INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 心を合わせよ 」 (末吉貞雄師)

聖 書
使徒言行録1章3-14節
1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。
1:4 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。
1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」
1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」
1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。
1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」
1:9 こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。
1:10 イエスが上って行かれるとき、弟子たちは天を見つめていた。すると、見よ、白い衣を着た人がふたり、彼らのそばに立っていた。
1:11 そして、こう言った。「ガリラヤの人たち。なぜ天を見上げて立っているのですか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになります。」
1:12 そこで、彼らはオリーブという山からエルサレムに帰った。この山はエルサレムの近くにあって、安息日の道のりほどの距離であった。
1:13 彼らは町にはいると、泊まっている屋上の間に上がった。この人々は、ペテロとヨハネとヤコブとアンデレ、ピリポとトマス、バルトロマイとマタイ、アルパヨの子ヤコブと熱心党員シモンとヤコブの子ユダであった。
1:14 この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。

生きておられる
 死人の中から甦って生きておられるイエス様を弟子たちは確かに目撃いたしました。しかし、そのイエス様は永遠に彼らと一緒におられたのではなくて、40日間だけ一緒でした。その後、天に上って行かれました。死んで天に昇ったのではありません。生きて天に昇られました。その後、教会は「目には見えませんが、キリストは生きておられる」「我はキリストの内に、キリストが我が内に生きておられる。ヨハネ14章20節」と証して来ました。今は皆さんの好きな新聖歌257番「キリストは生きておられる」が歌われています。
 みなさん、私たちは視野を広げるのに高い所に上りますね。それと同じでイエス様が天に上げられるとは、イエス様の生きる範囲がもはや地上だけではなくて、全ての空間と時間に広げられた、と言うことなんです。みなさん、新聖歌257番「キリストは生きておられる。わがうちにおられる」の後、何と歌いますか。「すべては御手のうちにあり、今日も励もう主に守られて」ですね。キリストが生きて天に昇られた、と言う事は「すべては御手のうちにあり」と言う事ですね。だから「今日も励もう主に守られ」と歌うんですね。改めて、いい歌ですね。すべては御手の内にあり!
 私たちは見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでもつづくからです。わがうちに生きておられるキリスト、これって目に見えないものですね。信仰って、目に見えないものに目を注ぐことなんですね。

驚くばかりの計り知れぬ我にさえ及ぶ恵みは人をきよめる
 昔、神に選ばれて王となったダビデが、信仰の素晴らしさを、つまり見えないものに目を注ぐ人生を歌でつづりました。1046ページの詩編139編1-10節の言葉を思い出します。イエス様がいつもあなたのお側にいて下さいます。あの十字架であなたのために命を捨てて下さった愛の源であるイエス様、あなたのために死から復活させられた希望の源であるイエス様が、あなたのお側にいて下さる、そんな恵みの時代に私たちは生きているんです。天を見上げた殉教者たちを支えたのはこの恵みです。殉教者は、私たちの今生きている時代が、この恵みの時代である事を証しています。
 新聖歌233番「驚くばかりの恵み」は「任する心を起こさせたり」343番「計り知れぬ恵み、我にさえ及ぶ恵み」この恵みには、人を造り変える力があります。このままではいかん、目を覚まさないといかん、もっと謙らないといかん、いつまでも根に持っててもいかん、和解せにゃいかん、感謝せにゃいかん、・・と言う風に、この恵みを礼拝で受ける度に、変えられて行くんですね。教会って、そんな事が、この世では起こらない、そんなことが起こる所なんですよね。これが神様の新しいご計画です。みなさん、教会に励んで来て下さい!

新しい計画
さて私たちは今日、もう一つの事を聞いて帰らなければなりません。それはイエス様が天に昇られた後、神様の新しい計画が始まった事です。6節、弟子たちはそれがイスラエルと言う国の再建だと思った、と伝えています。そう思うのも無理はありませんでした。これまで神様はイスラエルを通して神様の事を世に証しする計画だったからです。しかし、今や計画は新しくされました。神様の計画はイスラエルではなくてイエス様を通して実現することになったのです。生きておられるこのイエス様によって、このイエス様と共に生きる教会によって、この地に神の国を立てます。それは国家の建設ではありません。それはこの地に、この地に生きる私たちに信仰と希望と愛を建設することです。

13節、エルサレムの屋上の間とは、二階座敷、すなわち、イエス様が十字架につけられる前夜、最後の晩餐をした部屋に違いないと言われています。この場所はイエス様がユダの裏切りを予告した場所であり、みんなが「たとえ、御一緒に死ななければならなくなっても、あなたのことを知らないなどとは決してもうしません」と言った場所でもありました。その事を思い出す場所ですから、弟子たちにとってそこは逃げ出したい場所でした。できれば、イエス様が十字架につけられたこのエルサレムからも早く逃げ出したかったと思います。二階座敷は弟子たちの弱さが露わにされる所です。
弱さに働く
しかし、イエス様はあえてそこにみんな一緒に集まるように命じられたのです。「エルサレムを離れてならない。」つまり、神の国実現の為に、まず必要なこととは、弟子たちを訓練研修して強くする事ではありません。イエス様はその反対だと言われたんです。信仰と希望と愛をこの世にもたらすには、弱い自分から離れてはいけないのです。これは強い所が賞賛され、弱い所に蓋をする私たちと反対ですね。
イエス様の続きの言葉を聞いてください。「わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。」その弱い所に父なる神様が何かを与えられると約束なさっているのです。それを頂くのを待っていなさいと言われるのです。みなさん、私たちに求められていることは、私たちが努力して修行して立派になること、強くなることではありません。「私たちの弱い所劣っている所に神様が何かを用意なさっている。」その約束を信じて待ち続けてそれを受取ることです。ある英語の聖書はそれを約束のギフトと翻訳しました。今の時代はこの神様のギフトを受け取る時代なんです。人間はこのギフトを捨てて来たんじゃないでしょうか。みなさん、私たちの弱い所、劣った所って、イエス様は「大切な所だよ」とおっしゃるんですよ。これは福音ですね。

さて、イエス様の次の言葉に耳を傾けましょう。5節で何をおっしゃりたかったんでしょうね。今開けている聖書の前はヨハネによる福音書です。そこに大変よく似た聖書の箇所があるんです。1章33節にはヨハネから水で洗礼を受け、それから聖霊による洗礼も受けられてから、イエス様が神様のお働きを始められたことが書いてあります。
使徒の働きの5節の聖霊による洗礼とは、神様のお働きが始まることなんです。私たちが自分の弱い所劣っている所に目を留めて、そこに神様が何かを用意なさっていると信じて、それを待ち続ける時、神様のお働きが始まるんです。8節の力とは、私たちの弱い所、劣っている所に働く神様の力なんです。
謙って心を一つにする
 このイエス様のお言葉を聞いてから使徒たちはイエス様を見送りました。さて、彼らはそれからどうしたんでしょうか。彼らはイエス様の言われた事を信じたんです。みなさん信じるとはどうする事なのでしょうか。12-14節に書いてあります。オリーブ山で見送ってから、彼らはエルサレムに戻りました。そして、あの二階座敷に戻りました。そして、心を合わせて、祈りに専念していたました。使徒たちが皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちとそうしていた、とあります。
 以前使徒たちは、「誰が一番えらいのか」と言う事を話していたと聖書にあります。また「たとえ他の者が脱落しても私だけは違う」と言っていた、彼らには自らの強さや功績や能力に頼る傾向がありました。主を置いて逃げてしまった自分が嫌であった事でしょう。そんな彼らが、主の十字架と埋葬を最後まで見届けた婦人たちと心を合わせて祈っているのです。今までだったらそんなこと彼らのプライドが許さなかったでしょう。彼らが変わっていることがここで分かります。自分の弱さや人の弱さにも目を留める者と変わりました。
 また、イエス様の親族が加わっているのも不思議です。彼らは今までイエス様たちの集団から離れていた人たちでした。話がしたいことがあってイエス様の所にやって来たことがありました。しかし、兄弟たちはイエス様をキリストとは信じられませんでした(ヨハネ7章5節参照)。それに、キリストの親族と言うのは使徒たちにとって、あまり気に入る存在ではないはずです。やりにくい存在だと思うのです。上下関係、力関係、人は少しでも自分を有利な立場にしたい、と言う弱さを持っています。ですから、つい相手に圧力を掛けたりして防衛します。イエス様の親族と心を合わせることはなかなか出来ないはずです。しかし、彼らは変わりました。
人の弱さに神の力が働きます。そこに神が約束されたギフトが用意されています。この方法で神さまの新しい計画が進められます。その方法に彼らもしたがいました。チェンジしたんです。使徒パウロも後にこの方法にチェンジしました(2コリント12章9‐10節360ページ下の段)。「高ぶる事のないように」このチェンジを神様から迫られたのでした。つまり謙る事ですね。でないと自分の弱さを誇れません、また他者の弱さを思い見ることも出来ません。これが新しい神さまの計画を進める方法、新しい革袋です。
古い革袋を持っている私たちに、イエス・キリストという新しい葡萄酒が与えられました。新しい革袋に変えましょう。謙るのです、弟子たちは他の事をしませんでした。それに専念しました。これが神様の方法だからです。
①今は恵みを受ける時です。驚くばかりの、計り知れぬ、我にさえ及べり恵みです。まず謙って、この恵みを受けましょう。受け続けましょう。洗礼、聖餐、説教、教え、学び。
②今は神の新しい計画が始まっています。謙って、弱さに働くこの計画に与りましょう。古い方法を捨て、神が示される新しい方法で、この計画は進められます。使徒パウロも証しています。自分の弱さが誇れるんです。弱い所に神さまが働かれます。そこに神の計画が実現されて行くのです。プライドや、自己欺瞞、人の目、あらゆる煩い重荷から解放されていますね。自由ですね。半分天国に入っていますね。
この二つに専念しましょう。この二つが今からのあなたを生かします。

説教要旨
あの十字架であなたのために命を捨てて下さった愛の源であるイエス様、あなたのために死から復活させられた希望の源であるイエス様が、あなたのお側にいて下さる、そんな恵みの時代に私たちは今生きている。この恵みが私にさえ及ぶ。
また、今は神の新しい神の計画が進められている時代である。それは信仰と希望と愛の建設である。私たちの弱い所に神の力が働き、そこに神からのギフトが与えられて、その建設が進められる。私たちの専念すべき事は、ただへりくだる事である。私には計り知れない計画と方法を神はとられた。この二つの福音が今からのあなたを生かす。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。