INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 一粒の信仰 」 (末吉百合香師)

聖 書
ルカの福音書17章1-10節
17:1 イエスは弟子たちにこう言われた。「つまずきが起こるのは避けられない。だが、つまずきを起こさせる者は、忌まわしいものです。
17:2 この小さい者たちのひとりに、つまずきを与えるようであったら、そんな者は石臼を首にゆわえつけられて、海に投げ込まれたほうがましです。
17:3 気をつけていなさい。もし兄弟が罪を犯したなら、彼を戒めなさい。そして悔い改めれば、赦しなさい。
17:4 かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます。』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。」
17:5 使徒たちは主に言った。「私たちの信仰を増してください。」
17:6 しかし主は言われた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ。』と言えば、言いつけどおりになるのです。
17:7 ところで、あなたがたのだれかに、耕作か羊飼いをするしもべがいるとして、そのしもべが野らから帰って来たとき、『さあ、さあ、ここに来て、食事をしなさい。』としもべに言うでしょうか。
17:8 かえって、『私の食事の用意をし、帯を締めて私の食事が済むまで給仕しなさい。あとで、自分の食事をしなさい。』と言わないでしょうか。
17:9 しもべが言いつけられたことをしたからといって、そのしもべに感謝するでしょうか。
17:10 あなたがたもそのとおりです。自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです。』と言いなさい。」

つまづきは避けられない
 今朝の箇所は、再び弟子たちに語られています。
 ここにはイエスさまの四つの言葉が含まれます。
他人をつまずかせてはならないという警告、赦すようにとの呼びかけ、信仰を働かせることの大切さ、弟子の心得、この四つです。

 マタイとマルコにも同じ御言葉がありますが、ルカのように一まとまりにはなっていません。ルカの福音書は何故このように四つの事柄を一まとまりにしているのでしょうか。そこは今朝の興味深い所です。

 まず、1-2節は、他人をつまずかせてはならないという警告です。誰かを信仰的につまずかせるようなことがあるなら、そのことは首に石臼を掛けられて海に投げ込まれるようなことをしたのだというのです。
これは、現実の信仰生活の中でよく耳にすることです。小さいものたちの一人をつまずかせる、とありますから、信仰の先輩が後輩につまずきを与える場合のことでしょう。新しい方が来られたとき、温かい眼差しで迎えているでしょうか。信仰にまだ確信のもてない方に対して過分な要求をしていないでしょうか。16章で、光の子らよりもこの世の子らの方が賢くふるまっているとありました。この世の人も町を活性化するために、町の外の人が定住してくれることを大歓迎するという企画がなされています。村意識は教会では尚更ご法度です。城陽ナザレン教会が包容力のある共同体となるために、必要なことはいろいろ考えさせられます。今朝聖書は「御言葉を聴いている人自身がまず他の人をつまずかせないように」と警告しています。「あなたは誰かをつまずかせているようなことはありませんか」と問うています。つまり、御言葉を聞いたならまず自分を吟味して見なさいと主はおっしゃっています。なぜなら自分もすぐに信仰の先輩になるからです。また、信仰の先輩であるということは主からの厳しい責任を負っているということです。私自身も心してこの御言葉に従えるようにと願います。
御言葉から豊かな恵みをいただく秘訣は、常に自分に語られている言葉として受け取ることです。そこに、主からの恵みが響いて来ます。
赦しなさい
 3-4節は赦すことが求められています。この赦しは1-2節のことに対して赦すようにと求めています。信仰生活の歩みの中で、つまずきを与えるようなことは、一度もしたことがないと言える方があるでしょうか。つまずきは避けられない、とイエスさまも言われています。私自身牧師という立場にありますが、私の予期せぬところで私の言葉、態度につまずいておられる方もあるのではないでしょうか。もし、現在そのように感じておられる方がありましたら、どうぞ、忌憚なくおっしゃってください。
しかし、ルカ福音書は大変慰めに満ちていると思います。
 つまずきを与えたときには深く吟味するようにと警告しなさいと言っていますが、悔い改めたならば、赦してやりなさい、とあります。それも、七回赦しなさいとあります。この七回は何度でもという意味をもつ数字です。本人が罪を悔い改めるなら何度でも赦しなさい、とあります。
 つまずきを与えることは重大な罪であるけれども、しかし、くい改めたなら赦すべきだと、赦しのほうを強調しています。この御言葉がつづいているというのは、ルカの慰めに満ちたところです。
一粒の信仰
 それに対して、使徒たちは「私たちの信仰を増してください」と言いました。
彼らは、他者をつまずかせないように信仰を増してください、と言ったのでしょうか、それとも、罪を犯したものを何度でも赦すことのできる信仰を増してください、と言ったのでしょうか。
いずれにしても、使徒たちは今のままの信仰ではだめだと考えています。では、どんな信仰ならイエスさまの要求に答えられるのでしょうか。もっと大きな信仰。力ある信仰。立派な信仰。そのような信仰でなければ、とてもイエスさまの要求を行うことができない。そう考えました。
でも、イエスさまの答えはどうでしょう。「大きな信仰、力ある信仰をあなたにあげましょう」とおっしゃったでしょうか。
6節を見てください。
「もしあなたがたにからし種(一粒)(ギ,カラシの種粒)ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ』と言えば、言いつけどおりになるのです」と言われました。
イエスさまは、「あなたたちは『からし種一粒ほどの小さな信仰』さえ持っていないにもかかわらず、それに気づいていないんだね」と答えられたのです。

使徒たちは、自分たちの願いに対するイエスさまの答えに、きょとんとして聞いたのではないでしょうか。
「えっ、からし種一粒の信仰すら私たちにはないのですか?」 
そうです。使徒たちはからし種一粒の信仰すらなかったのです。
つまずきを与えない、何度でも赦すための信仰は、からし種一粒で十分です、とおっしゃるのです。
 そして、一つのたとえを話されました。

もう一度7節以下を見てみましょう。7-10節参照。
 主人と奴隷のたとえです。
この奴隷は、一日中畑を耕して帰ってきました。すると、主人は次に夕食を準備するように言います。その上主人が食事をする間給仕をするのです。さらに、この主人は僕が忠実に仕えたからといって感謝の言葉を掛けたりはしないというのです。これが、この当時の主人と奴隷の関係として当たり前だったようです。

「からし種一粒の信仰」とはこの主人と奴隷の関係のようなものだとイエスさまは語られました。
奴隷というのは主人の要求に忠実です。このたとえの主人はかなり過酷な要求をする人に見えます。
つまり、初めの1-4節でイエスさまが話された要求、信仰のつまずきを与えないこと、相手が悔い改めるなら何度でも赦すこと、これらは使徒たちには大変難しいと思われる要求でした。つまり、過酷な要求です。しかし、奴隷が主人の要求に忠実であるように、使徒たちにも求められます。実行不可能と思われる要求だと感じますねー。
しかし、それがからし種一粒の信仰によって実現できるとイエスさまは言われます。
今はあまり使われなくなった言葉かもしれませんが、「あの人は、誰だれさんに一途なひとだ」という言い方があります。
つまり、イエスさまに一途に従って歩むならこの要求を実行できると言われています。
弟子の心得
イエスさまに一途に従うとはどうすればいいのでしょうか。すなわち、弟子の心得は何でしょうか。それが、10節で言われています。
「自分に言いつけられたことをみなしてしまったら、『私どもは役に立たないしもべ(取るに足りない僕・共同訳)です。なすべきことをしただけです』と言いなさい」
先ほどの奴隷の姿は、まさにここで言っている姿でした。

 イエスさまの要求は過酷に見えます。ですから、それを成し遂げられたら、私たちはつい大きな事をしたと自分を誇りたくなります。しかし、イエスさまは大きな信仰は要らないと言われます。
誇るような信仰ではなく、からし種一粒ほどの信仰なのです。しかし、からし種なのですから、華やかではありませんが、小粒でピリッと辛い信仰ではないでしょうか。

 イエスさまの要求はイエスさまに一途に従うことによって実行可能になる「からし種一粒ほどの信仰」なのです。大きな信仰でも、力ある信仰でも、立派な信仰でもありません。
 そして、たとえイエスさまの求められる要求をパーフェクトに果たすことができたとしても、「私たちは役に立たない(取るに足らない)僕です。なすべきことをしただけです」という信仰です。
 
 最後に、パウロもこう言っています。エフェソ2:8-10節。
「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。それは、誰も誇ることのないためです。私たちは神の作品であって、良い行いをするために、キリスト・イエスにあって造られたのです。」
わたしたちはイエスさまに一途になれるなら何と幸いでしょう。


説教要旨
 新改訳は非常に厳しい翻訳をする。主がここでこんなに感情的な言い方(忌まわしい)をされたのだろうかと・・。ルカの福音書は厳しさの中にも主の深い愛を語る書である。今朝、主は「大きな・力ある・立派な・信仰」ではなく、「からし種ほどの信仰」、一途な信仰を私たちに希望される。しかし「私たちは役に立たないしもべです」とは言えず、相手から感謝の言葉を求める自分を発見する。主よ、どうか私に一途な信仰をお与えください。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。