中で言った。『主人にこの管理の仕事を取り上げられるが、さてどうしよう。土を掘るには力がないし、こじきをするのは恥ずかしいし。
16:4 ああ、わかった。こうしよう。こうしておけば、いつ管理の仕事をやめさせられても、人がその家に私を迎えてくれるだろう。』
16:5 そこで彼は、主人の債務者たちをひとりひとり呼んで、まず最初の者に、『私の主人に、いくら借りがありますか。』と言うと、
16:6 その人は、『油百バテ。』と言った。すると彼は、『さあ、あなたの証文だ。すぐにすわって五十と書きなさい。』と言った。
16:7 それから、別の人に、『さて、あなたは、いくら借りがありますか。』と言うと、『小麦百コル。』と言った。彼は、『さあ、あなたの証文だ。八十と書きなさい。』と言った。
16:8 この世の子らは、自分たちの世のことについては、光の子らよりも抜けめがないものなので、主人は、不正な管理人がこうも抜けめなくやったのをほめた。
16:9 そこで、わたしはあなたがたに言いますが、不正の富で、自分のために友をつくりなさい。そうしておけば、富がなくなったとき、彼らはあなたがたを、永遠の住まいに迎えるのです。
16:10 小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。
16:11 ですから、あなたがたが不正の富に忠実でなかったら、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょう。
16:12 また、あなたがたが他人のものに忠実でなかったら、だれがあなたがたに、あなたがたのものを持たせるでしょう。
16:13 しもべは、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、または一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」
16:14 さて、金の好きなパリサイ人たちが、一部始終を聞いて、イエスをあざ笑っていた。
16:15 イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、人の前で自分を正しいとする者です。しかし神は、あなたがたの心をご存じです。人間の間であがめられる者は、神の前で憎まれ、きらわれます。
16:16 律法と預言者はヨハネまでです。それ以来、神の国の福音は宣べ伝えられ、だれもかれも、無理にでも、これにはいろうとしています。
16:17 しかし律法の一画が落ちるよりも、天地の滅びるほうがやさしいのです。
16:18 だれでも妻を離別してほかの女と結婚する者は、姦淫を犯す者であり、また、夫から離別された女と結婚する者も、姦淫を犯す者です。

不思議な主人の言葉
 今日の個所の一つ前は、放蕩息子のたとえです。そのたとえと今朝のたとえは深い関係にあります。

 放蕩息子はお父さんから財産を相続しました。それは、神さまからいただいたものでした。でも彼はその財産を自分の快楽のために使い果たしてしまい、神さまが喜ばれるように用いることができませんでした。しかし、その失敗を通して、彼が学んだことがあります。目にはみえない「神さまの愛という財産」に気づかされたのです。その息子に神さまは再びご自分の財産を与えられます。きっと今度は素晴らしい用い方をこの子はしてくれるだろうと思われたことでしょう。

 その続きとしての16章です。
ある金持ちが、自分の財産を管理人に任せます。この金持ちとは、神さまです。そして、管理人とは私たちのことです。これはクリスチャンだけではありません。すべての人のことです。すべての人が神さまから財産を管理するようにと任されているのです。つまり、私たちが持っているもの(命、肉体、財産など)は全て、自分のものではなく、管理人として神様から預けられたものだからです。
 ところが、たとえに登場する管理人は主人の財産を乱用していると訴えられます。そして、管理人という仕事を取り上げられるというのです。
すると、この管理人は何を考えたでしょうか。5節以下を見てください。5‐7節参照。このように管理人は、主人に借金している人たちの負債を減らしてやります。
そのやり方を見て、主人はこの管理人の行ったことを、何と、ほめているのです。何とも不思議なたとえです。8節「主人は、不正な管理人がこうも抜けめなくやったのをほめた。」これは、どういうことでしょうか。
この管理人が証文を書き換えさせたのがどのような内容なのかは、はっきりしません。
しかし、ここのテーマは、財産の持ち主である神さまが、自分の財産を預けている人にどのようにそれを使って欲しいのかということです。自分のためにだけ使うのではなくて、他の誰かのためにも使って欲しいと考えておられるのです。私たちが神さまから預かっている財産を、全部自分のために使うのではなくて、他者のためにも使って欲しいのです。神さまはそのことを願われる方です。それで、この管理人の行ったことを褒められたのです。
この管理人は訴えられたとありますが、別の聖書の訳では告げ口されたとありました。「告げ口」ということを箴言の16章28節には「陰口をたたく者は親しい友を離れさせる」とあり、ここで訴えた人は事実を言ったのかどうかちょっとあやしいということを感じさせます。優秀な管理人だったので、ひがまれたということも感じさせます。
ですから、やめさせられると分かったときに、このような機転の利いた行動ができたのではないでしょうか。

泣くものと共に
さて次に、9節でイエスさまは改めて、こう言われます。「不正の富で、自分のために友をつくりなさい」
これはどういう意味なのでしょうか。
まず「不正の富」というのは、自分のためにのみ使う富のことです。友達を作りなさいとは、自分に管理を任された財産を、友達を作るための手段として使いなさいというのです。任された財産を自分にのみ使うことは、すなわち、財産を愛しているということです。主がここでおっしゃりたい大切なことは、財産を愛するのではなく、友達を愛するために財産を使うということです。これは、13節の御言葉に関係しています。「しもべはふたりの主人に仕えることはできません。・・神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」
この友情は見返りを求めない友情です。「金の切れ目が縁の切れ目」というような友達ではありませんね。その人が悲しんでいるときも困っているときも喜んでいるときも友達であり続ける、その友のために祈り続けられる、そういう友情を育てなさいと言われます。喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい、とローマ12章15節にあります。
また、主はこう言われました。マタイ25章40節「あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです」と。
私たちは大きな震災を経験しました。現在、被災地の行政がまたNPOの援助が行きわたっていない所にナザレン教会は毛布等を送っています。小さな行為ですが、ここで主が求められている富の具体的な使い方ですね。被災地の方に少しでも温かく過ごしていただきたいという小さな願いからです。

テモテへの手紙1、6章17節以下に「頼りにならない富に望みを置かないように。むしろ、私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。また、人の益を計り、良い行いに富み、惜しまずに施し、喜んで分け与えるように。」とあります。
その様に生きるならば、9節後半に「富がなくなったとき、あなたがたを永遠の住まいに迎えるのです。」とあります。つまり、誰かのために自分に管理を任されている財産を用いる者に対して、神さまは永遠の住まい、すなわち天国に入れていただくのにふさわしい人だとおっしゃっています。
そう言うわけですから、神さまから預かった財産が少し少なくなっても心配しなくていいのです。更に何もかも無くなっても嘆く必要はありません。その時は、永遠の住まい、つまり、天国に迎えられるのです。
視点を変えれば、天国に迎えられるまでは、何もかも無くなってはいないということです。何かが残されているということです。考えてみてください。あなたに命があるというのは、神さまの財産がまだあなたにはあるということです。

日々を忠実に
さて、次に10節の御言葉が続いています。「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。」11節「ですから、あなたがたが不正の富に忠実でなかったら、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょうか」とあります。

まず、この地上での生活に忠実であれと言われます。
皆さんの日常はどのような生活でしょうか。他者を励ます本を執筆したり、紛争を終結させる大使として出かけたり、内閣の大臣を任命したり、天皇の晩さん会に出席したりされますか。そういう人は稀ですね。今週の行動として考えられるのは、誰かの事を案じて手紙書いたり、ご高齢の方を訪問したり、京都市長にふさわしい方が選ばれるように祈りをささげ、家庭集会や祈り会で誰かのために祈り、お隣の犬に餌を食べさせたりする、他者と生きる小さな生活です。また、自分自身のいのちも大切にしなければなりません。預かりものですから。その小さな生活をひとつひとつ忠実に生きるように勧められています。この地上で忠実に生きた人に、天上に於いてまことの富が与えられるのです。ですから、小さなことに忠実であることは重要です。

貞雄牧師から、私たちの人生は、天国に行ってからの方が長いのですよ、と聞きましたね。地上の事は束の間のことです。
今朝、神さまはまず束の間の地上での歩みを忠実に生き、長ーい天国での生活に備えなさいとおっしゃいます。
申命記6章5節に有名な御言葉があります。「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」日々の忠実な生活が、主を愛することに通じるのです。

 ここにしっかりと視点を置いて、この世の富に支配されるのではなく、この世の富を賢く用いて、神様に仕えさせていただきましょう。
説教要旨
 神様は、富(いのち、肉体、財産など)を、他者のために賢く用いる者に、御国における確かな居場所を備えられる方である。警戒しなければならないのは、富があなたを支配する主人になりうるということである。富をどのように用いるかによって、私たちが本当のところ誰に仕えているのかが明らかにされる。迷いやすい私たちに、今朝も主は御言葉を備えて導かれる。この世の富を愛するのではなく、「あなたの神、主を愛しなさい」と。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。