INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日、私と共に 」  (末吉貞雄師)   

聖 書
ルカ23章32-43節
23:32 ほかにもふたりの犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために、引かれて行った。
23:33 「どくろ」と呼ばれている所に来ると、そこで彼らは、イエスと犯罪人とを十字架につけた。犯罪人のひとりは右に、ひとりは左に。
23:34 そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。
23:35 民衆はそばに立ってながめていた。指導者たちもあざ笑って言った。「あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。」
23:36 兵士たちもイエスをあざけり、そばに寄って来て、酸いぶどう酒を差し出し、
23:37 「ユダヤ人の王なら、自分を救え。」と言った。
23:38 「これはユダヤ人の王。」と書いた札もイエスの頭上に掲げてあった。
23:39 十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。」と言った。
23:40 ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。
23:41 われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。」
23:42 そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」
23:43 イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

十字架のもとに集まる
 何はともあれ、今日も、皆さんと一緒に十字架のもとに集まれて、良かったです。イエス・キリストの十字架は救いの十字架です。だから、私たちはここに集まります。晴れの日も、曇り、雨、暑い日、寒い日、気持ちの良い日、何はともあれ、日曜の10時40分ここに集まります。
 
 昨年は教会の外装を改修する折りに、塔屋を設け、もう一つ十字架を増やす事を提案しました。おまけに鐘も付けました。講壇の中に木製の小さな十字架を発見しまして、それを牧師室の大机に置いています。いつか説教で「自分も十字を切りたい」なんて言ったこともありました。私、金の十字架のペンダントを持っています。それを首に掛けて皆さんの前に出ても良いでしょうか。

 ご心配なさらないで下さい。正気です。いつの時代もイエス・キリストの教会が知らぬ間に変質してしまう、その危険が私達の回りにあります。ですから、あらゆる方法でイエス・キリストの十字架を表す必要があります。私達がここに集まるのは、イエス・キリストの十字架のもとに、救いの十字架のもとに、集まるのです。それが礼拝です、それが教会の要です。先日はベンチに三人掛けで満席になりましたが、それで満足していてはいけませんね。皆さんは確か以前礼拝出席50名という目標を立てたことがありますね。もう一度挑戦して頂きたいですね。教会総会の準備として、昨年度の活動内容をまとめなければなりません。教会で色々な事が行われますが、忘れてはならない事は、すべてこの要の為に行われています。

自分を救えない憐れな者
 今読んでもらいました聖書は、イエス・キリストの十字架が真ん中にあって、その十字架のもとに集まった人々の事を伝えています。今私たちも十字架のイエス様のもとに集まっています。私達はこの人達の様にイエス様をあざける様な事はいたしませんが、重なりますね。
 イエス・キリストの救いの十字架のもとに集まる、これが教会の要です。この要の所に私達も今立っています。これから何が起こるのでしょうか。

 人々が共通して言っている言葉は「自分を救えるか」と言うことです。他人を救う事は素晴らしことです。イエス様は病気を癒したり、貧しい者を励まし助けられました。私たちはイエス様のようには救えませんが、震災の支援をしたり、隣人に親切にしたりして、他人に役立つようにと心掛けます。しかし、この十字架という場所は、そんな事はしておれない所です。非常事態、いざと言う時、極みの時です。終わりの時。
 私達人間は常に棚上げにしている事があります。それは「自分を救えるか」と言う事です。この事が問われる所、それが十字架です。

 イエス様は、神の子としての力を使えば、十字架から降りる事ぐらい簡単な事でした。しかし、降りて来られませんでした。自分を救えない、いち人間として貫かれたのでありました。
 なぜそうなさったのでしょうか。384ページ、ピリピ2章6節「キリストは神の御姿であるお方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。」神の子であるのに、そのあり方を捨てて、痛み、渇き、苦しみ、悲しみ、失望・・・そう言う物全てを味わわれました。

 みなさん、私達が集まりましたイエス様の十字架のもとに今集まっています。神の子イエス様は十字架の上で、自分を救う事が出来ない憐れな、いち人間として生き抜かれました。
 私たちはそれを棚上げにして生きています。それを認めたくないのです。そんな憐れな者に成りたくないのです。

 イエス様が伝えらる福音は、こうです。「さあ神様の方から近付いて下さる。だから方向転換して、幼子の様に神に手を差し伸べなさい。」
 しかし、イエス様を嘲った指導者たちと兵士達、黙って立って眺めていた民衆たち。それぞれ、重荷を負って苦労しています。しかし、自分を救えない憐れな者である事を認めて、「神様、憐れんで下さい」と言えなかったのです。そう一言いって心の荷を下ろせなかったのです。
 他に二人十字架に磔にされました。彼らはもはやかっこもプライドも恥も、人目を気にする事も、何一つありません。もう終りなんですから。しかし「神様、自分を救う事の出来ないこの私を憐れんで下さい」とは言いませんでした。一人は悪口をイエス様に浴びせました。
 しかし、最後に残った一人に注目して下さい。

私を思い出してください
 彼もそれまで、自分が自分を救えない憐れな者であるにもかかわらず、神に憐れみを請わないで、それを棚上げにして生きて来ました。
 41節、自分が蒔いた種を自分で刈り取る。彼は死ぬ覚悟が出来ていた様です。彼はイエス様と一緒に十字架に磔にされなくても、潔く死んで行った事でしょう。しかし、そこには救いはありません。
 死後についての予想、教え、思想が色々あります。しかし、それは全て生きている者が言っていることであって、あてに成りません。全ては死でストップになっています。コンセントを抜かれた電気製品の様なものです。それで全てストップです。

 ところが、死人の中から甦り天に昇り神の右に座し給う神の子イエス・キリストが、死を通り越すことのお出来になるお方が、自分と同じ様に憐れな人間として十字架に磔にされて居られる。この憐れな自分と共におられる。
 イエス・キリストの十字架で何が起こりますか。この事です。みなさん、イエス・キリストの十字架のもとに集まって下さい。この事が起こっています。今も起こっています。
 死人の中から甦り天に昇り神の右に座し給う神の子イエス・キリストが、死を通り越すことのお出来になるお方が、あなたと同じ様に憐れな人間として十字架に磔にされて居られます。あなたと共におられます。「このお方がこんな私と共におられる。」

皆さん、どんな奇跡を体験するよりも、どんな荘厳な聖なる感覚を味わうよりも、このイエス・キリストの十字架のもとに集まる時が一番神を畏れる時です。神を畏れる、これが救いの始まりであり終わりです。終始一貫、この事に尽きます。 
 42節「イエス様、あなたの御国の位にお着きになる時には、私を思い出して下さい。」なんと謙りの祈りでしょうか。18章の遠く立って胸を打ちながら「罪深い私を憐れんで下さい」と一言祈って義とされて帰った取税人と同じ信仰ですね。彼は「今じゃなくて神様のもとに帰られてからで結構です。」と言いました。彼は「今救え」とは言いませんでした。「私を思い出して下さい」と言いました。神を畏れる事は謙る事です。イエス様の前では、自分で自分を救えない憐れな自分、それで良いのです。無理する必要はありません。かっこをつける必要もありません。イエス様は言われます、私の下に来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげよう。
 みなさん、十字架のイエス・キリストの下に来て祈りましょう。あの取税人の様に、この犯罪人の様に、畏れと謙りをもって、それに答えて主は宣言なさいます。「あなたは今日、私と共にパラダイスにいます。」これから頂くパンと杯はこのイエス様の宣言をこの身体に頂く恵みです。これが救いです。充電されるようなものです。コンセントが抜かれるがそれで終わりません。

私の真の願いは、見える十字架を増やす事ではありません。「自分の十字架を負って私について来なさい」とイエス様が言われました。「十字架を負う」と聞くと何か苦しい辛いことを背負う様に聞こえますが、みなさん、イエスさまが言われる十字架は救いの十字架です。私たちはイエス様の十字架のもとに来て救われました。そしてイエス様は「あんたもこれからは救いの十字架を負うんだよ」と言われてポンと肩を押されクリスチャン生活が始まりました。毎週、イエス様の救いの十字架の元に集まり、神を畏れ、謙る者に変えて頂き、救われている喜びに与り、再び十字架を背負い直して生涯クリスチャンとして歩み続ける、この歩みが、目に見えない十字架です。これが増える事、それが私の願いです。
説教要旨
キリストは神の御姿であるお方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、私達と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、自分を卑しくし、死にまで従い、私達は十字架に付けられませんが、もし私達も十字架につけられたら、イエス様は実に十字架の死にまでも従われます。このイエス様の十字架のもとに集まる時が一番神を畏れる時です。神を畏れる事は謙る事です。イエス様の前では、自分で自分を救えない憐れな自分、それで良いのです。無理する必要はありません。かっこをつける必要もありません。私のもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげよう。みなさん、十字架の下に来て祈りましょう。あの取税人の様に、この犯罪人の様に、それに答えて主は宣言なさいます。「あなたは今日、私と共にパラダイスにいます。」

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。