INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 心を開いて 」  (末吉貞雄師) 

聖 書
ルカ24章13-35節
24:13 ちょうどこの日、ふたりの弟子が、エルサレムから十一キロメートル余り離れたエマオという村に行く途中であった。
24:14 そして、ふたりでこのいっさいの出来事について話し合っていた。
24:15 話し合ったり、論じ合ったりしているうちに、イエスご自身が近づいて、彼らとともに道を歩いておられた。
24:16 しかしふたりの目はさえぎられていて、イエスだとはわからなかった。
24:17 イエスは彼らに言われた。「歩きながらふたりで話し合っているその話は、何のことですか。」すると、ふたりは暗い顔つきになって、立ち止まった。
24:18 クレオパというほうが答えて言った。「エルサレムにいながら、近ごろそこで起こった事を、あなただけが知らなかったのですか。」
24:19 イエスが、「どんな事ですか。」と聞かれると、ふたりは答えた。「ナザレ人イエスのことです。この方は、神とすべての民の前で、行ないにもことばにも力のある預言者でした。
24:20 それなのに、私たちの祭司長や指導者たちは、この方を引き渡して、死刑に定め、十字架につけたのです。
24:21 しかし私たちは、この方こそイスラエルを贖ってくださるはずだ、と望みをかけていました。事実、そればかりでなく、その事があってから三日目になりますが、
24:22 また仲間の女たちが私たちを驚かせました。その女たちは朝早く墓に行ってみましたが、
24:23 イエスのからだが見当たらないので、戻って来ました。そして御使いたちの幻を見たが、御使いたちがイエスは生きておられると告げた、と言うのです。
24:24 それで、仲間の何人かが墓に行ってみたのですが、はたして女たちの言ったとおりで、イエスさまは見当たらなかった、というのです。」
24:25 するとイエスは言われた。「ああ、愚かな人たち。預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。
24:26 キリストは、必ず、そのような苦しみを受けて、それから、彼の栄光にはいるはずではなかったのですか。」
24:27 それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらを彼らに説き明かされた。
24:28 彼らは目的の村に近づいたが、イエスはまだ先へ行きそうなご様子であった。
24:29 それで、彼らが、「いっしょにお泊まりください。そろそろ夕刻になりますし、日もおおかた傾きましたから。」と言って無理に願ったので、イエスは彼らといっしょに泊まるために中にはいられた。
24:30 彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。
24:31 それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。
24:32 そこでふたりは話し合った。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」
24:33 すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、十一使徒とその仲間が集まって、
24:34 「ほんとうに主はよみがえって、シモンにお姿を現わされた。」と言っていた。
24:35 彼らも、道であったいろいろなことや、パンを裂かれたときにイエスだとわかった次第を話した。

イエス・キリストの事で集まった
イエス・キリストは確かに死なれました。ローマの裁判によって十字架による死刑を求刑され、ローマ兵に引き渡されて確かに処刑されました。それが聖金曜日午後3時頃でした。ローマ兵はそのままさらしものにする予定でしたが、安息日の土曜日に死体を残しておかないように、すねを折って死体を取り除ける処置をユダヤ人たちは裁判長ピラトに要求した。
当時の一日は日没から始まって日没に終わります。ですから、後数時間で日が沈み安息日に入ります。それで兵士たちはその処置を始めたのであるが、イエス様の番になった時、既に死んでいたのですねを折らずにそのまま遺体を下ろそうとしました。しかし、兵士の一人がどう思ったのでしょうか、とどめを差すようにイエス様の脇腹に槍を突き刺しました。刑執行の責任者であった百人隊長は、その死を見届け、裁判長のピラトも気掛かりになって百人隊長を呼び寄せてイエスの死を確認しました。聖書がこの様に詳しく伝えるのは、確かにイエス・キリストが死んだ事を皆さんに告げたいからです。
アリマタヤのヨセフとニコデモがその遺体を墓に納めました。イエスに従って来た女たちはそれを見届け、安息日が明け、日が昇る頃に墓に行く事といたしました。ユダヤ人の指導者達は、イエスが「自分は三日目に甦る」と言っていた事を思い出した。それでピラトに兵士に墓の番をする様に要求した。ピラトは墓の入り口を塞ぐ石に封印をして兵士に墓番を命じました。
女たちが墓に行って見ると墓の入り口が開いていて中は空っぽの墓でした。そこに天使が現れて「イエスは生きておられる」と彼女たちに告げました。24章11節「ところが使徒と呼ばれていた弟子たちにはこの話はたわごとと思われたので、彼らは女たちを信用しなかった。」とあります。男たちの何人かは墓に走りましたが、確かに墓は空っぽでした。しかし、それ以上の事は分かりませんでした。
エルサレムに残された弟子と仲間たちは、以上の様な不思議な事を知ったのですが、ユダヤ人やローマ兵が怖くてこれ以上調査することもなく、ただ隠れていました。彼らの中には「イエスさまは亡くなられたし、もうここに居てもしかたがない。反対にここにいるのは危険ではないか」と言って離れて行く者も出て来ました。それがこの二人の弟子でした。故郷に帰ってそれぞれの人生の道を歩みます。エルサレムから11キロメートル余り離れたエマオ村まで同行する事となりました。道中の話題は当然イエス様の事でした。
みなさん、私達もそれぞれの人生の道を歩んでいます。私達はこの二人の弟子よりも遠くにいます。距離的にも時間的にも。そして、今日、二人、三人、四人とここに集まり、今30人ですか40人ですか集まっています。今日はキリストが死人の中から甦られた記念日イースターです。話題はイエス・キリストの事です。重なりますね。

生きる希望
17節二人は暗い顔つきでした。皆さん、人生と言う道を歩く中で、色々な事がありますね。表面は明るく振舞っていても内面は暗い顔つきの時がありますね。与えられた人生を生きて行くんですが、しょうがないから生きているんでしょうか。生きる喜びがあるでしょうか。生きる希望はどこにあるのでしょうか。私達にはこの希望が必要なんですね。
この二人が話題にしていたイエス・キリストの事とは、この生きる希望の事でした。21節この二人はイエス様に生きる希望を託していました。それはどんな希望なのでしょうか。「この方こそイスラエルを贖ってくださるはずだ、と望みを掛けていました。」彼らの希望は贖われる事でした。贖うとは、身代金を払って買い取ることです。ああ、先生、これから難しい話ししはる、そう思わないで聞いて下さい。
贖われる
教会の前の公園は西公園と言います。この宮前自治会には、もう一つ東公園もあります。さて、私は宮前自治会のお話をするんじゃありません。この西公園には幼子を連れて来る親御さんが多いんです。先日、古くなった遊具が新しいものに変えられました。公園では安全が、特に幼児の安全が重要視されています。でも、もう一つ重要な事があります。
ベンチに親が座り、幼子が夢中で遊んでいます。すると、余りにもはしゃいで歩いたので足が絡まってこけてしまいました。膝を擦りむいたようです。すぐにベンチの方をチラッと見ました。親はここで出て行ってはなりません。
ベンチから声が掛かりました。「大丈夫」「立って」「パンパンして」「痛いの痛いの、飛んでけー」。膝が痛そうでしたが、その子は元気を取り戻して滑り台に向かって行きました。「ああ、こんな痛い目に会うなんて、もうここで遊ぶ喜びは無い、こんな公園、希望は無い」なんてこの子は思いませんでした。ベンチには私を見守る親がちゃんといる。それが支え、だから希望がある。でも、もしベンチから親が離れいなくなったら、きっとその子は不安と畏れで大声で泣きだすでしょう。

皆さん、西公園のこの一場面を見て「人生だなー」としみじみするんです。私たちもこの幼子と同じです。人生と言う公園でベンチに座って私の事を見守ってくれるお方が確かにおられるなら、何が起こりましょうが大丈夫なんです。安心して良いのです。いざと言う時は救いの御手が差し伸べられます。このお方の事を教会は伝えています。
さて、西公園のお地蔵さんがあります。この自治会を発足する時に設置されたそうです。この町内の住民を、この公園で遊ぶ子どもを見守って下さい。そんな願いが込められています。見守って下さるお方が必要なんですね。ども、そのお方で良いのでしょうか。人が造った物や、考え出したもので良いのでしょうか。物や物体、大自然で良いのでしょうか。その他のもの何でも良いです、それを持って来てもよろしいです。果たしてそれが頼れるお方なのでしょうか。今一度考えて頂きたいのです。あなたが幼子で人生と言う公園で遊んでいて、ベンチに誰が座っているのでしょうか。本当にそのお方でよいのでしょうか。この点で私達は満足できていないのではありませんか。本当はあなたの命に関わられる、命を与え命の責任を最後まで持たれる親の様な神様に(それをイエス様が示して下さいました)座っていて頂きたいのではありませんでしょうか。しかし、それ以外のものがベンチに座っているのではありませんか。それから離れようとしても離れられない、いわゆる支配されている。そんな状態ではありませんでしょうか。
 エマオに向かう二人は、イエス様から父なる神様の事を聞きました。このイエス様が身代金を払って、自分たちを買い取って、ベンチに父なる神様と共に座って下さり見守って下さる希望を持っていました。このお方がベンチに座って下さるなら、もう大丈夫です。本当の支えです。何の心配もありません。思い切って安心して遊べるのです、人生と言う公園で。

生きて働き心を開いて下さるイエス様
 しかし、このイエス様が十字架につけられて死んでしまいました。彼らの目の前からこの世から拭い去られたんです。そういう中で彼らは合流しました。私たちもイエス様を見る事が出来ません。この世の中にはもはや見当たりません。そういう中で私たちもこの教会に今合流しています。重なりますね。
 ところが、イエス様は生きておられたのです。贖い主として彼らと共に歩いておられました。みなさん、贖い主なるイエス様は生きておられます。この教会に合流する私達とも共に歩いておられます。しかし、目が遮られています。この目を開いて下さる、心のうちを燃やして下さる、つまり目と言うより心ですね。心を開いて下さるのです。聖書の説き明かしを聞く時、聖餐に与る時に心が開かれます。今、あなたがそれに与っています。
ベンチに父なる神とイエス様が座しておられるのです。そこからあなたを見守っていて下さるのです。ここに永遠の支えがあります。これがイースターの恵みです。今この恵みを受けましょう。イエス・キリストを迎えて下さい。あなたを見守る、あなたを支えるお方として、あなたのベンチに座って頂くお方として、迎えて下さい。ご自分の命という身代金を払ってあなたの親、主、神と成って、代わりに座って下さいます。これは全ての人に対する約束です。

説教要旨
あなたが幼子で人生と言う公園で遊んでいます。誰が親の様にベンチに座ってあなたを見守っていますか。話せない歩けない動けない人の作った像ですか。難しい人間の教えですか。お札や石や山等の御神体ですか。そんな神仏ではなくてお金や欲望や名誉ですか。あるいは命に限りのある人間ですか。それでは本当の安心は無いはずです。満足できていないはずです。キリストはご自分の命を身代金として払って贖い、あなたの親、主となって見守って下さいます。教会に合流し聖書と聖餐によって心開かれ、この事に気付かせていただき、神の家族として歩ませて頂こう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。